スポンサーサイト

ユライア・フェイバー鬼軍曹幻想/引退後のマーコート


That time Sara McMann wanted to (not literally) light Urijah Faber on fire during UFC-Orlando camp (MMA Junkie)

今週末の試合を前にチーム・アルファメールで特訓を積んでいたという2004年年五輪銀メダリスト、伊調馨にも勝ったことのあるサラ・マクマンが、ユライア・フェイバーの意外な鬼軍曹ぶりを語っている。メダリストにも臆するところはないようだ。

練習の最中に周囲を見渡して、コーチに火でも放ってやりたいと思わないようなら、ろくなキャンプではないということだと思う。それがコーチの仕事だ。ユライアは私の中から、技術と努力と意志を全部取りだして、最大限まで追い込んでくれた。限界点を見つけて、それをさらに遠い場所に持って行ってくれた。

こういうキャンプをやったことがなかったわけではないけれど、今回はとにかく、ありとあらゆる不利なポジションから、どうにかして抜け出す練習をしていた。この練習は永遠に終わらないのではないかと思った。それにしてもユライアの鬼コーチぶりと来たら、「知るか。もっとやれや。どうでもいいわ。まだまだやれるだろう。よし、そこで仕掛けろ。もっと早く。ダメだ。やり直し、もっと早く」という感じで、私は「ああ、蹴り飛ばしてやりたい。ミット打ちをわざとミスってやろうかしら」と思っていた。

私の彼は、「試合で勝ったら、きっとユライアのことを大好きになるよ」と言ってた。まあ、嫌い度合いが少し減るくらいならあるでしょうね。



*****

Nate Marquardt opens up about decision to retire from MMA, future as a missionary (MMA Fighting)

旧聞ですが、MMAを引退したネイト・マーコートは神学校に入学、宣教師として国際伝道局の宣教使になることを目指して勉強中だとのこと。

最後の3試合は、自分が勝っていたと思っているんだ。勝ったと思ったきわどい判定で3連敗を喫するというのはおかしなものでね。もし自分が勝っていたら、まだ現役を続けていたと思う。でもこうなったのも、神の意志なのかなと思ったんだ。それで、自分のすべての力を勉強に注ぐことにした。

(キャリアを振り返って)楽しかったよ。とくに印象的な1試合、というのはないんだけど、間違いなくパンクラス時代はとてもよかった。ストライクフォースでタイロン・ウッドリーを破ってベルトを取ったことも思い出深いし、あれが生涯ベストファイトだったかもしれない。ウィルソン・ゴヘイア戦もいい試合だったね。

GSPやキース・ジャーディン、ラシャド・エバンス、スティーブン・トンプソンといったすばらしい選手たちと練習したこともいい思い出だ。本当にいいキャリアだったし、いい経験をさせてもらった。




『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』感想


『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』を読んだ。まるでNHKが表面だけなぞって作った棚橋の公式ドキュメンタリー番組のような読後感だった。あまりにも「正史」すぎて退屈だし、論の運びも分かりやす過ぎて、逆に何度も身構えてしまった。僕の中には、この人の本ならとりあえず読んでおこう、という信頼の柳沢ブランドがあったのだけれども、今回に関しては期待に応えてくれなかった。

それはともかく、僕はこの本を読んでいてハタと思い当たることがあった。というのも、子どもの頃からプロレスファンだった自分が、いったん熱が大きく冷めた時期がありつつ、今の新日本プロレスは実はなかなかに楽しんでいるという現状があるのだけれど、この熱が冷めていた時期が、棚橋大エース時代にぴったり重なるのである。僕の熱が冷めていたのは、どうやら単に棚橋がイヤだっただけなのではないかと振り返ると案外合点がいくのである。

この本を読んでいてもそのことは再確認できる。棚橋の言っていることは、正しい正しくないではなく(いや、おそらくは退屈なまでに正しいからこそ)ピンと来ない。ビッグネームのプロレスラーなのに、こんなにも共感できない人がかつていただろうかという意味では、まさに100年に1人の破壊力(のなさ)である。

今日現在でも僕は、あのエアギターのパフォーマンスを見ると、この人はいったい何をしているのだろう、とか、ずいぶん真面目に働いているなあ、というメタ視線に強引に連れ戻されてしまい、たちまち「こんなものは他人事、絵空事である」と酔いが醒めてしまったり、ピンと来なくなるのである。この人の場合、Disbeliefが格別にSuspendされないのだ。こちらだってもう大人なのだから、こんなもの、覚めた目で見てしまうと、たまったものではない。ひょっとすると棚橋自身が極端に醒めた人だからなのではないか、という気もするが、単にこちらの趣味の問題なのかもしれない。ま、趣味なんで、許してほしい。

