試合に負けてケンカに勝つ!ネイト強し【UFC202レビュー】


コナー・マクレガー def ネイト・ディアス

もう本当に疲れた。見ているこっちの身体が持たない。心臓麻痺になる。

10ポイントマストならマクレガーの勝ちで良いが、PRIDE方式の判定ならネイトの勝ちだった。終わってみれば「ネイト強し」の印象しか残っていない。意味がわからないくらい強い。もちろん、そんな相手をどうにか振り切って星をモノにするコナーもすさまじい。

試合後インタビュー、コナー・マクレガー

サプライズ!サプライズ!王の帰還だ!

(ローキックが作戦だったのか)全くその通りだが、ネイトは思ったよりローキックをうけきった。効いているのかいないのか、そぶりを見せないんだ。オレは最初の3ラウンドを取った。格の違いを証明したと思う。しかし後半はヤツのタフネスが戻ってきた。

すごい試合だった。ネイトはすごい選手だ。ヤツは最高のオレを引き出してくれる。

オレのコーチも言っている。勝つか、さもなければ学べ。オレは前回の試合から学んだんだ。

これで1勝1敗だ。もう一度戦っても良い。次回は155パウンドだ。オレは170にあげて、自分より大きなヤツと戦い、試合に勝ったんだ。3戦目がやりたいなら、次回はオレの条件に従え。155でやろうじゃないか。



ネイト・ディアス

オレが勝ったと思った。会社はオレみたいなマザーファッカーには勝たせるわけにはいかないんだろう。オレはこのスポーツには本物過ぎるんだ。オレのことをつまみ出したいのだろう。

コンディションは前回より悪かった。ケガのせいで練習も出来なかった。しかし言い訳はしない。コナーはオレを仕留めるべきだった。3戦目を要求する。おれは2戦目を2日目に承諾したんだぞ。

コナー、今日はよく出来ました。3戦目は本気だ。






*****

ネイト・ディアス、試合前のインビューでしびれる名言。もはや哲学的。ESPN

オレは他のファイターよりも本物なんだ。オレが中指を立ててファックユーと言っているのに、大抵のヤツはただ座っているだけで戦いもしない。これは戦いなんだ。他のヤツらはこれをスポーツにしようとするのだが、オレは本物の戦いを守りたいんだ。

だからオレは自分の母親には試合を見てくれとはいわない。彼女にも友だちにも言わない。見たければ見てもいいが、ひどいことになっても気を悪くしないでほしい。格好の良いスポーツではないんだ。「ああ、あなたのお孫さんはMMAをしているんですか」みたいなものではない。人には言えないもの、気に入られたい誰かをがっかりさせるようなものなんだよ。



*****

コナー・マクレガーがWWEレスラーにトラッシュトークを仕掛けた件では、レスラー側からのリアクションがおよそいまいちだったわけだが、ここにきてブロック・レスナーがコナーに対する返答を発表している。さすが御大の風格だ。

いいか、オレのクソはあの小僧よりデカいんだぞ。お前らは全員、ビデオオゲームばかりやって、夢の世界に住んでいることは分かっているんだ。オレは290パウンドある。それに比べるとあの小僧は145パウンドだ。それも、ちゃんと朝起きれてシリアルを食えていればばの話だがな。

コナーがオレに言いたいことがあるなら、オレの名前を使って自分を大きく見せたいなら、ここにやってきて、面と向かってオレに言ってみろ。それが出来ないなら、オレやWWEに触るんじゃない。おまえの会場に乗り込んで、ケツを蹴りとばすぞ。お前がそんなに強いなら、こちらの会場に来てもらっても構わん。



ちなみにUFC 200でのレスナーのファイトマネーは250万ドルであったが、UFC 202でのコナーのファイトマネーは史上最高額の300万ドルとなっている(公表額ベース。なおネイトは200万ドル)。

*****

ロレンゾ・フェルティータのUFCでの勤務は米国時間で8月17日(水)が最終日だったのだそうだ。オフィスではこじんまりとした送別会が開かれたという(ロレンゾはパーティが余り好きではないそうだ)。木曜日には買収取引が完了し、新オーナーが正式にUFCの運転席に座った。金曜日には全選手に新オーナー、アリ・エマニュエル、パトリック・ホワイトセルからの挨拶メールが届けられたとのことである。ソース


**
スポンサーサイト

これからは私も一社員だよ。おかしな気分だ【デイナ・ホワイト落ち込む】


UFCプレシデントのデイナ・ホワイト、全米放送のラジオ番組Jim Rome Showに出演。主な話題はコーナー対ネイトであったが、それ以外のところが興味深かった。


ジョン・ジョーンズの現状は?

