UFCもWWEも、テーマは中国市場!


レスリングオブザーバーが、WWEの中国進出作戦について報じている。

WWEでは2012年と2013年に中国で無料大会を開催、大成功だったとされているが、その後継続できていない。シェーン・マクマホンは中国でビデオオンデマンドのビジネス(プロレス関連ではない)に取り組んだが、売り上げは驚くほど低く、大赤字であったとされる。UFCもTUFチャイナをやってみたり、テレビ中継も取り付けたりはしているが、いまだにマカオでしか大会を開催できていない。もっとも今回UFCが中国資本を導入したことで、様相が一変するかもしれない・・・

WWEは6月15日に3つの発表を行った。1つは、RawとSmackdownを中国のPPTVを通じてストリーミング配信を開始すること。2つめは、現地プロモーターExpo Groupと提携し、9月10日に上海で大会を開催すること。そして3つめは、IGFのワン・ビンとの契約だ・・・

・・・WWEがリアルスポーツよりも有利なのは、作ろうと思えば中国人のスター選手を作り出せることである。とはいえ、そうしたからといって成功が間違いないというわけではない。かつてWWEはタイガー・ジェットシン・ジュニア、タイガー・アリ・シンと契約したが、インド市場を開拓できたわけではなかった・・・

6月28日開始のストリーミング配信では、RawとSmackdownのほか、PPV大会も数日遅れで配信するという。最終目標はWWE Networkを中国でサービス開始させることだ。これまでもWWEは中国でテレビ中継はあったが、3週間遅れでRawの1時間短縮版を放送していたに過ぎなかった。

HHHとジョン・シナが上海で記者会見を行った・・・・シナはここ数年、広東語を勉強しており、記者会見では広東語で話していた。



One FCのヴィクター・キュイCEOが、UFCは中国資本を導入したからと言って中国市場で成功するとは限らないと憎まれ口。MMA Fighting

中国企業が外国企業に投資をするのは、アジアの外に事業を拡大したいからだ。彼らの目標はそこにあるのであって、中国で成功する手助けをするために出資をするのではない。そんなことには興味がないんだ。だって中国市場ではもう成功しているんだから、いまさら外国の企業に助けてもらう必要はない。



ONE Championship's Asian Fighters Have Very Different Stories, But Share Common Bond As Local Heroes (Forbes)
そのOne FCといえば、Forbesに長い紹介記事が掲載されていた。記事の中では、Oneが今後12~18か月間で企業価値10億ドルに達する見通しだというチャトリ・シットヨートン会長の言葉が紹介されている。UFCが40億ドルであることを思うと、Oneが10億ドルだというのは正直失笑ものだとは思うが、まあ、あくまで個人の意見なのであろう。

ここでひとつ、かねて感じていることなのだけれど、Oneの紹介記事はときおり、こうした主流派メディアに載っていて、一見ずいぶん立派なのだけれど、問題はすべからく内容がインフォマーシャル的というのか、大本営発表的なものばかりで、全然おもしろくないということである。おそらく濃密に原稿チェックを入れているのか、あるいは自社で書いているんじゃないかという気さえする。Oneはもう結構長年やっているけれど、実感として少なくとも日米ではプロモーションとしての人気も認知度もは上がってきていないし(日米は彼らのターゲット市場ではないのかもしれないけれど)、生え抜きのスター選手といえばアンジェラ・リーくらいしか思いつかないし、せっかくベン・アスクレンや青木真也がいるのに、彼らが東南アジアのどこかの国で人気爆発しているという報道も目にしない。プロモーターなのに、プロモーション活動が苦手なのではないか、という風にも見えるほどだ。大会の年間スケジュールを、何の断りもなくしれっと無視するのは、10億ドル企業にあるまじきことだ。次回大会はAbemaされるのだろうか。その辺もつねによくわからない。



WWE® Cruiserweight Classic™ to Premiere on WWE Network Wednesday, July 13(WWE公式)
WWEクルーザー級クラシック、7月13日スタート。うーん、食指をそそられますねえ、これは。



スカイAでやっていたキックボクシングの『RISE』中継を見ていますが、みなさん、番長兇侍 (ばんちょう・きょうじ)という選手の試合を見た方がいいですよ。山っ気のあるときのディエゴ・サンチェス、ガルシア・ゾンビ戦、高山・フライ戦あたりが好きな人は、無理矢理探し出してでも見るべき。見事にあっぱれ、心晴れ晴れ。よし、オレも一発、がんばって仕事するか、と思えますよ。



