RIZIN「SARABAの宴」レビュー


12月29日RIZIN「SARABAの宴」大会をフジテレビ地上波で観戦した。

高阪剛 def ジェームス・トンプソン

TKの試合ぶりは、リスペクトしない方が難しい。UFCでまだまだ強かった頃のランディ・クートゥアや、ストライクフォースで50歳でデビューし圧勝した元フットボーラー、ハーシャル・ウォーカーを思い出した。こうなったらTKには、キンボ・スライスをぶっ飛ばし、ティト・オーティスを踏みつけて、マスターリーグのP4Pをめざしていただきたい。

所英男 def 才賀紀左衛門

いくらなんでも戦績60戦と戦績3戦の対戦である。あっという間に所が勝つだろうと思っていたので、才賀のがんばりにはびっくりしたし、前途有望な人なんだなあと感じた。もっとも、相手が所だとだれでもある程度優秀に見えるという面はあり得るが・・・。この試合で圧倒的だったのは、なんといってもあびる優である。5分間、絶叫が途絶えることがない。しかも才賀がタップした瞬間には、この上なくわかりやすく号泣していた。これはすばらしい。あびるの悔しさは、この瞬間だけチャンネルを合わせただけの通りがかりのおばはんにも、すさまじく伝わったことだろう。どうにかしてリベンジしていただこうではないか。腹が立ったという人もいるかも知れないが、それも含めて素晴らしい。

ところで、僕はこの叫び声には何だか聞き覚えがある。K-1だかDEEPだかでも、似たような女性の悲鳴がよく聞こえていないだろうか?うるせーババアだなと思っていたのだが、あれはあびるさんの声だったのだろうか。才賀選手以外の人のことも、ああやって応援しているのだろうか・・・

ヘビー級トーナメント

UFCもヘビー級に関しては、老獪なおじさんだらけになっているので、このトーナメントの出場している若いヘビー級ファイターのスピードや無鉄砲ぶりはとても新鮮だった。ドタバタしている人など一人もおらず、アスリート然とした人たちのパフォーマンスがみずみずしい。まだ名前も覚えられないが、いきの良い選手が勝ち残ってくれているのではないだろうか。石井慧が容易には勝てないくらいのレベル感でもあるということだ。これは大晦日が楽しみだ。とんでもない大戦争が展開されるかもしれない。

石井は勝たないと始まらないよなあ・・・オランダまで行って練習しているシーンをあれだけ流した後に、この試合ぶりでは、何だかかえって絶望的な気持ちになりますね・・・オランダでの合宿費用は誰が出しているんですかねえ。そこがダメなのでは・・・?

フジテレビに映るジョン・マッカーシーの違和感に近い存在感にびっくり。RIZIN Tシャツのあの似合わなさよ!

青木真也 def 桜庭和志

まずは青木選手、ご苦労様でした、というところではないだろうか。やりたくもない試合を、余計なことも言わず、きちんとこなしてくれたんだなと思った。試合前にはプロレスをごく軽くディスって、試合後にはちゃんと五味を挑発して次につなげてもいた。行き届いたプロの仕事だと思う。ただ、選手コールの時、マイクアピールの時、青木に対して観客がウンともスンとも言っていなかったのは気になったが・・・

こういう試合こそ、ビッグジョン・マッカーシーに裁いてもらうべきだったと思うのだ。レフリーはたしか梅木氏ではなかったかと思うが、これまでの彼の大舞台での実績を踏まえると、これはもう、ここに梅木氏を起用する方が悪いのではないか。いったいどうなればストップするつもりだったのか。桜庭が1分間余計に殴られたら、視聴率が相当に上がるとでも言うのか・・・(うーん、上がるのかもしれないね)。

こういう試合を普通にストップ出来ない主催者が、「階級にこだわらず、ファンが見たい戦いを見せる」とか、「マスターリーグも作る」などという危険極まりないことは言わないで頂きたいところだ。

(更新)こちらの記事によると、担当レフリーは福田さんという方だった模様。失礼しました。タオルを投げたのは下柳。とほほ、下柳が最後の砦だったとは・・・


**
スポンサーサイト

不思議の国のノースカット


ニック・ディアス、ネイトのファイトマネーが2万ドル+勝利ボーナス2万ドルだったことについてコメント。MMA Fighting

こんな金額、吐き気がする。これまでにどれだけのことをやってきたか・・・ましてマクレガーのような男が急に大金を稼いでいることを思うと頭がおかしくなりそうだ。

ネイトの契約は石器時代のままだ。でもオレには、あっという間に事態を収拾することができる策がある。(それは「ネイト対マクレガー」を組むことだ!)。

ファンに嘘はつけないだろう。UFCだって、ファンが何を見たいか、分かっているはずだ。弟とマクレガーの試合は実現すべきだ。ベルトを持っているヤツらだって、別に名前が売れているわけでもない。いまはベルトはそれほど重要じゃない。弟とマクレガーの試合こそ、ファンにとっても、UFCにとっても重要な試合、みんなが儲かる試合になる。

