UFC on FOX 23レビュー(更新アリ)


UFC on FOX 23をFight Passで観戦。フランシス・ガヌー、漫画のような規格外のパワー。前回はおつまみの手羽先でも食べるかのように、相手の腕をあっとういまにキムラにひねりあげたかと思ったら、今回は大ベテランのアルロフスキーを、身体を後傾させながらのカウンターでたたき落とす。アフリカからパリに出てきて、ホームレスから初めてキャリア3年で、百戦錬磨のアルロフスキーのカウンターを取れるものですかね。なんだか色々計算の合わない化け物である。これは本物かもしれぬ。

そしてシェブシェンコ。英語アナウンサーは「キックやムエタイ、K-1で17回チャンピオンになった打撃エリート」と紹介していたし(この人がK-1でチャンピオンになった?)、誰もが離れてシェブチェンコ、抱いてペーニャと見ていたところ、ペーニャがついにお得意のパウンド大攻勢状態になり、あっという間に仕留めるのかと思った矢先に、下からのアームバーという最も想像しにくい逆転技でシェブチェンコが一本勝ち。使える道具の多い人、ロンダ・ミーシャとは違って男っぽいMMAをする人であると見た。ヌネスとの礼儀正しいトラッシュトークも香ばしい。主役陣が急にいなくなったUFC女子バンタム級、まだまだ地味とはいえ、ちゃんと新時代を感じさせてくれるものである。

セラーニ敗戦にもビックリさせられたし(マスビダルの悪役ぶりも頼もしかった)、全体に地味に思えた今大会、終わってみれば相当に楽しいものでありました。

大会後記者会見でシェブシェンコ
ペーニャはグッドファイターだけど、私はマスターだから。






ホルヘ・マスビダルが、試合を観戦していたセラーニの祖母から声をかけられたことを明かしている

あの人にはやられたよ。彼女がオレの所にやってきてこういうんだ。「あれは私の孫なんです。私の孫をあんな風に倒した選手はほかにいない。あなたはすばらしいファイターだ」。

オレはバッドガイかもしれないが、こういうのには参ってしまうよな。だって、おばあさんの目の前で、お孫さんを殴りたいとは思わないよ。



*****

当年71歳、WWE総帥ビンス・マクマホンが、New Orleans Times Picayuneのインタビューに答えている。抄訳。

Q 少しは仕事でゆっくりされないのですか。

いや、ゆっくりするということはないんだ。これは仕事ではないんだよ。私は仕事に行ったことがない。タレントに関することであれ、ライティングに関することであれ、法務のことであれ、会社のあらゆる面が大きなファミリーなんだ。仕事に行っているという感覚はない。

Q でも年齢的にも大変なのでは・・・?

私は眠らないんだ。これが年のせいなのかどうかはわからん。私はただ、好きなこと、情熱を持てることをやっているに過ぎない。だからやりすぎるということがない。

Q WWEは過去に、どんなふうに競争に打ち勝って、ここまでの成功を収めたのですか

プロレスの見せ方という点に関しては、オールドタイムなプロモーターたちとは違っていたと思う。彼らはプロレスを正統なスポーツと見せようとしていた。しかし私は、「待てよ、こいつは実際にはエンターテインメントだし、そんなことは見ている人たちも知っているぞ」と思っていた。本物のスポーツだと思われていると思っていたのはテリトリーのオーナーたちだけだった。

Q 観客を増やす秘訣はなんでしたか。

古くさいプロモーターたちがアピールしようとしていたのは、最も低い分母の客層だった。昔からビッグマッチは15日とか月初にやることになっていたが、それはその日が生活保護の支給日だったからだ。彼らは客層をそんなふうにを見ていた。しかし私は、それはバカげているとだと思った。もっと幅広いアメリカ人にアピールして、客層を増やしていこう、そう思って私はエンターテインメント業界とのつながりを深めていったんだ。

Q ライバル団体はなぜ競争についてこれなかったのでしょう?