どうやらジョンは、みんなが思っていたサプリメントを飲んでいたわけではなさそうなんだ。

それは一体どういう意味ですか

こんなこと公表してもいいのかわからないし、こういう医学的なことには触りたくないんだが、要はさっき言ったようなことらしいんだよ。もしそれが本当なら、ジョン・ジョーンズにとっては言いニュースになるんだろうな。

詳しく言えないような感じですが、要するにジョンの汚名は晴れますか。

汚名は晴れないよ。ただ、ステロイドを使っていたわけではないと言うことだ。しかし、何か別のものを使っていたらしい。その旨はUSADAに事前申告しておく必要があった。その点でジョンの責任は免れない。

ジュリアナ・ペーニャがこう言っています。「いまさら、あの太腕おばさんのロンダ・ラウジーのことを気にしている人など誰もいない。裸の王様も同然だ」。


女子ファイターは男よりきついことを言うからな(笑)ジュリアナは早くタイトルに挑戦したくてイライラしているんだろう。まあ、ファイターはこういうことを言うものだよ。

ロンダの現状は?また試合をするのでしょうか。

ロンダは小さな手術を沢山受けた。しかしそれも回復して、ジムに戻っていると聞いている。準備が出来たら連絡をもらうことになっている。

年内に試合をすると思いますか。

ああ、そう思っている。

UFCの売却に関して、あなたが次のように発言したと伝えられています。「参っている。ホテルの部屋にこもって、食事もしていないし睡眠も取っていない。ちょっとびびっている」

ロレンゾとはもう20年もやってきたからな。一緒にUFCを育ててきたんだ。しかし彼らは離れていき、自分は残る。ずいぶん沢山の金も急に入ってきた。じっと考えているとおかしな気分になってくる。なあ、私はこの仕事が好きなだけなんだよ。本当にホテルに2日間こもっていたんだ。ロレンゾが連れ出しに来てくれるまでな。これからは私も一社員だよ。おかしな気分だ。

落ち込んでいたのですね。あなたらしくもないですが。

自分でもそう思う。しかしもう大丈夫だ。おかしな出来事ではあったが、もうすっかり復帰しているぞ。




こちらはFox Sportsの情報番組The Herdに出演したデイナ・ホワイト


UFCを売却した後、島でも買ってノンビリすごそうとは思いませんでしたか。

それはない。私はまだ47歳で、この仕事を愛しているんだ。10年前に私は、これからの10年を見届けて欲しいと言ったのを覚えている。ここでもう一度同じ事を言っておく。これからの10年を見ていてくれ。

あなたはどうなれば成功したと思えるのでしょうか。


MMAが最大のスポーツになったら成功だよ。

ではまだ成功していないと?

まだまだほど遠い。今後3か月である発表をする。みんなぶっ飛ぶと思う。こうしてUFCを作っていくこと、勝ち続けること、育てていくこと、選手がもっと金を稼げるようにすることが楽しいんだ。

その発表とはなんですか。ほんの少しでも聞かせてくださいよ。

それは言えんよ。期待していてくれ。



*****

こちらの記事では、2001年以降のMMAメジャー団体での薬物検査失格者の記録を調べあげ、実際の勝率を計算している。

UFCとWECで、試合後にPEDで薬物検査失格となった試合は全部で41試合、失格者の戦績は13勝27敗1分け、勝率は31.7%だった。

UFCとWECで、試合後にマリファナで薬物検査失格となった試合は全部で17試合、失格者の戦績は9勝8敗、勝率は52.9%だった。

PEDを使うと勝率が高くなるのかと思いきや、実際にはそうでもないことがわかる。逆に、パフォーマンスを向上させるとは限らず、むしろ反応が遅くなるなどの悪影響もあるのではないかとされるマリファナについては、その使用者の勝率は5割よりやや高いという結果となった。

*****

●これまでUFCやベラトールには、バディ・ロバーツ、マイケル・ヘイズ、ロッキー・ジョンソンなど、プロレスラーと同姓同名のMMAファイターがいたが、8月26日のベラトールのプレリムに出場する選手に、なんとジェイク・ロバーツというインパクト満点の名前の選手がいるらしい。オブザーバーより。

●8月13日にチェール・ソネンと奥様の間に生まれたばかりの娘さん、ブラウナちゃんが逝去したという痛ましいニュースが流れている。


【無料記事】AbemaTV格闘技チャンネル担当者インタビュー「格闘技ファンの力で大きくなりました!」(Dropkick)



**

WWEスーパースターが相次いでコナー・マクレガーに噛みつく!


