スポンサーサイト

プロレスはスティフでなくてはならないけれど、危険である必要はないんだよ【クリス・ジェリコ】


レスリングオブザーバー7月30日号に、最近のプロレスの危険なムーブについて、クリス・ジェリコのコメントが掲載されていた。抄訳。

若い選手がオーバーしようとできるムーブを無理矢理全部やろうとし、それを見たベテランがもっと落ち着いてリスクの少ない試合をやりなさいとアドバイスし、若い選手がそれを聞き入れない。その20年後にその選手が今度は同じことを若い選手に言う、というサイクルが繰り返されている。ショーン・ウォルトマンはかつて、若い選手が聞き入れてくれないことは分かっていても、やはりアドバイスはし続けないといけない、それがベテランの役回りだと思うからだ、と語っていた。

私も実際、ウィル・オスプレイにこの話をしたんだ。オスプレイは今、ネクスト・ダイナマイト・キッドなどとはやされている。私は彼に、キミはダイナマイト・キッドのようになりたいのか、危険なムーブはやめなさい、私のように47歳になっても仕事を続けたくはないのかと言い聞かせた。

私も若い頃に、ニック・ボックウィンクルに全く同じ説教をされたことがある。当時の私も、クレイジーなバンプを取っていた。ウィニペグでのテレビ録画大会の解説者として私の試合を見ていたニックは、「キミはやり過ぎだぞ」と言ってきたんだ。なのに当時の私は、「なんたる腰抜けなんだ。私のように動けないジジイの嫉妬だろう」と思っていたんだよ。若い選手はそんなふうに思うものなんだ。ニック・ボックウィンクルが言ってくれているというのにだよ! そして、歳をとれば取るほど、ニックの言っていたことは正しいと分かってくるんだ。

(ドミニオンでの内藤哲也戦について)体中に切り傷はできたし、腰も痛かったんだけど、いい試合をやった満足感はあった。危険なことは何もしていない。でも、翌朝起きたら、身体が痛かった。それがプロレスなんだよ。スティフでなくてはならないし、ストロングスタイルでなければならないけれど、危険である必要はないんだ。ハイリスク・ムーブで自分の将来を危険にさらしてはいけない。今の新日本の選手にもそのことを言いたい。私たちは、頭から落としても大丈夫なアクションフィギュアではないんだ。彼らも私のような選手と戦えば、どういうことなのか、学んでくれるんじゃないかな。いいか、危険なバンプをしたからって、別に金持ちになれるわけではないんだよ。客席を埋めて、カネを稼ぐのがこの商売の目的だろう?

(もう2度と受けたくない技について)ケビン・オーエンズのエプロンへのパワーボムと、オメガの片翼の天使だね。プロレスというのは、あんなふうに痛いものであってはいけないからだ。



****

上西小百合タレント転身、13キロ減量し女優修行(日刊スポーツ)

上西先生は大晦日にRIZINに出るはずなのに、並行して女優もやれるなんて、さすがですよね。なにせマクレガーのボクシングを「ビジネスファイト」「サーカス」だと評され、亀田と青木から格闘技の神髄を吸収しているはずの先生のこと、自分で引いた伏線を大舞台でどんなふうに回収なさるのか、本当に楽しみでなりません。


**

ジョシュにもヴィトーにも興味がある【スコット・コーカー勢力拡大中】


DAZNとのビッグディールを発表したばかりのベラトール総帥スコット・コーカーのインタビューより。MMA Fighting

Q:リョート・マチダと契約されました。本人は10月ごろに戦いたいと言っています。

コーカー:マチダとの契約はほんの2,3日前に締結したばかりで、次の試合など詳しいことは決まっていない。ただ、本人はライトヘビー、ミドルの2つの階級で戦いたいと言っている。将来的にはゲガール対ローリーの勝者と戦ってほしい。本人はヒョードル戦も希望している。

Q:ヒョードル戦を検討しているのですか!