思えば、この本の印象と棚橋自身の印象とは、とても見事に照応しているのであった。だからきっと、逆に棚橋ファンにはこたえられない一冊なのかもしれないとは思う。知らんけど。



*****

Meet the mother of two and accidental MMA fighter who lost 150 pounds during undefeated run (MMAjunkie)

35歳の女子MMAファイター、Olivia Parkerの紹介記事。教員として働き、2人の子どもを育てながら、32歳の時に格闘技にはまる。当時の体重は325パウンド、現在は大減量して185パウンドで戦っており、アマ戦績5勝0敗をあげて、プロデビューを狙っている。”大減量の戦う母親”として地元テネシー州では有名人だとか。ギャビの好敵手にしか見えない。


Today in MMA history: Julie Kedzie remembers the night she fought Gina Carano in a women's MMA milestone (MMA Junkie)

翻訳する余力はないが、これはすばらしい記事。2007年、米国のメジャーテレビに初めて乗った女子MMA戦でジーナ・カラーノと戦い敗れたジュリー・ケッジー本人による、このレジェンドマッチの裏話。ケッジーは現在、インビクタの解説をしたり、格闘技ライターとして活動している。


**


UFC 221フラッシュバック


どうして読み込みにこんなに時間がかかるんでしょうかね。














**

オール巨人最強幻想


KBS京都・角田龍平の蛤御門のヘン・ポッドキャスト・1月10日分より。角田氏とゲストの漫才師オール巨人の驚愕エピソード。

角田 ・・・何年か前のお正月に、バラエティ番組で桜庭和志さんが巨人師匠に関節技を掛けたことがあったじゃないですか。あの放送のあと、巨人師匠が「一方的にかけられるのではなく、ヨーイドンでやらせてほしかった」とおっしゃっていましたよね。

巨人 僕はね、身体が柔らかいんですよ。桜庭君に技を掛けられて、痛い痛いとは言っていたんですけれども、あれはウソ。全然痛くなかったんです。痛がらないと桜庭君に悪いやろなと思て。

角田 総合格闘技が、巨人師匠の若い頃からあったら・・・

巨人 多分、いっていたかも分かりませんね。プロレスラーになりたいというのはありましたからね。

角田 『ひょうきんプロレス』の動画を最近見たんですけど、巨人師匠が紳助師匠にキーロックを掛けられたまま、持ち上げておられるんですよ。あれって、アンドレ・ザ・ジャイアントにしかできないことです。

巨人 大阪府立体育会館の女子プロレス大会の中で、『ひょうきんプロレス』の撮影をさせてもらったことがあって、その時のVTRはいまでも寂しくなったら見るんですよ。自分で爆笑するからな。

角田 本当に、巨人師匠の動きが尋常ではないんですよ。芸人さんが企画でやっている感じではなくて。

巨人 人生でスポーツ関係はやってみたかったですね。ボクシングもやりたかったしね。

角田 巨人師匠はハート的に、絶対にダウンやタップはされないと思うんですよ。

巨人 腕が折れるまで、参ったしないだろうね。

角田 いまだにご自宅の2階に、ロープで登っておられるじゃないですか。

巨人 いや、もうええわと思って、さすがに外しましたけどね。

角田 トレーニングの仕方がカール・ゴッチ流なんですよ。

巨人 ナチュラルが一番なんですよ。スクワットは昔、毎日500回やってましたからね、漫才師やのに。500回もやってると、足下の畳が汗でびちょびちょになってくるんよ。

角田 それってまさに、猪木と馬場の日本プロレス入門時のエピソードですよ!

巨人 だからスクワットの前に、足下に週刊紙をひいておかないとシミになるから。



【フラッシュバック】リョートの父、飲尿療法について語る


MMA Fightingが8年前の町田嘉三(リョート・マチダの父親)のインタビュー動画をTwitterで再掲している。この動画はなかなかに印象的だった。改めて見てみると、実に適当なことを言っているような気がする。




Q リョート・マチダのお父様、ヨシゾー・マチダと、マネージャー兼通訳のエド・ソアレスです。飲尿をなさっているそうですが、どんな効果があるのでしょうか

健康のためです。食物として取り入れ、消化したたものは、すべてが排出されるわけではありません。しかし毎朝飲尿をすることで、すべてが身体から洗い流されるのです。毎日、体内を浄化することができます。

Q リョートも試合まで、毎日飲尿するのですか。

そうです。リョートは2、3年前に咳が止まらないことがあって、その時から飲尿を薦めています。数日飲み続けると、咳はすっかり治ってしまいました。

Q あなたも毎日飲尿を?

