ブライアン・スタン、将来は政治を志すと明かす / ショーグン欠場の弁


UFC中継解説職を辞し、不動産会社の役員に就任、ビジネススクールにも通い始めたブライアン・スタンが、将来的には政治家としてのキャリアを考えていることを明かしている。MMA Hourのインタビューより。

・・・私は今36歳だ。将来的に政治家になるためには、市民に奉仕できることがなければならない。サーバント・リーダーシップ(リーダーたるもの、まず相手に奉仕し、そのあと相手を導くものであるというリーダーシップ哲学のこと)が重要だと思っているんだ。今のワシントンには欠如していることだ。

そのためには、現時点で自分の人生が充実していないといけない。子どもももう少し大きくならないといけない。3人の娘がティーンエージャーになったら、私などそれほど家にいなくても良いだろうから、その頃がいいタイミングかなと思っている。ただその前に、私には良質で多彩な人生経験が必要だと思っているんだ。それがあってはじめて、アメリカの国民に奉仕し、オールラウンドな観点から導いていくことができる。そんな時はきっと来る。私はもう少し歳をとって、もう少し賢明になる必要があるんだ・・・



UFC中継の解説席の穴はそれなりに大きいようで、先週末のUFNではポール・フェルダーが、今週末のUFCジャパンの英語放送席にはアラン・ジョウバンが、解説を担当した/する。

***

マウリシオ・ショーグン、UFC日本大会欠場の弁。MMA Fighting

・・・残念ながらキャンプ序盤でヒザを負傷してしまいました。それでも私は、9月23日に試合ができるよう、薬を飲み、ヒザを保護し、アイシングやセラピーを受けながらキャンプを続けてきました。再び日本で戦うことは、私の長い間の夢で、ファンをがっかりさせたくないと思い、無理をしてしまいました。

過去にはケガを抱えたまま試合をした経験もあります。今回もそうできるように努力をしたのですが、残念なことに今回は、なにをしてもケガは悪化するばかりで、とうとう欠場以外の選択肢がない状況にまで追い込まれてしまいました・・・




*
スポンサーサイト

09/17のツイートまとめ

omasukifight

先週のスマックダウンより。レスリングオブザーバーは、ビンス(72)が等身大の老人キャラとして描写されたのはこれが初めてだと報じている。この後、息子シェーンがケビン・オーウェンズにリベンジを挑むというアングルの一環らしい。https://t.co/fV6TAzDKuZ
09-17 15:05

アップキックは反則ではない。シマダユージに批判集中! https://t.co/FbAy0ZwwW2
09-17 14:55

シュレック関根! https://t.co/dR6BR2NqfO
09-17 14:54

ウィリー・ピーターズ! https://t.co/8vbRS9eLZL
09-17 14:54

RT @MrLARIATO: Fucking hell, huuuuuuuuge powerbomb from Ibushi! #DDTPro https://t.co/n0zQBdtJl9
09-17 14:53

09/16のツイートまとめ

omasukifight

「私はステロイドを使っていません。そのことを子どもと神様に誓います」- ジョン・ジョーンズ https://t.co/OAs3GQbzfU
09-16 18:17

「Badou Jackとナオヤ・イノウエのボディパンチは今のボクシング界でベストだ」- キング・モー https://t.co/xX27lxITsN
09-16 18:17

書きました!アウベス欠場によりショートバージョンでお届け。https://t.co/fIAs3rLazW
09-16 01:28

書きました!https://t.co/4JKXdbO8Wg
09-16 01:28

カイリ・セイン vs. シェイナ・ベイズラー戦評


カイリ・セイン def シェイナ・ベイズラー(WWEメイヤング・クラシック決勝戦)

カイリが演劇要素強めのベビーフェイス、ベイズラーがシュートスタイル風のヒールであるという構図。たとえば天龍対ランディ・サベージの時代と比べれば、隔世の感ではある。

カイリは多分、できることの半分もやっていないのだろうけれど、それでも一生懸命で丁寧なパフォーマンスには、胸がキュンとする。青い目のファンにどこまでの情緒が伝わるのかは分からないが、カイリの試合ぶりは少なくとも嫌いになることはとても難しく、観る者を否が応にもハッピーな気持ちにさせるだろう。

