「ビスピン vs アンデウソン」堪能の巻


マイケル・ビスピン def アンデウソン・シウバ

いやはや、いろいろ盛りだくさんで楽しい試合でしたね。

元々このロンドン大会は、メインイベントが「ビスピン vs. ゲガール・ムサシ」と発表された段階で、チケットが25分で売り切れていたのである。そこに”ムダに”といってもいいほどに追加投入されたこの豪華カード。そこにはFight Pass拡販戦略もあったのだろうけれども、大会前のダナ・ホワイトが「これはビスピンの非公式タイトルマッチなんだよ」と語っていたとおり、ビスピン感謝祭の意味合いもあったのである。

ビスピンはこれまでに3回、「この試合に勝てば、アンデウソンのベルトに挑戦できる」という試合で負けてしまい、その結果いまだにタイトルに挑戦したことがない。ビスピンが負けた3人というのは、チェール・ソネン、ヴィトー・ベウフォート、ダン・ヘンダーソンで、いずれもTRTユーザーだったのである。TRTは当時は違法ではなかったのではあるが、見方によってはビスピンは、ステロイドの犠牲になっていたとも言えるのだ。

だからこそビスピンにアンデウソンと戦わせてやりたい、と思う人が多かったからこそのマッチメークだったのだろうと思うのだ。そしておそらく、薬物検査失格による出場停止明けで、今回こそクリーンなはずのアンデウソンにビスピンが勝ったというのは、ビスピンのキャリアストーリーとしてとても美しいではないですか。ハッピーエンドっぽいというのか、この後どうするつもりかな、とは思うけれど。

とはいえアンデウソンもさすがというか、まことに恐ろしいジジイである。まもなく41歳、2年ぶりの試合、そして薬抜きということもあって、さすがに最初の2Rくらいまで、ビスピンのパンチを受けてダウンするシーンもあり、ああ、もうダメかな、なんだか反応が遅いように見えるよな、と思わせたけれど、3R終わり、強烈な跳びヒザ蹴りでいったんはビスピンをKO。これはビスピンがゴングに救われる格好になって試合は続行されたものの、その後4R、5Rと、アンデウソンは尻上がりに調子を上げ、試合が終わってみれば涼しい顔のアンデウソンに対し、ビスピンの顔面はゾンビに食いちぎられたかのように真っ赤に血に染まっていたのであった。

かつての「猪木 vs 天龍」戦では、最後は天龍がパワーボムで勝つのだけれど、試合序盤に猪木のスリーパーで天龍が長々と落ちるという前振りがあり、試合は天龍の勝ち、でも本当は猪木の勝ち、と言う印象を作りだしていたものである。今回の試合もまさに、あの3Rの戦慄のノックアウトシーンのおかげで、喧嘩ではアンデウソンの勝ち、でもゲームではビスピンの勝ちというふうに見える試合であった。

試合後のアンデウソン、ビスピンとお互いをたたえ合い、インタビューでは英語で「ロンドンの友人の皆さんありがとう」などと淡々と語り、さすがに40歳にもなると、もはや勝ち負けに頓着はしないのかな、と思っていたら、そのあと誰にも分からないポルトガル語で、こんなものは自分の判定勝ちのはずだ、ロンドンのジャッジはブラジルのジャッジと同じくらい腐りきっている、などとニコニコしながら悪態をついていたらしいから、まだまだ気持ちも若いようだ。

Fight Passはアクセスが殺到したのか、僕の環境では今回さすがに一度、ストリーミングに問題が発生した。ちょうど中村の試合前に絵が止まってしまい、動き出したときには3R目になっていた(追いかけ再生ですぐに最初から見れたけれど)。中村のオモプラッタ、かっこよかったですね。腕を引っこ抜いてやれや、と必死で念を送ったのだけれど、思えば追いかけ再生だったから無意味だったですね。

*****

コナー・マクレガーとネイト・ディアスの記者会見ビデオ、楽しかったな〜楽しめる方はなんとしても見るべき。全文訳して紹介できればいいんだけど、この頃は余裕がなくてねえ・・・デイブ・メルツァーは、プロレスラー、プロレス作家は全員これを見て勉強しなさいと論じていましたよ。これぞ、試合前の記者会見ですよ。


VIDEO: 68-year-old woman gets knocked out by opponent in her MMA debut (BloodyElbow)
ここまで来たのか!MMAの極北、68歳の女性がMMAデビューしTKO負け!