コナー・マクレガーがUFC 202を前にしたテレカンフェランスで、マクマホン、トリプルH、ザ・ロックを除くと「ほとんどのWWEのレスラーはプッシーだ、オレに言わせりゃ、頭のおかしなプッシーばかりだ」と批判。さらに翌日にTwitterで「WWEファンを馬鹿にするつもりはなかった。言いたかったことは、オレなら毎週日曜日に2回づつ、WWEの選手全員の頭をはたいてやるということだ」と発言、これがWWEレスラーからの大炎上を引き起こしている。こりゃあマクレガーはいつでも転職できるね。

リック・フレア:(ドルフ・ジグラーのカレッジレスリング時代の写真を添えて)ドルフがコナーを塩漬けにできないと思う人は、どうかGoogleで彼の実績を確認してみてほしい。マクレガー氏は再度ディアスにやられた後は、ドルフやブロック、フィットといった選手に挑戦してみてはどうかね。ああ、そうそう、ギミックはそのままでよろしい。ただし私のギミックをコピーしてやっていくというのなら、ロンダやアンデウソンと同じくらいの品格を持ってほしいものだ。

(注:マクレガーはギミックの一部をリック・フレアからパクっていることを案に認めたことがあるとされている。パクられた人はそれをあえて指摘しないのが業界の暗黙のルールであるともされているので、このフレアのトラッシュトークはまさに身も凍るようなシュート発言である)

ローマン・レインズ:俺の足と同じサイズの小男は黙っていろ(訳注:原文に文法ミスがあってかわいい)

サーシャ・バンクス:コイツを連れてこい

クリス・ジェリコ:オレの試合は、お前の試合とは違って本物なんだ。恥をかかせてやろうか。

カート・アングル:なかなかにおもしろい小男だ。まずはダナ・ホワイトのケツの下から姿を見せたらどうなんだ

AJスタイルズ:WWEにフェザー級があれば、コナーは生き残れまい

MVP:ネイト・ディアスが貴様をストックトン・スラップでしばきあげたようにか?

フィット・フィンレー:コナー・マクレガーは新しいポケモンのキャラだ。スポットライトを浴びようとするし、口がでかい

ビッグE:一人ずついきますか、それともまとめていきますか?ずいぶんお忙しそうだしね。

ルーセフ:年に15分しか試合をしないヤツが口だけは達者だな。

ババ・レイ・ダッドリー:カート・アングルの小便固めでコナーがタップするPPVなら、いくら払ってでも見るよ。



*****

アップセット連発の最近のUFC。せっかく僕が最近スポナビで書かせていただいている「大会見どころ記事」でも、今のところは焦点をあてさせていただいた選手が全敗という有様。そんな混戦模様のなか、デイブ・メルツァー記者による、UFC201終了時点での主要階級の戦線整理がわかりやすかったので紹介しておく。

●ウェルター級
本当に組むべき試合は”ウッドリー vs. トンプソン”である。この試合が実現しないのであれば、トンプソンは8月27日大会の”コンディット vs. マイア”の勝者と戦うことになろう。

元王者ローラーの次の対戦相手として自然なのは、ドナルド・セラーニであろうが、まずは8月20日大会でセラーニはリック・ストーリーに勝つ必要がある。パトリック・コーテ戦でのセラーニのすばらしい試合ぶりを思えば、ローラー戦も好試合になるだろう。しかしセラーニはウェルター級としては身体が小さく、本来ならライト級が適正だ。とくに、ドスアンジョスがベルトを落とし、かつてセラーニが勝ったアルバレスがチャンピオンである以上、セラーニはライト級に戻るべきなのかもしれない。そうなると、ローラーは”コンディット vs. マイア”の敗者と戦うのも良い。あるいは”ローラー vs. ニック・ディアス”にもそれなりの必然性はある。ディアスは2004年にローラーをKOしているのだ。

マット・ブラウンに勝って生き残ったジェイク・エレンバーガーの次戦は、”ロレンツ・ラーキン vs. ニール・マグニー”の勝者、もしくはキム・ドンヒュンあたりか。ウェイルター級はいまもっとも激戦区になっているといえよう。