ワクチンのようなものなのです。病気を防ぐために、その病原菌を入れるでしょう。自分の尿を飲むことは、ほぼワクチンと同じです。

Q どんな味がするのですか。

甘いときもあれば、塩辛いときもあります。何を食べたかによるのです。今朝の私の尿は大変清潔でした。だから今朝は2杯飲みました。

Q 次は私もやってみたいと思います。

戦争中、日本の軍人は免疫を高めるために、みな飲尿していました。医薬品も不十分でしたので、これが唯一のお薬だったのです。

Q 次回は正しいやり方を教えて下さいね。

今やって見せましょうか。

Q 本当ですか、いまここで? 本当にやってくれるのだそうです。じゃあちょっと待っています。

(ヨシゾー、いったん画面から消え、カップ入りの尿を持って再登場)

Q ああ、お越しになりました。乾杯!

(飲み干すヨシゾー)

Q 一気飲みです。

(ちょっとむせるヨシゾー、ドン引きで身体を遠ざけるインタビュアー)

Q ずいぶんデカいカップでしたね。いまあちらで水を飲まれています。ありがとう。グッドラック。



***

UFCの計量失格者数。(レスリング・オブザーバ)

2014年 10人
2015年 16人
2016円1~5月 1人
2016年6月 計量時間を試合前日の夕方から午前中に早める
2016年6~12月 21人(うち3人が欠場)
2017年 28人(うち8人が欠場)

計量の時間を早めることで、試合までに選手がゆっくりと補水できるので安全、と言う理由で考え出された午前中計量であるが、これまでの結果を見る限りは明らかに逆効果が発生している。

同じ州コミッションが計量をしているはずなのに、ベラトールではこの問題をあまり聞かないこともまことに不思議である。



**

ビッグ・ジョン・マッカーシーが解説業に専念


Fight PassでUFCを見たり、英語版動画を探し出してベラトールを見ている人にとっては興味深いニュースだと思うのだが、ベラトール創設時点からずっとテレビの解説を務めてきていたジミー・スミスが2018年以降の契約が更新に至らず降板に。そして新たなベラトール中継の解説者に、有名レフリーのビッグ・ジョン・マッカーシーが就任。マッカーシーはこれを機に、いったんレフリー業は休止し、解説業に専念する(利益相反が生じるため)。なおベラトールの解説者はもう1人、チェール・ソネンがいる。

ベラトールでは昨年、長年の実況アナウンサーだったショーン・ウィーロックに代えて、WWEやストライクフォース中継でおなじみのマウロ・レナロ、元UFC実況アナウンサーのマイク・ゴールドバーグ(交代で担当)を起用している。スミス離脱により、ベラトールのテレビ中継からはもはや、ビヨン・レブニー時代の香りはまったくしなくなった。

1月20日のベラトール・ロサンゼルス大会は、実況ゴールバーグ、解説マッカーシーという布陣でやるらしい。

ジミー・スミスは逆に、UFCの放送席入りが濃厚だそうだ。共に禿げ頭、ハイトーンの白人のおっさんという意味ではジョー・ローガンとキャラが丸かぶりではあるのだが、スミスの解説も歯切れが良くて優秀。ラウンド毎に独自の採点結果を発表してくれるのが特徴だ。

***

2017年のUFCの米国での視聴者数データ。苦戦していますな。出所レスリングオブザーバー1月8日号

ファイトナイト・メインカード(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 795,412 (前年 965,111、対前年比△17.6%)

ファイトナイト・プレリム(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 634,929 (前年 730,125、対前年比△13.0%)

ファイトナイト・メインカード(地上波FOX) 
平均視聴者数 2,084,500 (前年 2,661,600、対前年比△21.7%)

PPVプレリム(Fox Sports 1) 
平均視聴者数 834,000 (前年 1,168,500、対前年比△28.6%)

PPV  
平均販売件数 305,000 (前年 558,000、対前年比△45.3%)

(参考)ベラトール メインカード(Spike TV)
平均視聴者数 610,318 (前年 676,364、対前年比△9.8%)

***

1月3日に開催された巌流島をCSフジで見たのだけれど、これ、なかなか面白くなってきませんねえ。どこかで跳ねるのではと期待して、放送されているものについてはずっと見ているんだけど、跳ねるどころかマンネリ化が進行しているような・・・田村のひどくぶっきらぼうな解説は新鮮だったけれど。

***

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com