ベラトール、下ネタだらけの『男祭り』!ズンドコの果ては心肺停止の緊急事態■MMA Unleashed
2016-02-26
タイトルを付けたのはサイトーさんです。タイトルに吹いた。



*
スポンサーサイト

よくもドタキャンなんてできるよなあ・・





Conor McGregor to meet Nate Diaz at UFC 196 (MMA Fighting)

前回のアルドと言い、今回のRDAといい、格闘技の練習にケガは付きものなのかもしれないけれど、日本人的感覚から言えば、それはもう、ケガをした人の不徳の致すところではないのかなあ。ケガをしないように練習をするのも仕事のうちではないんですかねえ。サラリーマンだって、風邪をひかないのも仕事のうちだと教わるよねえ。とくにこれほどのドタキャンとなると、それだけでもう、不戦敗でベルト移動でも良いような気がする。そうでないと、なーんかケガをしたヤツがトクしているような気がするんだよな・・・

大舞台を任された男が試合直前に穴を空けるというのは、よくも平気でそんな決心がつくよなあと、逆に何だか感心しませんか?僕なんか、締切1日延ばしてもらえませんか、程度のことが怖くて全然言えませんよ。それも頭おかしいかな。「自分はアスリートですから」と澄ましている人って、逆にものすごく図太いと思うわ。それともアスリートとしてはやっぱりそれで正解なんですかねえ。

エドガーもアルドもショートノーティスでの代打出場を断ったと報じられる中(ちなみにアルドは、いつなんどきでもマクレガーと戦う、とつい最近、自分で啖呵をきっていたのですよ、みなさん)、フェザー級王者のマクレガーがこともあろうに170パウンドでの試合を受けたというのは、こんなものはUFC史上見たことも聞いたこともない話、ミノワマンもびっくりの、ある意味リアルガチのスーパーハルク。こんなスーパーマンのようなマクレガーの対戦相手としては、もうアルドとかRDAではつまらないので、UFC200ではいっそ、「マクレガー vs ローラー」「マクレガー vs GSP」でいいんじゃないか。

いつもカネのことで文句たらたら、つねに今にも引退しそうなネイトも、こういうところにスッと出てくるというのは、ちゃんと分かっていますね。うれしいですね。



***

UFCファイトナイト・ピッツバーグ大会感想


UFCファイトナイト・ピッツバーグ大会をFight Passで観戦。

デニス・バミューデス def 川尻達也

川尻、例によって日本人ファイターらしくなく、騙し合いなら負けなさそうに見えるのが頼もしい。この試合も3Rにわたって、川尻っぽい印象の試合に引きずりこんでいたと思うのだけれど、そんな川尻のゲームの中で、試合後半にかけて、じりじりとバミューデスの若さと体力に押し返されてしまったように見えた。ふうむ、やっぱり一定のランキング以上の選手というのは確実に強いんだなあと再認識。もちろん残念だけど、なんだか後味はスッキリとしている。

ドナルド・セラーニ def アレックス・オリベイラ

メインイベントのカーボーイ対決では、毎度お馴染み流浪のファイター、ドナルド・セラーニが、若い相手の打撃をしばらくお手並み拝見とばかりにかわした後、急にテイクダウンを取ったと思ったらあっという間に三角締めでフィニッシュ、まるで若手レスラーをかわいがる藤原喜明のような熟練のパフォーマンスであった。この人はやはりラスベガスでのタイトルマッチより、パンツ一丁で地方都市を回って、客を確実に湧かせて賞金稼ぎをする姿がよく似合う。来月あたりに誰かの代打で次の試合をしていても不思議ではないだろう。

セラーニ、試合後インタビューで
「痛い目にあいたい?ならいい男を知ってるぜ」

*****

UFC Fight Passの担当役員、エリック・ウィンターが、ネット番組MMA Hourに出演している

Q Gloryとエディ・ブラボー・インビテーショナル(EBI)という、MMA以外の格闘技コンテンツがUFC Fight Passに追加されました。このような取り組みは今後も続けていくつもりですか。