●女子ストロー級
コバルケビッチがイェンジェイチェックへのタイトルショットを獲得した。ポーランドでメインを張るのが自然な試合だ。コバルケビッチはナマユナスを文句なく下したものの、イェンジェイチェックにとって危険な相手とまでは見えなかった。とはいえ、このアップセットの時代には、どの選手のことも甘く見ることはできない。

ナマユナスの次の相手は、ソルトレイクシティ大会で勝ったマリーナ・モロズ、もしくは9月10日大会の”ジョアン・コルダーウッド vs. ジェシカ・アンドラージ”の敗者となろう。他方でこの試合の勝者が、コバルケビッチの次のタイトル挑戦者になる公算が強い。

●女子バンタム級
ヴァレンチナ・シェブチェンコがホリー・ホルムに勝ったことで、この階級の様相はまたしても変化した。ロンダ・ラウジーが復帰するとなれば、いきなりのタイトルショットとなるものとみられているが、いまのところラウジー復帰の予定が見えてこない。この階級最大のマネーファイトは依然として”ラウジー vs. ホルム”、2番目は”ラウジー vs. サイボーグ”である。ベルトとパーソナリティが大きく乖離してしまったのがこの階級の特徴だ。スター性という点ではアマンダ・ヌネスはラウジーはもちろん、テイトやホルムにも大きく及ばない。こうしたことは一夜で変わるものではないからだ。

本来UFC 200で行われるべきだった”テイト vs. ホルム”の再戦が、どこかの時点で行われる必要があるだろう。ここでホルムが負けるとラウジー戦がますます弱くなることは確かだが、ホルムもラウジー復帰をじっと待つことはないだろうから、いったんビッグネームに勝っておくことが必要になってくる。

ヌネスの次の挑戦者はシェブチェンコかジュリアナ・ペーニャとなろう。ホルム相手に強い勝ち方をしたことと、勝ったところを470万人が視聴したと言う点で、シェブチェンコが一歩リードしているといえるかもしれない。もっともヌネスはすでにシェブチェンコに勝っているので、連勝中のペーニャが抜擢される可能性もある。

●ライト級
エドソン・バルボーザが強い勝ち方でギルバート・メレンデスを下し、本来であればトップコンテンダーとなるところだが、同門のエディ・アルバレスがチャンピオンであることと、バルボーザは昨年12月にトニー・ファーガソンに負けていることから、直ちにタイトル挑戦とはなりそうにない。

”ネイト・ディアス vs. コナー・マクレガー2”でディアスが勝てば、次に組むべきマネーファイトは”ディアス vs. アルバレス”だろう。あるいは先述の通りセラーニがライト級に復帰してタイトルに挑戦してもおもしろい。ハビブ・ヌルマゴメドフも無視できない存在で、バルボーザの対戦相手にふさわしい。なおディアスが負けるようなら、アルバレスの次の挑戦者はヌルマゴメドフかセラーニになろう。

*****

レスリング・オブザーバーが千代の富士逝去について短く報じているのだが、その中で、現役時代の体重が265パウンドだったと米国式に書かれているのを見て、あれっと思った。あの小柄でスリムな千代の富士も、UFCヘビー級上限とほぼ同じ、ハントやレスナーと大差のない体重であったということなのだ。これって、かなり意外じゃないですか。

またオブザーバーは、千代の富士は1991年に現役を引退した事について触れ、5年早ければジャイアント馬場が、10年遅ければPRIDEが、間違いなく大金を積んでオファーをしていただろうと論じている。別の媒体では、千代の富士さんの引退後の、相撲協会的なキャリアは必ずしも順調ではなかったとの評価も目にした。それなら、時代が時代なら、案外と説得に応じて、角界を離れPRIDEに入っていたかもしれないなどと想像する。千代の富士 in PRIDE。考えてみたこともなかったが、非常に心が躍るではないか、今さらではあるけれど。

*****

石井慧 林明日香との離婚を発表「浮気ではないです」(デイリースポーツ)
オリンピック最中の発表でいっそうの悲哀が。

**

ビッチもママもアイラブユー!【石原節炸裂のUFNソルトレイクシティ】


(石原、試合後インタビューで)
ソルトレイク・ビッチズ・ベイベー!
マイマザー・ハッピーバースデイ・アイラブユー!



(解説のケニー・フロリアン)
試合後のメッセージでこれだけ落差のあることを言う人はほかにはいません!ハッピーバースデイ・マイマザーと、アイ・ラブ・マイ・レディーズを一緒に言っています!