ほほお、イギリスのプロモーションで8月12日に実現。

576f8e9bd1606_290x1_fill.jpg





スポンサーサイト

UFC売却完了か / UFC公式ポッドキャスト第1弾の内容


FloCombat等の報道によると、UFC売却は完了した模様。UFCではなぜか火消しに躍起で、ゴシップサイトTMZが「UFC売却はガセ」と報道。近年めっきりメディアコントロールがタイトなUFCが、とうとうTMZしか頼れなくなったように見えるのはやや悲しい。

入札を勝ち抜いたのは大手芸能事務所William Morris Endeavor-IMG、中国の不動産業Daian Wanda、中国のネットポータル運営Tencent、米スポーツフランチャイズのオーナー企業Kraft Groupの4者からなる合同チーム。落札金額は42億ドルで、発行済み株式の100%を買収。もともとフェルティータ側は、40億ドルの提示があれば売却をする心つもりだったとされるが、その金額を超えた入札が2件あったとのことだ。

売却前の株主構成は次の通りであった。

71.89% Ferttita Business Management LLC
9.98% January Capital (Flash Entertainment Abu Dhabi)
8.09% The Dana White Family Trust
4.49% The Frank Ferttita lll Family Trust
4.49% The Lorenzo Ferttita Family Trust
0.90% The Dana & Anne White Irrevocable Trust
0.15% Zuffa Pipco LLC

社長の座にとどまると見られるデイナ・ホワイトは、いったん持ち株を売却、およそ3億5000万ドルを受け取った上で、新オーナーから一定比率の株式の付与を受ける見通し。

制作や広報の社員に異動の予定はなく、マッチメーカー(ジョー・シルバ、ショーン・シェルビー)も留任、少なくとも当面はファンの目にはこれまでと変わらない形で運営されることになりそう。

ロレンゾ・フェルティータは退任し、ロレンゾのポジションにはゲイリー・クックが就任の見通し。WMEのCEOアリ・エマニュエル氏もおそらく非常勤で経営に参画するものとみられる。

中国資本の参画を得て、新オーナー軍団の大きな目的は、UFCの中国本格進出であるとされる。

正式発表はUFC 200が行われるインターナショナル・ファイトウィーク中に行われる見通し。

フェルティータ兄弟は2001年にSEGからUFCから200万ドルで買収。それ以来15年で企業評価額を実に2000倍にして売り抜けたことになる。

*****

UFC公式のポッドキャスト『UFC Unfiltered』が配信を開始している。コメディアンのジム・ノートンとマット・セラがホストを務め、第1回配信分ではデイナ・ホワイトをゲストに迎えている。最近は記者会見にも姿を見せず、囲み取材にも応じないデイナの強烈な言いっ放しが久々に耳にできたことは嬉しい限りだ。1時間にわたり、最近の話題について浅く広くコメントしている。いくつか、興味深かった発言を紹介しておこう。

(ヒョードル vs. マルドナドについて)
レフリーはヒョードルを殺すつもりなのかな。まあ、ヒョードルがそれだけ頑丈で、気持ちが強いことはよくわかった。ヤツは失神していたよな。あんな風にクレイジー・レッグになりながら、なお打撃を受けて、どうにか生き延びた。まあ、見ている分には面白い試合だった。

(ヒョードル本人は、UFCとの契約も間近だ、と語っていますが)
交渉自体はもう長年やっているんだよ。ファイトパスの視聴者数は良かった。まだヒョードルへの需要があることは分かった。それにしてもこの大会は長かったな。700試合くらいやっていたんじゃないのか。参ったよ。

(「マイケル・ビスピン vs. ダン・ヘンダーソン」リマッチの可能性は)
ダンヘンの試合はUFC 199でベストファイトだったかもしれない。ワンパンKOの威力のある2人の殴り合いはすばらしかった。ダンヘンがタイトル挑戦というのはずいぶん飛び級にはなるのだが、実際にトップコンテンダーはけが人ばかりなのが現状だ。ジャカレイもワイドマンも怪我をしている。ロックホールドは負けたばかりだ。だからダンヘンの線も否定はしきれない。

(会社売却の噂は本当なのですか。我々の仕事はなくなったりしないですよね)
あのな、社員が450人もいるんだぞ。会社にとって非常に大きなことが起きていることは確かだ。ただし私のために働いてくれている人は、仕事の心配などしなくていい。

(ということは、あなたは会社に留まると言うことですか)
そんなことは心配せんでよろしい。そんなことより、心配しないでしっかり仕事をしてくれ。言っておくが、報じられていることには何の根拠もないぞ。