コーカー:ヒョードルはまずソネン戦に専念だが、それが済んだら検討してもいいんじゃないか

Q:リョートはブラジル市場開拓の鍵となる選手です

コーカー:もともとブラジル進出計画はあったんだが、リョートのおかげで拍車がかかりそうだ。ベラトールにはリョート以外にも、ヴァンダレイやダグラス・リマ、ピットブル兄弟など、すぐれたブラジル人ファイターがたくさんいるんだ。体制を整える必要があるが 2019年にはブラジルでオールスター戦をやるぞ。

Q:前回、そのリョートに負けたヴィトー・ベウフォートもUFCとの契約が満了しているはずです。

コーカー:彼が正式にフリーエージェントなのかどうかがはっきり分からないのだが、もしそうなら、交渉はしてみたい。

Q:ティト・オーティスとはまだ契約しているのですか

コーカー:いや、していない。

Q:ゴールデンボーイが、オーティス対チャック・リデルを組もうとしていて物議をかもしています

コーカー:我々もレジェンド・ファイトは組んできた経緯もある。こういう答え方をしておこう。もし本当に実現するなら、私は見るよ。最前列で見たいね。

Q:このタイミングでウェルター級トーナメントをスタートさせる背景について

コーカー:ウェルター級トーナメントは、ゲガールとローリーの試合を組むずっと前から計画していたことだ。そこにDAZNの話が出てきたので、ちょうど良いタイミングとなった。

具体的な参加選手、ローリーが参加するか否かについては未定だ。今週末にはエド・ルースの試合があるし、来月にはアンドレイ・コレショフの試合もある。これらの結果も踏まえる必要がある。参加選手が固まったら、また記者会見でおしらせするよ。

ヘビー級GPは視聴率も良く、スポンサー筋や海外での評判もいいんだ。トーナメントはやりたいこと、やるべきことだと思っているよ。

Q:念頭に置いている参加選手には誰がいるか。

コーカー:本当にまだ誰にも声をかけていないんだ。あえて言えば、ダグラス・リマは元王者なんだから参加して欲しいね。

Q:ジョシュ・バーネットがUFCを離脱しました。

コーカー:いまマネージャーと話をしている。ジョシュはベラトールに向いているんじゃないかと思う。他にも何人か、名前は明かせないが交渉している選手はいる。これからもフリーエージェントのファイターは連絡してきてほしいね。



****

遅ればせながら全日本チャンピオンカーニバル、4.25後楽園ホール、「秋山 vs. 丸藤」戦をGAORAで見てぶっとんだ。ビリーバビリティでは最近の新日本の名勝負を上回る。秋山の受けの表情も相変わらずすばらしい。この品質は全日本復権の勢いを突きつけられた感じだ。ただ、全日本で言えば個人的には宮原が苦手でつらいのだ・・・器用だな、とは思うのだけれど・・・


*

ジョー・ウォーレン、DREAMの思い出を語る



元ベラトールバンタム級チャンピオンでのジョー・ウォーレン(41)。ベラトールとの契約は残り2試合となり、最近になって高級不動産業者のサザビーズ・インターナショナル・リアルティに就職したというウォーレンが、MMAを始めた頃の思い出を語っている


- 2009年、休暇で訪れていたアスペンでスノーボードを楽しんでいたウォーレンの元に、ダン・ヘンダーソンから、MMAの試合に出場しないかと連絡が入る。ファイトマネーは3万ドル、試合は8日後に日本で行われるという話だった(DREAM 7でのチェイス・ビービ戦だった)。MMA戦績ゼロだったウォーレンだが、カネが必要だったため、このチャンスに飛びついた。

すぐに飛行機に飛び乗って、(ダンヘンのジムがある)テメキュラに行った。そこで3日間調整してから日本に行ったんだ。事前審査も何もなかった

ダンが『キミは柔術は知っているのか』というから、オレは『いや、知らない』と答えた。するとダンが、ビービは過去8戦、連続で一本勝ちをしている選手だと言うんだ(注:ビービの実際の記録とは違っている)。オレが『で、柔術ってなんなんだい』と尋ねるとダンは、『まあ心配するな』というんだ。心配するなって言われても、ビービは8人連続で柔術で勝っているんだぞ。なのに、『黙れ。とにかくこの選手とはグラウンドで戦うな』とかいうんだよ。グラウンド以外に(レスラーである)オレに何ができるというんだ?