いま我々は9団体のライブ中継を行うようになった。1月から5月まで、Fight Passでライブ中継がない週末は3回しかない、というところまできている。まずはGloryとEBIをしっかりと成功させることが先決だが、将来的にはMMAに関連する各種の格闘技へと手を広げていきたいと考えている。

Q UFCの将来はPPVからFight Passに移行していくのでしょうか。

そうではない。PPVはまだ成長している事業だ。Fight PassはUFCの売上源のひとつだと考えている。

Q 最近のFight Passでのアーリー・プレリムのラインアップを見ていると、だんだん豪華になってきていることが感じられます。

私はもともとPrideもUFCも大好きだったので、実はUFCに入社して一番の役得は、火曜日の朝のマッチメーク会議に参加できることだった。そこで話を聞いていて、なぜこの選手がメインイベントなのか、なぜ選手Aと選手Bが戦うのか、ようやく私にも仕組みが分かってきた。そこで私も近頃は、Fight Pass用のアーリー・プレリムのカードについて、自分の意見を言えるようになってきたんだ。UFC195で「ダフィ vs ポワリエ」をFight Passで組んだのは、私の意見だった。Fight Passはファンに借りがある、ファンにお返ししないと行けないと私は思っているんだ。

Q 検索機能やユーザーインターフェイスの刷新の話はどうなっていますか。

UFC.tvとFight Passが古いシステムで運営されていることはわかっている。ずいぶん時間がかかっているが、刷新作業は進めている。検索がロクに動かないことは分かっている。私も困っているんだ。刷新はもうまもなく行う。使い勝手は10倍ではなく100倍よくなる。

Q 様々な団体と提携なさっていますが、獲得したはずのビデオライブラリーが、十分に閲覧できないようにも思われます。

今9団体と提携していて、15000時間分の映像の権利を持っている。これらをアップロードして行くには、たとえば日本に行って、VHSテープを入手して、一定の品質のものかどうかを確認し、次にこうした映像をエンコードして、メタデータを付けて、アップロードしなければならない。こうした手作業は、外部業者にも委託して、順番にやっているところだ。ライブラリは毎週のように増加しているから、期待して待っていて欲しい。

Q 今週末の「アンデウソン・シウバ vs. マイケル・ビスピン」は、Fight Pass史上、最大のアクセス数になるでしょうか。

今私が心を砕いているのは、この試合を、技術的に最高の状態でお届けすると言うことだ。新規加入も大きく増えているからね。


*****

●コナー・マクレガーとUFC首脳陣の不仲説が噂され、試合も近いのに意外なほどマクレガー戦のプロモーション活動が目立たないような気がする今日この頃、マクレガーのインタビュービデオがSevere MMAというマイナーサイトに登場していて、どうにも都落ち感がぬぐえない。いまごろはアメリカの全国ネットのテレビとかに出ていても不思議ではないはずだと思われるが・・・。ちなみにこのインタビューでマクレガーはUFC首脳陣との不仲説を一蹴している。


●プロレスの試合中にプロポーズ。これは斬新。


●RISE中継で、ボディにヒザを食らってKO負けした外人選手がゲロをぶちまけていましたよ。個人的には流血戦なら飯食いながらでも見れるけど、ゲロのシーンはすっかり脳裏に焼き付いてしまっております・・・


*

勝てない私など、死んだ方がマシ【ロンダ激白】


ロンダ・ラウジーが、アメリカ版『徹子の部屋』とも言われる『Ellen』に出演、昨年11月の敗戦後の状況を涙ながらに語った。これはもう、最近で言えば、ダニエル・ブライアンの引退スピーチと並ぶ、必見の動画である。バラエティ番組『サタデーナイトライブ』のロンダにはピンと来なかったけれど、今回のこれは見事なベビーターンというのか、これはロンダに肩入れするわ・・・



エレン 敗戦について伺いましょう。みんなも、あなた自身も、戦前にはあなたが勝つとばかり思っていたはずです。試合前に調子が悪かったとか、なにかあったのですか。

ロンダ 試合前というのはだいたいいろんな事があって大混乱していて、全てが上手くいくことなどないのだけれど、あえていえば、9か月で3度目のタイトルマッチで、疲れていたと言うことはあるかも知れない。でももっとひどい体調で試合に出たこともあったし、言い訳はできない。