ベイズラーもザック・セイバー・ジュニア風の関節技使いスタイルでいくことに決めたようで、キャラの立つ試合ぶりが楽しい。

カイリがダイビングエルボーでクリーンフォール勝ちした瞬間、客席最前列で応援していたベイズラー軍団の親分、ロンダ・ラウジーが悔しそうに涙ぐむ表情が映し出される。ほんの2~3年前には、誰がスターダムの宝城カイリとUFC女帝のニアミスを予想しただろうか! 現実の速度が速すぎて付いていけないと感じるほどだ。

ロンダの隣にいるジェサミン・デュークも、うれしいときにはうれしそうな、悔しいときには悔しそうな、とてもいい表情をしている。よくわきまえているのだろう。リング上では満面の笑みのトリプルHとステファニー・マクマホンに手を挙げてもらい、優勝を祝福されるカイリ。なんたるシュールな映像。

ロンダ・ラウジーの参戦、新旧フォーホースウィメン抗争というサイドストーリーができあがっていたので、このトーナメントではてっきりベイズラーが優勝するのかと思っていたが、終わってみればカイリを囲んで誰もがニコニコの大団円の巻であった。

なお、カイリは11月18日のNXT Take Overで、ASUKAのRAW昇格により現在空位になっているNXT女子王座に何らかの形で挑戦することが発表された。カイリは複数選手による王座決定トーナメントに参加するとの報道もある

なお、ASUKAのRAW登場は11月と報じられている(オブザーバーより)



*****

UFCファイターのエド・ハーマンが、井戸用ポンプのクランプに指をかまれて、左手の人差し指を切断された。指を詰めたあとの非常に生々しい写真がリンク先に。これは閲覧要注意。



*

09/10のツイートまとめ

omasukifight

アマンダ・ヌネス、試合後記者会見で「今日は私が5R戦えることを見せたかった。KOも一本もない。とにかく5R。これが戦略だった。これはお客のための試合ではない。自分のための試合だ」よくもこんなことを言えるよなあ・・・ https://t.co/7EfEtO98vE
09-10 17:06

09/09のツイートまとめ

omasukifight

「初戦に若い方が勝った試合のリマッチでは、再び若い方が勝つ。それも前回より簡単に」と看破したのはチェール・ソネンである。確かにこの法則が外れたことを、ほとんど見たことがない。だからこそMei選手が勝ったらホントにすごい。https://t.co/8HIlMTIOZF
09-09 14:38

スカに終わった今週の執筆記事ご紹介


今や空しいばかりとなってしまった、今週の執筆記事のご案内

防衛記録更新に挑むD・ジョンソン、ディラショーとのスーパーファイトは拒否(スポナビ格闘技)

MMAファンは、世界で最も熱狂的で、失礼でネガティブな存在だ:絶対王者デミトリアス・ジョンソンのリアリズム(Dropkick)


Dropkickの方で言いたかったことをもうちょっと懇切丁寧に言っておくと、少年時代にファンとしてプロスポーツを一切見ることなく、スター選手にあこがれを抱くといった感覚をおよそ持ち合わせない人が、まるでどこかに就職するかのように普通の職業の1つとしてMMAファイターになり、努力をして極めていった結果、どうも周囲には腑に落ちないことが多すぎるという心境に至るのも、不思議はないのかもしれないと思った、というお話だ。

***

7月のUFC 213で、ドクターのゴーサインは出ていたのに、体調不良を主張し試合を当日ドタキャンしたアマンダ・ヌネス。本人は鼻炎だと説明していたが、急な減量のせいだとの説もあった。その時の決断について、恋人のニーナ・アンザロフが語っている。こう言われるととてもわかりやすい。

タイトルを失うと、収入が年間100万ドルから6万ドルに下がってしまうかもしれない。50%の体調で、そんな賭けに出たいわけがないでしょう?



***

ベテランMMAコーチのライアン・パーソンズとチェール・ソネン共著の『4パック革命:テキトーなダイエットでそれでもやせる』が12月に米国で発売される

「6パックなんてくそ食らえ。ティーンエージャーと薬物中毒者以外には無理。ほとんどの普通の人には4パックが妥当」という趣旨の、普通の人のための減量健康ダイエット本なのだそうだ。ベラトール復帰に際し、ソネンが最大260パウンド(118kg)から、ライトヘビー級リミット(205パウンド、93kg)まで減量した際の経験に基づいているという。


毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update