ー ウォーレンはこの試合で第1ラウンド、ビービにノックアウト勝ちする。次いで当時14連勝中の山本KIDに判定勝ち、3戦目はビビアーノ・フェルナンデスに敗戦した。 

まるで鉛のブーツを履かされて、深い池に放り込まれたようなものだった。最初の3試合、オレは文字通り命がけで戦っていたんだ。対戦相手の試合映像すら見なかった。あまりに恐ろしい選手ばかりだったので、コーチがオレに映像を見せたがらなかったんだ



****

米国を中心に世界15か国、100以上のインディプロレス団体のストリーミングを行うサービス、PivotShare社のPowerslam.TVがスタート。月額5ドル99。中継団体はリンク先(Figure Four Weekly)の通り。毎月、40〜50大会を中継する予定。スタート時点ですでに75団体のコンテンツ2,000時間分がアーカイブされている。日本でも視聴できるのかどうかは未確認。



CMパンク、プロレスはもう懲り懲りだと語る


CMパンク、プロレスについて語る。パンクのプロレスを見たい人は多いと思うんですけどね・・・

●ロンダ・ラウジーについて

楽しんでね、とだけ伝えてある。いま向こうの状況がどうなっているのか知らないし、ロンダの扱いはまた特別だろうし、彼女には、「いろんな人がいろんなことを言ってくるだろ。レッスルマニア本番では、とにかく君自身が楽しむこと。大事なのはそれだけだよ」とだけ言っておいた。

●レッスルマニアでのラウジーの試合は見たのか

いや、見ていない。あちこちでハイライトは見た。でも、まだ僕にはプロレスを見るのが難しい。見るのが不安なのではなくて、「ゲップ、これは無理だわ」って思うんだ。8秒くらい見ただけで、「チャンネルを替えてもいい? それ、つまらないよ。他のものを見よう」となってしまう。まるでシティフィールド(2009年に完成したばかりのニューヨーク・メッツの新しい本拠地)で野球を見ているみたいなんだ。僕が好きなのはリグレーフィールド(シカゴ・カブス本拠地。MLBで2番目に古い球場)の古風さなんだよ。シティフィールドで野球を見ていると、フォアボールに出ただけで花火は上がるわ、LEDスクリーンは光るわで落ち着かない。

プロレスはまさにそんな感じなんだ。LEDスクリーンがあって、フラッシュライトが光っていて、発作が起きそうだよ。

●WWE以外の団体でも同じなのか

同じことだよ。理由は分からないが、無意識的にもう、プロレスとのつながりがなくなっているんだ。ケニー・オメガがホットなのは知っているよ。たぶんいま、世界トップの選手なんだろう。それでも、ハイライト動画を目にすることはあっても、1試合を通して見るということができない。



*****

UFCが来年から、ESPN+のストリーミング中継が増えることについて、現GloryキックボクシングのCEO、元UFC役員でFight Passの育ての親的な存在でもあるマーシャル・ゼラズニック氏が色々と語っているのだが、個人的に興味深かったコメントがこれ。

Q 昨今は誰もがストリーミングサービスに参入しようとしていますが、やがて飽和して頭打ちになることはありませんか。消費者はあまりにもたくさんのストリーミングサービスに加入しなければならなくなりそうです。

A 私も2つの点で懸念を持っています。1つは、ファンの分断化、分節化が起きるのではないかということ。あるサービスには加入していても、別のサービスには加入していないという人が増えていくことでしょう。ここでバンドルという考え方の良さが見直されるでしょう。ケーブルテレビのバンドル(セット契約)のように、いろんなチャンネルをザッピングして好きなものを見つけるというやり方です。そうでないと、興味の幅を広げるという方向ではなく、元々好きなものしか見なくなる人が増えてしまいます。

もう1つは、5つも6つものサービスに加入して、アプリをいちいち切り替えたり、そのたびにログインしたり、デバイスを使い分けたりするのは厄介でかないません。だからどこかの時点で、ストリーミングのバンドルサービスが誕生してくると思います、Amazonが米国で行っているAmazon Channerlsではすでに、有料チャンネルのHBOやShowtimeを、Amazonのアプリから視聴できるようになっています。こうしたことはユーザーエクスペリエンスの観点からは重要なことです。





PEDを使っている選手はまだいる。それが誰なのかも分かっている【GSP激白】【追記】



ジョルジュ・サンピエール、ジョー・ローガンのポッドキャストで語る

今でも薬物を使うことはそんなに難しくないんだよ。

例えば、体内に1日か2日しか留まらない製品を使いたいとしよう。検査が来ない日がわかっていればできるよね。そうでないと大変なことになるからね。そこでUSADAの居場所連絡アプリで、南極かどこか、もっともらしい場所に2日ばかり旅行に行っていることにするんだ。薬物は1日か2日で身体から排出されるけど、効果は1か月は続くからね。