エレン で、試合で打撃を受けて、効いてしまったのですか。

ロンダ 最初の攻防でもう効かされてしまって、事実上ノックアウトされていた。口は切れるし、歯は飛ぶし、その後は距離感がわからなくなった。相手のことが見えているのに見えていない感じ。自分の手がどこまで伸びているのかもわからない。目が見えないままパンチを振り回していただけ。そのことを相手に感づかれないようにするので精一杯だった。

(中略)

ロンダ 正直な話、控室の隅っこで、勝てない私に何の価値があるのだろう、死んだ方がマシなんじゃないかしら、私はもう何物でもなくなったと思っていた。ふと見上げると、恋人のトラビスがいて、ああ、この人の子どもを産まなくちゃ、死んではいられないわと思い直したけど。落ち込んでいるときに彼がいてくれたことには助かっている。

エレン あなたのような勇敢な女性からこういうお話を聞くと、私も胸が張り裂けてしまいそうです。でも弱い面も見せてくれて本当に良かった。視聴者もきっとそう思っているでしょう。正直に言ってくれてありがとう。

(後略)



*****



ベン・アスクレンがアデルの『ハロー』の替え歌&替えビデオをわざわざ制作し、ダナ・ホワイトのことをコケにしている。最高。この人がUFCにいないのは大損失。これだけ馬鹿にされて悔しくないのか、UFC!

*****

TJディラショーに続いてジョセフ・ベナビデスまでもが事実上の離脱を表明したチーム・アルファメールのコーディ・ガーブランドがネットラジオに出演、ユライア・フェイバーはドミニク・クルーズを倒して、そこで引退をするのが自分の最高の幕引きになると考えているようだと明かした。また、2月5日に行われたFighters Only誌の「MMA Awards 2016」表彰式のホストを務めたフェイバーは、あたかも自分が次の挑戦者であるかのように、クルーズと舌戦を展開していたという。

******

あえてソースは伏せさせて頂くが、UFCが米FOXとの放映契約の延長交渉をはじめたとの風の噂がある。UFCはFOXに、非常に強気な金額での更新を突きつけていると伝えられている。UFCの基本的な姿勢は、スター選手の活躍に大きく左右される、ハイリスク・ハイリターンなPPVビジネスから、より安定感の高い放映権ビジネスやFight Passビジネスに移行していくことにあるらしい(UFCには身売り説があとを絶たないが、事業体質をそのようにしておくほうが高く売れそうだということもあるらしい)。将来的には、PPVは本物のメジャーイベント限定にするのが理想型だという。

UFC事業の長期展望を占う際には、ブラジルのGLOBOとの放映権契約がどうなるのか(視聴率はあまり良くないらしい)ということと、アメリカでのテレビがFOXと更新するのか、ESPNに鞍替えするのか、というところは最重要ポイントになってくるので要注意だ。

Fight Passについていえば、アンデウソン・シウバ戦独占中継、K-1やDynamite系のビデオライブラリ全公開など、消費者から見たコストパフォーマンスはアップする一方で(予告されていたインターフェイス刷新も早くやって欲しいところだが・・・)、今後も当面はFight Pass優遇は続きそうな雲行きだ。僕はFight Passは年間契約しているけど、年契だと月額にするとたった8ドルですからね。

*****

【WSOF】KO復活の渡辺久江「RENAと再戦したい」(イーファイト)
RENA、渡辺久江、朱里と、3人の女子キックボクサーが相次いでMMAに転向するのは良いけれど、活躍する舞台は三者三様かよ!と嘆いていたので、渡辺はRIZINもあり得るときいて嬉しく思う限りである。「近くで見た時の皮膚のたるみがもう嫌で嫌で」と語る久江嬢ではあるが、それはそれでまたコクというもの、ハイビジョン画像で勝手にじっくり楽しませていただくのでお気遣いなく。

*****

一部で話題騒然、オブザーバーも激しく称賛していた新日本プロレス「カマイタチ vs. ドラゴン・リー」をテレビ観戦した。編集された地上波版ではなく、テレ朝CSチャンネルで放送していたフルバージョンを見たのだ。その結果・・・うーむ、見事になんとも思わなかった・・・もうプロレスを見るのは完全に止めるか、さすがにもう悔いは無いよな、などと思うことも多々あるのですよ。なのに急にASUKAあたりに予想以上に熱を上げてしまう自分もまだいたりするからわからない。何が自分のスイッチなのか、この辺のことは全然言語化できておらず、いまのところは思ったことをそのまま吐露しているだけの始末である。こういうのを老人というのかもしれぬ。