(ジョー・ローガンがポッドキャストで、マクレガー対ネイトを組むなら、刑務所の面談室のように、両者の間にガラスの板を置いておかないといけない、と冗談を言ったことについて)

弟はいったん試合の契約書にサインをしたら、そいつの顔を殴ったりしないよ。朝食ついでにふらっとマクレガーの家に行って殴りつけるわけでもない。試合の契約はしているんだ。どうせ殴ることはできるんだよ。オレだって、試合前に相手を殴ったことなんてないぞ。そんなことになるわけないだろう。

しかしだ、もしマクレガー側が弟のことを無視するのであれば、それはひどい侮辱に当たる。貴様、何様だという話だ。ボコボコにされたいか。どうせオレらはみんな、地球のどこかでウロウロしているんだ。ファンの目の前でボコボコにされたいのか?弟はどうせ2万+2万で戦っているんだ。タダでも戦ってやるぞ。



******

UFCが強力に売り出し中のセージ・ノースカットが、1月30日のUFC on FOX 18大会のメインカードでアンドリュー・ホルブルックと対戦することが発表された。12月10日のUFN80大会でコーディ・フィスターを下して以来の矢継ぎ早の試合になる。

ノースカット(19)はテキサスA&M大学の大学生。ダナ・ホワイトのことを「ミスター・ホワイト」とよび、記者にインタビューされれば語尾にはいちいち「サー」を付けて喋り、いつ何時でもあまりにもニコニコしていて隙が無い様子は、愉快で気分の良い若者そのものではあるのだが、他方で「昔の漫画の好青年かよ」「やり過ぎで鼻につく」といったやっかみ半分の批評があることも腑に落ちる不思議なキャラの持ち主である。僕の眼には、あまりにもいい子過ぎてちょっとメンヘラの香りもしてくる。

UFN80では、実況のジョン・アニクとブライアン・スタンがセージについての次のような会話をしていたことが話題を呼んだ。

スタン:セージにはいま、大きな注目が集まっていますね。セージはどうやってこのプレッシャーを戦うのでしょうか。フィスターはスペースを潰して、セージのテクニックを封じようとしてくるでしょう。KOされたら彼はどんな対応をするでしょうか。

アニク:セージ・ノースカットがプレッシャーに慣れているとは言いませんが、どうも彼は自分がどれくらい騒がれているのか、分かっていないようなのです。インターネットを使うことを禁じられているというのです。だからいろんな話題から遮断されているんですね。



これを受けてのノースカット・インタビュー

Q あなたの自宅はテキサスですが、練習はカナダのトライスターでやっていますよね。大変なのではないですか?

そうなんです。だから週ごとに予定を決めてやっています。取りあえず明日は期末試験があるんで、テキサスに帰ります。ここまで練習と勉強で大変でした。石油化学のクラスではどうしても単位を取っておきたいんです。

Q それにしてもあなたはいつも機嫌が良いですねえ。世界平和に貢献できそうです。むかつくこととか、ないんですか。

今は何も思いつきません。ネガティブなことはブロックするようにしていますから。

Q あなたはインターネットすらしていないとの噂があります。

いいえ、インターネットは宿題をするのに使っていますよ!



ちなみにノースカットにはTwitterアカウントもInstagramアカウントもあって、何万ものフォロワーが付いているというから油断ならないのだが、とはいえたしかに、「この人はネットを使っていないのでは・・・」と思わせる浮き世離れした雰囲気はある。それでいてこの人、UFN80ではファイトマネー4万ドル、勝利ボーナス4万ドル、合計8万ドルを得て、大会出場選手中の最高給選手だったと言うからやはり油断ならぬ。これを見たネイトがへそを曲げるのはよくわかる。プロモーション先行の選手にありがちな、キャラ作りの薄っぺらさが目に付いてしまうノースカット氏、当面はうるさ型のファンのツッコミの標的になり続けそうだ。


*****

いやはや、RIZINはもう明日に迫っているんですね〜日が経つのは早いわ・・・早く残務を片付けないと、ゆっくりテレビも見れませんよ。さて、思えばRIZIN関連のこれまでの記事や発言の中で、個人的に一番心に残っているのはこれであった。