(「スティーブン・トンプソン vs. ローリー・マクドナルド」について)
この試合が退屈だったと文句を言っているヤツらがいる。あの試合が分からないヤツはもう格闘技を見なくてよろしい。精神がどうかしている。カネなら返す。どこへでも行ってしまえ。いいか、空手の名人トンプソンの、テイクダウンディフェンスのうまさ、マクドナルドのあの頑丈さがわからないヤツなど、話にならん。マクドナルドの鼻は、練習でも何回か折れているのだそうだ。5ラウンド、マクドナルドは鼻をむき出しにして攻め込んでいった。トンプソンはあらゆる角度から鼻を打ち抜いた。どれだけタフなんだという話だ。

(ドナルド・セラーニがファイトマネーに不満を漏らしている件について)
今回ヤツは、フリーTVのセミファイナルで、ゲート収入90万ドルのなかから20万ドルを持って帰ったんだぞ。いったいいくら稼げると思っていたんだ。ヤツとは話はしたよ。半分冗談だったと言っていたさ。セラーニはタイトルも取っていないし、試合内容にもムラがあるんだよなあ。

(アリエル・ハレワニ記者について)
ヤツはファンから楽しみを奪うことがジャーナリズムだと思っているようだ。ヤツはカメラの前で泣いたりして、憐れな独りパーティをしたようだが、ブロックの件ではヤツの知らないところで多くの人が関わっている。情報が漏れると、重要なコネクションが損なわれてしまう可能性だってあるんだよ。WWEだってブロックを貸し出してくれているんだ。そういうことを彼は何も分かっていない。ヤツはジャーナリストではないんだよ。ただのウェッブサイト・ガイだ。これは我々の問題ではないぞ。ヤツの問題なんだ。



*****

民進党・野田前首相、応援演説で呼び掛け「安倍政治は白鵬の相撲」(スポーツ報知)

野田氏の挑発を聞いていると、むしろ安倍首相の強さに興味が湧いてくるな。


***

幻の一戦、「キンボ・スライス vs. 鈴川真一」の裏事情


●UFN89オタワ大会、「ローリー・マクドナルド vs. スティーブン・トンプソン」では、トンプソンの空手スタンスの前足をすくい取るように足関を狙うマクドナルドの動きを、解説のケニー・フロリアンが繰り返し「イマナリ・ロール」と表現。UFC解説者がとくに説明も加えずイマナリの名前を連呼しているのを見ていると、ちょうどWWEを見ていて、日本ですら普通に「脇固め」と呼ばれる技を、ガイジンアナウンサーが「フジワラ・アームバー」と連呼してくれるのにも似た感慨を抱くのであった。

マクドナルドはこれでUFCとの契約がいったん終了したはずだが、連敗で契約満了してしまったというのは、更新交渉には不利な材料になってしまいそうだ。本人は他団体のオファーも見てみたいとしているから、ベラトール行きの可能性がある程度は高まったと言えるのではないかと思う。まあでも、UFCが手放さないかな。


●EFN 50「エミリャーエンコ・ヒョードル vs. ファビオ・マルドナド」。ヒョードルの悲しい試合。どんなに攻め込まれてもレフリーが試合を止めることができない様子は、HEROS時代の桜庭を思い出す。ヒョードルはUFC入りが近い、などとも報じられているけれども、別にこの試合を見たから言うわけでは無いけれど、ヒョードルはもう、しんどい道は選ばないと思うな。ここ数試合の彼の選択を見ていれば、明らかなことだと思う。UFCと交渉している、と自ら明かすのは、Rizinへのブラフではないのかな。正直言ってRizinでも、もうそんなに見たい選手ではないですけどね。

この大会で興味深かったことは、1つには演出の豪華さだ。会場を覆い尽くさんばかりの巨大な蜘蛛女が天井から降りてくるなど、かなり不可解な成金趣味ではあるものの、有無を言わせぬものを感じたことは確かだ。それと、Fight Passの中継を担当していたロシアなまりの英語アナウンサーの、恐ろしいまでのシュート実況も気になった。いわく、「マルドナドは何故反撃しないのでしょうか!このオクタゴンでは何が起きているのでしょうか!」「マルドナドは疲れたのか、それともレジェンドを倒したくないのか」(試合終了後、判定結果が読まれる前に)「ヒョードルが負けたことは明らかですが、判定では勝つでしょう」(勝利宣告を受けたヒョードルに対して)「ヒョードルは誇りに思う理由は何もありません」