*****

WWEのヒールレスラーに見る「アンチ・アメリカ」(歴ログ -世界史専門ブログ-)

清原和博容疑者、プロレス参戦オファーを“ドタキャン”していた!「親しいヤクザが激怒」?(日刊サイゾー)

田村ゆかりさんの「重要なお知らせ」にファン騒然。ライブ中止、ラジオ番組も終了(Huffington Post)


**

UFN82、中邑壮行試合感想など


UFN82。ワンダーボーイ渾身のパフォーマンスでしたね〜 それにしてもトンプソンの爽快な空手殺法とは裏腹に、今回は高柳氏の実況はことさらに不快だったな。もうね、見終わった後にそれしか残らないんですよ。

Fight Pass Prelimでは、ミッキー・ゴールがマイケル・ジャクソンを秒殺、「CMパンク vs ミッキー・ゴール」が決定した。試合日時はtba。勝ったゴールに歩み寄るパンクはなぜか、息子の成長を喜ぶ親父みたいに見える。



そして敗れたマイケル・ジャクソン選手は、試合後そのまま記者席で報道に従事!そんなバカな!



*****

ドン・フライがネットラジオ番組に出演し、RIZINで高阪剛戦をオファーされたが、ファイトマネーが低すぎたので蹴ったと明かしている。レスリングオブザーバー。

RIZINとは大晦日の数ヶ月前に話をしたよ。オファーされた金額はまったく足りなかった。とういか、オファーの会話全体が人を馬鹿にしたものだった。選手へのリスペクトが足りない団体に、成功の可能性はないね。



*****

Jeremy Botter記者のTweetによると、USADAでは禁止物質HGH(ヒト成長ホルモン)を使用後21日間にわたって検出できる新型の検査を導入し始めたとのこと。これまでHGHは、使用後12時間以内でなければ陽性反応が出ないとされ、非常に検出されにくいPEDであるとされていた。

HGHの利用を自ら告白して引退したミルコ・クロコップの検査結果が陰性だったり(黙っていればよかったのだ!)、やはり利用を自ら告白したチェール・ソネンの検査結果も陰性だったり、はてはカン・リーの退団につながるなど、HGH検査結果はこれまで様々なドラマを生み出してきていた。その辺の背景はMMA Unleashedにも詳述しているが、その背景が少し変わってきそうだ、と言う話。

*****

ベラトールがセルゲイ・ハリトーノフ、引退していたクリス・レーベンと契約したことを発表している。ちなみにベラトールは、UFCとの契約が切れてフリーエージェントになっているアルジャメイン・スターリングには関心が無いそうだ。これはおかしな話である。

*****

中邑真輔「壮行試合」をワールドプロレスリングで見た。辞めていく選手をこうして温かく送り出すというのは、あまり見たことのない風景で、時代は変わったなあと痛感させられる。古い考えでは、お辞めになるのであれば、その前にオメガあたりに寝てもらって、ベルトは置いていって頂くというのがごく当たり前の流儀であるように思うのだ。このあとWWEで中邑がどんな奴に負けるか、分かったものではないと思うのだけれど、それだけ勝ち負けへのこだわりがない時代なんでしょうね。ダブルクロスで冷たく踏みにじられて、それでも四方に礼をして去って行ったAJの姿の方が僕個人的には好みではあったけれど、中邑を見守る後楽園ホールの多幸感、すでに他団体の選手である中邑をわざわざ持ち上げるテレ朝の番組作りをみていると、繰り返しにはなるが、時代は変わったなというしかない。

ところでその昔、まだ勝ち負けに意味が大きかった時代に、移籍直前にだまし討ちでWWEベルトを奪われたブレット・ハート(58)は先日、前立腺がんを患っていることを発表している。



*****

へえ、こんなこと始めるんですね。

LION’S GATE PROJECT1
2016/02/25(木) 19:00 東京・新宿FACE

**

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update