身体から排出されたのでは効果はないのでは、と思う人もいるだろう。80年代なら、PEDはパワーやスタミナ、耐久力を増やすためのものだった。それがいまでは技術が進化して、反応の早さや自信強化といった面にも効くようになってきている。これが大きいんだよ。反応時間が早ければ、頭が冴えてくるからね。運動能力というのは筋力の問題ではないんだ。ウサイン・ボルトは早く走れる理由の1つは、彼の頭脳や神経系が早いからなんだ。

だから神経系の能力を向上させれば、運動能力は増す。もちろん効果には限界がある。でも、マッスルメモリーというのは時には永遠に残るものなんだよ。

現時点でも私は、多くの選手がステロイドやPEDを使っていると考えている。誰が使っているのかについても、99.9%の確信をもって分かっている。ただ、証拠があるわけではないので、名前を挙げて非難することは控えたい。

この業界にいて、いろんな人と話をしていると、選手の間では誰がやっているのか、わかっているものなんだよ。わずか数人の人が、PEDの供給元になっている。供給元が1人いれば、薬物はいくつものチームに行き渡る。噂はすぐに広まるんだよ。



*****

UFCプレシデントのデイナ・ホワイトが、アーリー・ウェイインを廃止する予定であると明かしている

あれはもう辞めようと思っている。計量は、午後4時の公開計量で本物の計量を行う以前のやり方に戻す。

制度のどこかを変えると、みんながそれを悪用しようとする。アーリー・ウェイインも始めた頃はまだよかった。しかし、リカバリーの時間が長いから、体重をもっと戻せると思って、際どい減量をやる選手がふえてきた。現実問題、そのせいでみんなが苦しんでいる。



(参考)
Broken system? UFC early weigh-ins by the numbers two years later (MMA Junkie)

旧計量方式(試合前日の午後4時に計量) 2014年6月〜2016年5月の統計

全83大会、950試合
計量失格者32名。うち試合欠場者5名。
計量失格者の戦績は12勝15敗
計量失格幅は平均2.97パウンド

新計量方式(試合前日の午前9時〜11時に計量) 2016年6月〜2018年5月の統計

全82大会、962試合
計量失格者62名 うち欠場者15名
計量失格者の戦績は27勝20敗
計量失格幅は平均2.90パウンド
 



果たしてビンス・マクマホンは棚橋やライガーのことを知っているのか


レスリングオブザーバーラジオ(5月8日号)でデイブ・メルツァー記者がリスナーの質問に答えていた。

Q ビンス・マクマホンはタナハシのことを知っているのでしょうか。ミサワ、カワダ、コバシをWWE入りさせようとは思わなかったのでしょうか。

A ビンスはおそらくだがタナハシのことは知らないだろう。まあ、ビンスが何を考えているのかはさっぱりわからないがね。もちろん、WWE社内ではタナハシのことはよく知られているよ。WWE入りの件については、コバシに対しては興味があったようだ。ただ、コバシに日本を離れる気がまるでなかった。WWEがタナハシへのオファーを検討しているという話は聞いたことがない。タナハシも来ないんじゃないかと思う。彼は41歳だと思うが、その気があるならもっと若い頃にとっくに来ていただろう。

かつてコナンがマックス・ムーンというキャラを演じたことがある。そのコスチュームが、獣神ライガーのパクリだった。コスチュームを受け取ったコナンはビンスに、「こりゃジューシンライガーとそっくりじゃないですか!」と言ったのだそうだ。するとビンスは、「お前さんの言うジャスティン某のことは私は何も知らない」と答えた。コナンが「知らないんですか! 彼は世界トップのレスラーですよ」と応じたが、ビンスはもはや返事もしなかった。周囲の人は、ビンスがライガーを知っていてこんなコスチュームを作らせたのか、本当にライガーのことを知らないのか、判然としなかったそうだが、コナンがやたらにライガーを持ち上げつつ、ビンスに詰め寄る勢いだったので、こんなに刃向かって大丈夫なのかと固唾をのんでいたのだそうだ。コナンはメキシコでたっぷり稼いでいたので、ビンスの機嫌を気にする必要がなかったんだね。

数日後、誰かが1枚の写真を見つけてきてね。写真にはビンスとそのジャスティン某が一緒に映っていたんだよ。



Bizarre photo of the day: Vince McMahon and Jushin 'Thunder' Liger from 1990 from r/SquaredCircle


毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com