*****

レスリングオブザーバーが掲載したモハメド・アリ追悼記事の中からトピックスを紹介。

・天才ボクサーにして、プロモーションの神ともいわれるモハメド・アリは、実は知能指数(IQ)が78しかなかったという。IQの低さのため、アリは1964年にいったん、兵役を免除されている。その2年後にアリが徴兵されたのは、IQの徴兵要件が引き下げられたためである。もちろんアリは、徴兵を拒否し、ベトナム戦争には参加していない。

・「猪木 vs. アリ」の当初のアイデアは、猪木が大流血し、猪木の選手生命を案じてアリが攻撃の手を緩めたところに、猪木が延髄斬りを決めてピンフォール勝ちするということになっていたらしい。アメリカ人から見れば、アリの人としての優しさという新しい面が際立ち、日本人から見れば、大流血にも耐えて強敵に逆転勝ちした猪木、という評価を狙ったものだったという。いったんこのように決まっていたシナリオを覆したのはアリだったという。これは、オブザーバーにはそう書いてありましたよ、というご紹介である。当時の猪木はまだ延髄斬りは使っていなかった気もするが。

*****

レスリングオブザーバーが掲載したキンボ・スライス追悼記事の中からトピックスを紹介。

・キンボ・スライスがプロレスに出場するとの話を聞いたことは1度しかなかった。2011年2月5日、IGFでの鈴川真一戦がそれである。この話が流れたのは、キンボ側の鈴川に対する不信感のためであった。鈴川はマーク・コールマンとのワークト・マッチになるはずだった試合で、試合中に協力をしなくなり、二日酔いのコールマンにシュートを仕掛けたとされる。スライス陣営はこのことを知り、鈴川は信頼できない相手だと見なした。ある時点で、スライス陣営から私(デイブ・メルツァー)に連絡があり、第三者としてこの試合を精査してほしいと頼まれたこともあったほどだ。彼らは契約書で、鈴川がプロにあるまじき行為をしたり、シュートを仕掛けた場合には、団体が多額の賠償金を支払う旨の条項を付け加えようとした。スライス陣営は、ダブルクロス行為により鈴川をスターにしようという意図がIGFにあるのではないかと疑っていたのだ。IGFがこうした追加条項を蹴ったため、結局この試合は実現しなかった。IGFではスライスの欠場を負傷によるものと発表している。

IGFがこの追加条項を蹴った、というのは、すごくないですか?何故蹴る?

*****

ヴァンダレイ・シウバがインスタグラムでゾッとするエントリ

キンボ、安らかに。ランデルマン、キンボと、早すぎて怖いよ。この職業がどういう結果をひきおこすのかはまだよくわかっていない。でも先日参加した脳しんとうの研修で、専門家が教えてくれた15の症状のうち、自分には12の症状が出ているんだ。



*****

英語資料ですが、UFC-USADAのこれまでの薬物検査結果集計


こちら、世界アスリート長者100傑で、コナー・マクレガーが85位に入ったというニュースなんだけど、「コナーすごい!」というより、UFCってやっぱり給料安いんだなあという印象がありますね。全く個人的な感覚だけれど、たとえばコナーが20位くらい、他にもUFCファイターが5~6人くらいはベスト100に入っているくらいでちょうど座りが良くないですか?スポーツ界でのUFCの存在感に比べて、このランキングはかなり弱いように思いますね。

*****

http://mma-math.com/

上のページを開くと、

Fighter A can beat Fighter B
Prove It



と書いてある。ここでたとえば、Fighter Aの欄にShinya Aoki、Fighter BにJon Jonesを入力し、「青木真也はジョン・ジョーンズに勝てる」という文章を完成させ、「Prove it」(証明せよ)というボタンをクリックすると、次のような画面が現れる。

MMA_MATH.png

下から読んでいくと、ジョン・ジョーンズよりマット・ハミルは強い、ハミルよりクイントン・ジャクソンは強い、ジャクソンより桜庭は強い、桜庭より青木は強い、従ってジョーンズより青木は強い、というロジックを見つけてきてくれて証明してくれる、というお遊び。



***

キンボ・スライス追悼


ベラトールのエース、キンボ・スライスが米国時間の6月6日(月)にフロリダ州の病院で亡くなった。このブログでもぜひ追悼の記事を書きたいところなのだが、雑事に紛れて思うに任せない。そこでここでは、Dropkickチャンネルで僕が担当している連載記事MMA Unleashedの2014年8月21日号をまるまる再掲することで、故人を偲びたい。