なぜか毎回ビッチという決め台詞を甘噛みしてしまう石原氏。ちなみにビッチはアメリカでは放送禁止用語なので(だからフロリアン氏もレディーズと言い換えている)、Fox中継ではピー音で消されているはずで、噛んでいることはばれていないかもしれないが、Fight Passではあっけらかんとそのまま流されているのであった。

米MMA記者のTweetでもツッコミの嵐。

イシハラは母親のことも愛している。まったく万人向けだ。 (Ben Fowles記者

なんてファンタスティックなワン・ツーパンチ。 (MMA Fighting)

ソルトレイクシティのレディー達も、今夜これから何があるのか、これではさっぱりわからない。(Shaheen Al-Shattei記者

セクシハラはあらゆる年齢層の女性をリスペクトしている。彼は知っているのだ。だれのママも、かつてはだれかのビッチだったと言うことを。(多分アメリカの一般人

イシハラ主役でデート番組のリアリティショーを希望(Dann Stupp記者



***

●川尻選手、事前の言葉通り、気持ちで全く引いたところのない、勇気が伝わってくる大戦争でした。とういか、負けたという気がしないですね。ホントに負けたのかどうか、ピンと来ない・・・とくに30対27を付けたジャッジには、こんなミスジャッジを2度としないよう、しっかりと勉強し直しほしいですね。こちらのサイトでは、米MMA記者17名のうち15名が29-28でスワンソン、2名が29-28で川尻だったのではないかとしています。また同じページにあるファン投票の結果によると、スワンソンが勝っていたという人は57.9%と、かろうじて過半数という感じのようです。

それと、Fight Pass中継で解説者が言っていて、ああそうかと気がついたのだけれど、ソルトレイクシティはけっこう標高が高いんですね(Wikiによると平均1,139メートル)。だから、こんなフルラウンドの戦争になると、スタミナ的にはかなりきつい試合だったのではと想像(ちなみに全選手がヘロヘロ、ゲロゲロになることでおなじみのメキシコシティの標高は2,250メートル)。

*****

充実のUFC Fight PassがMMA版Netflixになりつつあると紹介するこちらの記事の中で、そうはいいつつFight Passにも問題はあるとして、次のようなことが指摘されている。1つには、デミトリアス・ジョンソンなど一部の選手の試合で、観客からのブーイングが歓声に置き換えられるなど、音声の修正が施されているという。その結果、アナウンサーが「ブーイングが起きています」と言っているのに、その背後では歓声が聞こえるという、ちぐはぐなことになっているシーンもあるらしい。また、不都合な場面がカットされていることもある。かつてマイケル・ビスピンが、対戦相手のセコンドにつばを吐いて問題になったことがあったが、このシーンは今では見ることができなくなっている。このほか、ティト・オーティスのページがないなど、UFCと選手個人の関係が反映されてしまっており、せっかくのファイトライブラリーの資料的価値を損ねている面があるとこの記事は分析している。

*****

MMA統計の専門家、Reed Kuhn氏によるこちらの記事によると、Hyskoという会社が最近、ボクシングやMMAグローブの内側にとり付けることができる超小型センサーを開発したのだそうだ。これにより、現在目視でカウントしているパンチの数や種類、スピード、正確性などを自動席に計測することができるようになる可能性があるらしい。さらに、選手の心拍数や血圧などもリアルタイムに取得し、テレビ画面に表示することができるようになるかもしれないという。顔色1つ変えず、腹の据わった試合をしているように見える選手が、実はモーレツにドキドキしている、などといったことがわかるようになるのかも?

*****

ドーピング検査、クルム伊達は夜10時抜き打ちに激怒(スポーツ報知)

あー、たしかに昔、おかしな時間の抜き打ち検査にクルム伊達が激怒したというニュースがありましたね~
あのころは、しっかり休むのも仕事のうちのアスリートの休息や睡眠を妨げるなんて、いくら検査とは言えやり過ぎではないかと感じたものだけれど、いまとなってはたしかに、やってきた検査官に怒ってみせるというのは、かえって怪しまれるだけのことだろうなとは理解できる。検査を受けるほうも面倒だろうし大変だろうけど、思えば早朝に他人の家におしっこをもらいに行くなんて、やる方も大変だよね。

*****

雑誌読み放題という観点でKindle Unlimitedとdマガジンのラインアップを比較してみた(見て歩く者 by 鷹野凌)

Kindle Unlimitedは月額980円。週刊プロレスは読み放題になるようだけど、それ以外のプロレス誌、格闘技誌はいまのところみあたらず。


**

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update