RENA:・・・ちょうど『RIZIN』の記者会見で髙谷裕之選手と同じテーブルだったんですね。だからちょっと聞いてみようと思って、オープンフィンガーってどんな感じですか? ダメージ強いですか?って聞いたら「街中でさ~、ケンカしたことある?」って普通に聞かれて、えっ、いや、ないです!って(笑)。「まあ、あれに、アンコ付いてるようなもんだ」って当たり前な感じに言われて、やっぱ、総合でやられてる選手はすごいなーって(笑)。(ソース:Livedoor News



チグハグで素直なケミストリーが、なーんかいいなあ〜 オレも、総合の選手ってすごいんだなと、これを読んで改めて思いました。今後、高谷のインタビューは、若い女子に担当していただくに限るのではないかと思った次第。


**

アンデウソンFight Pass進出の背景


UFCが2月27日開催のUFCロンドン大会のメインイベントを、「マイケル・ビスピン vs. ゲガール・ムサシ」から、「ビスピン vs. アンデウソン・シウバ」に変更した。ムサシは負傷しているわけではなく、セミファイナルに登場の予定。Fight Pass専用大会でもあるロンドン大会のチケットはメインイベントに「ビスピン vs. ムサシ」を発表していた時点で発売され、即日ソルドアウトとなっているため、観客動員をこれ以上強化する必要はなく、今回のカード変更はUFCが取り組み始めているFight Pass強化策の一環であるとみられる。「アンデウソン vs. ビスピン」であれば、普通にPPVで30~40万件は売りそうなカード。この大会だけで見ればとても収支が合うようには見えないため、米MMA記者のタイムラインでは、Fight Pass値上げへの序曲では・・・?という声も聴かれる。

UFCではまた、1月17日のボストン大会でも、米国Fox Sports 1の放送時間を5時間から4時間に短縮してまで、Fight Passオンリーのプレリムカードを5試合に増量、ティム・ボウシュやイリール・ラフィティ、ダロン・クルックシャンクら、メインカードに出たこともあるような選手の試合を配置している。

なおアンデウソン・シウバについては、3月開催のブラジルでのPPV大会で、ヴィトー・ベウフォートと対戦するとの見方が強かったが、今回の発表により、ヴィトーの次戦はルーク・ロックホールドのタイトルに挑戦することが濃厚となったとの見方がもっぱらだ。ミドル級をはじめとする、こうしたUFCのタイトル戦線の総まとめは、ちょうどいま、MMA Unleashedにまとめてあるので参照されたい。

*****

オブザーバーによると、UFCがコナー・マクレガーの次の対戦相手についてのファン投票を行ったところ、ジョセ・アルドが得票率39%、フランキー・エドガーが37%、ハファエル。ドスアンジョスが20%だったのだそうだ。

*****

地元アイルランドでセンセーションを巻き起こしているコナー・マクレガーではあるが、必ずしも全員がもろ手を挙げて応援しているというわけでもなさそうだという話。Bleacher Reportから。

アイルランドではほぼすべての人がマクレガーのことを知っている。道行く人に無作為にマクレガーのことを知っているか尋ねてみれば、ほぼ間違いなく表情豊かに反応してもらえるだろう。バーテンダー、タクシー運転手、ホテルのベルボーイ、誰もがマクレガーを知っている。マクレガーは地上波テレビにも出演しているし、アイルランド最大のメディア企業も、いま最も有名なのはマクレガーだと太鼓判を押している。

しかし、アイルランド人の中にもマクレガーに対する気持ちに大きな溝が出来ている。MMAファンの若者は、マクレガーのことが大好きだ。配管工の惨めな生活から抜け出して、名を成した英雄なのだ。もともとアイルランド人はファイターに弱い。パブでマクレガーの名前を叫べば、熱心なサポータたちの大合唱が始まることだろう。

一方で年配の人たちはマクレガーのことを余り良く思っていないようだ。35歳~40歳以上の人にとっては、マクレガーの自己PRが好かれていない。もっと謙虚な人が好きなのだ。たしかにアイルランドのスポーツヒーローは、謙虚であまり自己主張しない人が多い・・・

72歳のFrancis Curranさんは、マクレガーのことは知っているが、マクレガーの振る舞いはあまり好きではないと言う。「一度やられればいいんだ。ただやられるだけでなく、こっぴどく叩きのめされるといい。ヤツが負けるところを見たい。一度地に落ちて、そこからもう少し謙虚になってやり直せば良い。モハメド・アリもそうだった。誰でもいいから、マクレガーを倒して欲しい」・・・