UFCが「先進的」「別次元」「弱肉強食」の世界であるとすれば、キンボ・スライスのいる風景は、いわば普通のアメリカ、日本とたいして変わらないアメリカの象徴だったような気がする。それにしてもキンボは、YouTubeから飛び出したストリートファイターという出始めの頃の印象を、結局最後まで更新することも破ることもできなかった。すさまじい視聴率王であったにもかかわらず、キンボは映画にも出ず、自伝も出版せず、いったんボクシングに転向はしてみたけれど、それも全く話題にならなかった。人気先行の大男という意味ではどことなくボブ・サップを連想する人もいるかもしれないけれど、キンボはサップのような芸もなく、開き直ったところもなく、ひたすら不器用にコツコツやるしかない人だったのではないかと想像する。惜しむらくは、RIZINの大舞台で、この異形の人がどんな化学変化を起こしうるのか、一度は見てみたかった気はする。

ちなみに僕も最近はブロク執筆はぼちぼちだけど、Unleashedにはこんな感じでわりにきちんと毎週書いているので、この過去記事を読んでもし気に入ったら、Dropkickに申し込んでみてください。最新号では「リコシェ vs. オスプレイ」をネタに、プロレスのサイコロジーをあれこれ論じています。


キンボ・スライスと共に散ったエリートXCのMMAバブル

2008年10月4日、EliteXCのフロリダ州サンライズ大会は、米地上波CBSが生中継する「サタデーナイトファイト」の第3弾だった。メインイベントを飾るのはEliteXC最大のスター、キンボ・スライス。マイアミのポルノ映画製作会社リアリティキングス社でバウンサーを務めていたキンボは、自宅裏庭で行ったベアナックルでのストリートファイトをホームビデオで撮影しYouTubeに掲載したことを契機に、当時のアンチPC(ポリティカル・コレクトネス)ムーブメントにも乗って一躍ヒーローの座に躍り出ていた。

「キンボはまさにポップカルチャーのアイコンだった。彼の姿は映画で使われ、彼の名前はヒップホップの歌詞に歌われた。キンボはすでに格闘技ビジネスの枠を超えた存在だった」と語るのは当時のEliteXCのマッチメーカー、リッチ・チョウだ。「キンボが出場する大会の観客は格闘技ファンではなかった。町にサーカスがやってきたのと同じで、だれもが『ショー』をチェックしに来ていたのだ。彼らはMMAファンではないから、他の選手にはまるで興味を示さなかった。彼らはキンボのファンだった」

続きを読む

ブードゥー固め・放屁固め



↓これ、英語のMMA情報で埋め尽くされている僕のTwitterタイムラインでも、たしかに正真正銘、話題沸騰状態の試合である。アクション的にはこれはもう極みである。でもここまですごいと、戦っているはずの2人が逆に仲良しにしか見えなくなってくるというのが痛し痒しだよなあと思う。なおベスト・オブ・スーパージュニアで見た範囲で言えば、個人的には「KUSHIDA vs. オライリー」がかなりのお気に入りですよ。




*****

アルジャメイン・スターリングがブライアン・キャラウェイに極めた。俗称ブードゥー魔術固め。キャラウェイは試合後に、「あのパワー・ハーフ・ネルソンは痛くはなかったが、じっとしているわけにもいかなかった」などと語っている。そうなのかな、心なしか気が遠のいているようないい表情をしているが・・・




*****

ミルコ氏の隠居(涙)




*****

グラップリングマッチで、関節技を極めている方の選手が、極められている選手の顔面に放屁をしたところ、極められている選手が盛大に嘔吐するという地獄事案があった模様。リンク先に動画あり。どんなに激しい流血戦もメシを食いながら観戦できる当方ではあるが、嘔吐シーンはまったく無理なのでこの動画は自分では未見、ご紹介のみに留める。

ふと思い起こしたのは、天龍にパワーボムで押さえ込まれた状態の田上明が天龍の顔面に放屁したという事案である。昔のカミプロか何かで読んだ記憶がある。なにせカウント3が終わるまでは天龍も逃げられないので、これも地獄である。天龍は嘔吐はしないまでも、試合終了後に怒りにまかせて横たわる田上のケツを蹴ったとされるが、その刺激で田上は再び放屁をしたとも伝えられている。

*****

ホーガン訴訟支援、フェイスブック取締役、トランプ支持:ペイパル創業者のメディアへの影響力(Huff Post)
この案件はややこしいんだよな。

引退騒動は出来レース? RIZINの引き抜き工作? “モデルボクサー”高野人母美、うさんくささの正体(サイゾー)


●UFC199、ビスピンが勝つといいなあ。でも無理だろうなあ。フェイバーも勝てばすごいけど、やっぱり無理だろうなあ。

●ついにランニングを始めましたよ。うん、ちゃんと靴も買ったしね。


**

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update