*****

RIZINに関してはどうも醒めたままで今に至ってしまった。オレ流見所でもまとめてみようかとも思ったが、カード表を眺めてみても思いつくことはほとんどない。PPVは買わない。フジテレビがあれだけ放送してくれるなら、それをチェックするだけで、見る前からもうお腹いっぱいで、なんならちょっと気が重いほどだ。ここまでのビルドアップで、いろいろ不思議なことはあった。どうしてあんな70年代のヘビメタバンドみたいなロゴにしちゃったんだろうとか、高田延彦氏がもはや「カード発表おじさん」にしか見えなくなって困っているとか(高田氏をテレビで見るたびに、周囲がキョトンとしてしまうようなカードを所構わず発表しはじめるのではないかと心配になるのだ)、「RIZIN FIGHT CLUB」ではなく「FUJIYAMA FIGHT CLUB」なのは何故なんだろうとか(リスク管理なのかもしれないね・・・ザワザワ)。茶々ばかりいれているが、もちろん大成功を収めていただきたいとお祈り申し上げているし、大会はじっくりと拝見するつもりだ。大晦日はTBSとフジとMXの3つの同時録画をどうしようと困っていたのだけれど、MXのREAL FC中継は直接の裏番組ではなかったので、年明けにゆっくり観戦できそうだ。


**

米MMAユニファイドルールに階級変更の動きあり


カリフォルニア州アスレティックコミッション(CSAC)が「ウエイトカッティング・サミット」なるカンフェランスを開催、選手の行きすぎた減量を食い止めるべく、すでに施行されている点滴禁止などの措置に加えて、より自然な体重で試合が出来るよう、階級変更を提案していくことを明らかにしている。CSACが提唱する階級は115、125、135、145、155、165、175,185、195,205、225、265の全12階級。これまでと比べると、170パウンド(ウエルター級)が無くなっている。

CSACではこの案を、来年夏の全米ボクシングコミッション(ABC)に提案する予定で、了承されればMMAユニファイドルールが変更されることになる。なお、ユニファイドルールが変更されても、直ちに全米各州のアスレティック・コミッションが同調する必要は無く、また同調するとしても、各州でのルール改正手続きには一定の時間がかかることになりそう。さらに、このルール変更をUFCをはじめとするプロモーターが強制的に受け入れなければならないという仕組みにもなっていない(現在でもUFCは、ユニファイドルールに定められているすべての階級を実施しているわけではない)。ただしUFCのマーク・ラトナーやジョー・シルバは、この変更案にどちらかと言えば好意的なコメントを出している。

UFCでは10月から点滴禁止ルールを実施しているが、ジェフ・ノビスキー氏によると、点滴禁止以前は、試合の1週間前の選手は平均で契約体重の8%増しの体重で現地入りしていたが、禁止以降はこれが 5%増しでの現地入りになってきているのだという。減少幅は平均で5パウンド(2.2kg)になっているそうだ。

たしかに、あまり減量するなと言われても、現行のおおざっぱな階級幅では大きな減量しないと仕方ない選手もいるであろうことから、長い目で見れば、階級分けが細かくなっていくのは避けられない動向なのかもしれない。ただ、あんまりたくさんの階級にたくさんのチャンピオンがいると、タイトルマッチの値打ちが下がってしまうような気もするのは痛し痒しだが・・・

おりしも、One FCも「水抜き減量禁止」ルールを発表している(リンク:格闘技徒然草殿)。先般の痛ましい事故を踏まえてのことかとは思うが、これをどうやって選手に徹底するかは別問題であろう。限られたスタッフで完璧な運用を期すことには無理があるが、かといってあまりに穴だらけだと、悪用する選手が得をする結果になりかねない。

*****



Apple TVはどうでしょうね。スマホからテレビに飛ばしてる人や、いわゆるスマートテレビで見ている人や、ゲーム機で見ている人も多いんだろうと思うのだけれど、どういう風にするのが使いやすくて、お金をかけずに済むんでしょうかね。こういう情報は一回まとめておかないといかんと思ってはいるのだけれど。僕はFightPassは、普通にパソコンの画面で見るか、パソコンとテレビをHDMI接続して大画面で見ていますよ。

*****

恥ずかしながらいまごろ気がついたのだが、華名がWWEのNXTでASUKAとしてデビューしていて、その動画を検索して確認したところ、これがメチャクチャ楽しい!まったく臆することなく、ノビノビと戦っていて、青い目のファンを完全に手のひらに載せているし、カネの匂いもプンプンだ。ちなみに、完全にベビーフェイス人気である。技術的にはこれくらいのことが出来る子は日本の女子プロレスラーにはいくらでもいるように思うが、とにかくこの肝の座り方は半端なく、胸が躍る。

*****

ヤーブローさん死去 98年PRIDEにも参戦(日刊スポーツ)

メキシコの名レスラー、リスマルクさん死去 66歳(日刊スポーツ)

******

僕はこれで、少しはブルーな気持ちも晴れましたよ。

Elvis Presley, Martina McBride - Blue Christmas

Bruce Springsteen & the E Street Band - Blue Christmas


「マクレガー vs アルド」、ブラジルでは早朝4時半に視聴率20%を獲得


レスリングオブザーバーによると、UFC194で行われた「コナー・マクレガー vs. ジョセ・アルド」の試合は、ブラジル地上波GLOBOではニアライブで朝の4時半というひどい時間に放送されたにもかかわらず、視聴率20%、占拠率50%というクレイジーな成績を達成したのだそうだ。ちなみにブラジルのMMAマニアはおおむね、Combateという有料専門チャンネルを通じてライブ中継を見ているらしいので、地上波でのこの数字は、マニアが寝静まった頃の一般層がたたき出したということになる。日本でいえば、サッカーワールドカップやオリンピックと同じくらいのインパクトだということなのだろうか。但し、ブラジルではこういう時間に国際スポーツ中継を見ることに慣れている人が多いとの説もあったりする。

*****

レスリングオブザーバーによると、UFCではFight Passの値打ちをアップさせるため、今後はメインカード級のカードをFight Passにも投入していくのだそうだ。その第1弾が1月2日開催のUFC195で試行される。この大会でNo.3かNo.4に位置づけてもよさそうな「ダスティン・ポワリエ vs. ジョセフ・ダフィー」が、Fight Passオンリーのプレリムカードに配されているのだ。確かにこれは、ファンならチェックしておいた方がよさそうなカードである。なおUFC195のFight Passプレリムには田中選手も登場する。また金原選手は米国ではFS1(日本ではFight Passで観戦できる)で放送されるプレリムの大トリに配されている。

*****

11月21日に行われたプロボクシング「サウル・アルバレス vs. ミゲール・コットー」のPPV売上件数が、アルバレス人気を受けて90万件に上ったことがHBOから発表された。メイウエザー、パッキャオ、デラホーヤを除くと、PPV売上が90万件に達したのはマイク・タイソン以来のことだという。ちなみに2015年のボクシングのPPV成績は、1位がもちろん5月に行われた「メイウエザー vs. パッキャオ」(これまでの集計で、売上件数が実に460万件となっているのだそうだ)、2位がこの「アルバレス vs. コットー」、3位が9月の「メイウエザー vs. アンドレ・ワード」の40万件だったというから、若いプロボクサーの中では今のところ、サウル・アルバレスが稼ぎ頭ということになりそうだ。来年のアルバレスには、同じく人気上昇中のロシアンボクサー、トリプルGことゲンナジー・ゴロフキンとの対戦実現が期待されているとのことだ。

2015年のUFCには、次のようなヒットPPVがあった。
• UFC 182: Jones - Cormier 80万件
• UFC 189: McGregor - Mendes 82万5,000件
• UFC 190: Rousey - Correia 90万件
• UFC 193: Rousey - Holm 110万件
• UFC 194: McGregor - Aldo 105万件~125万件

*****

UFCが公式サイトが、「Locker Room Cams」という特設ページを設けている。これはPPVイベントのメインイベント出場選手の控室のライブ映像を垂れ流すというもので、「UFC189:マクレガー vs メンデス」大会以降実施されている。UFC194では、敗者ジョセ・アルドがチームメイトと一緒にソファーに腰掛け、ひたすらぐったりと落胆している映像が、天井に取り付けられたカメラから無音で流されていた(現在は視聴できなくなっている)。この残酷な映像には、アルドがこのスポーツにどれだけ熱心に取り組んでいるのかがよくわかった、などと好意的な評価がある一方で、さすがに負けた人の控室をのぞき見るのは品が無いのではないかと指摘する向きもあり、賛否が巻き起こっている。ちなみにUFC193の敗者、ロンダ・ラウジーの試合後の控室映像は配信されなかった。控室のカメラはもちろん、選手了解の上で設置されているのだそうだ。MMA Junkieによると、UFCが今後ともロッカールームカメラを継続するかどうかは不明であるという。

*****

狂者か、改革者か。異端の格闘家・青木真也の流儀(NewsPicks)
ふふ、ライター青木が始動している!負けフラグ?
常見○平よりよほど読ませることは確かだ。


毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update