やつらはみんなで集まって年次総会をやって、こちらに踏み込んでくるなよ、こちらからも踏み出していかないからな、みたいなことばかりを言い合っていた。で、我々が来たときに本物の競争に巻き込まれたわけだ。彼らにはもはや勤勉さがなかった。そうなんだろうなとは思っていたが、ホントにロクに働かない。父を見ていればよくわかった。父は他のプロモーターよりもたくさん働いていたが、それでも週に2日しか働かなかった。それでも多い方だったんだ。

Q あなたはもうテレビにはもう出ないのですか

もう出ない。あれはなかなか大変なんだよ。かつては楽しんだが、個人の時間を大きく取られてしまう。制作や指揮監督にまで手が回らなくなってしまうんだ。私は新しいスター選手を作ったり、彼らの成長を手助けする方に回りたい。テレビ出演はエネルギーを獲られすぎるんだ。



*
スポンサーサイト

01/27のツイートまとめ

omasukifight

執筆記事のご案内!労働者たちのために…セラーニが戦う理由「オレはみんなと同じように働くんだ!」 - スポーツナビ https://t.co/ChOLRqACr8
01-27 22:15

執筆記事のご案内!雪をも溶かす熱いオンナの戦いが開戦!2017年UFC女子バンタム級戦線を占う大一番 - スポーツナビ https://t.co/h7Y1rVF676
01-27 22:15

執筆記事のご案内!ケニー・オメガ発言集・後編「飯伏とは、戦うよりもタッグを組んで、世界を驚かせたい」■MMA Unleashedhttps://t.co/BC0DoR8bs0
01-27 22:15

海外加入者が増加する新日本プロレスワールド(統計)


新日本プロレスワールドの加入者数が、1.4東京ドーム大会の前後で5万人から6万人に増加した。英語版実況中継中に解説者のスティーブ・コリノが明らかにしたもの。とくに海外の加入者数が増加している。

wk11subs_0.png

また、1.4ドーム大会のトラフィックについても海外からのアクセスが58%を占めているのだという。

sep-novnjpw.png
last28njpw.png
(上が2016年9月〜2016年11月の統計、下が2017年1月5日時点で過去28日間の統計)

さらに、Google Trendsによる検索数統計でも、海外での新日本やレッスルキングダムの検索数が増加している。ワールドワイドでは前年比19%増、米国では30%増、英国では36%増。これに対し日本国内では前年比2%増に留まっている。ソースFightful

*****

2016年UFC視聴者数等統計まとめ。MMA Fighting

●PPV売上件数
2016年 8,370,000件 13大会 平均644,000件
1大会当たりの平均売上件数 2015年:550,000件 2014年: 265,000件

●PPVプレリム視聴者数平均
2016年 1,168,000人(前年比6%増)
2015年 1,100,000人

●UFC on FOX地上波視聴者数平均
2016年 3,005,000人(前年比6%増)
2015年 2,833,000人

●UFCファイトナイト視聴者数平均
2016年 993,000人(ほぼ横ばい)
2015年 990,000人

●(参考)ベラトール視聴者数
2016年 676,000人(前年比9%減) 
2015年 746,000人

****

米MMA記者の一部がソネンのことを「ホワイト・ボブ・サップ」と呼んでおります。口が悪いね、どうも。


*

01/22のツイートまとめ

omasukifight

コナー・マクレガーが1月28日、自身のインタビュー番組を3.99ポンドでPPV配信する。5000人収容の会場はすでに売切。観客は黒のネクタイ着用がルール。トークショー後には1500人収容のナイトクラブでアフターパーティを開催。https://t.co/ej11RIEk67
01-22 14:24

ベラトール170に用意されたメリル・ストリープ招待席。 https://t.co/MikNThJEdq
01-22 14:24

01/21のツイートまとめ

omasukifight

スコット・コーカー、2017年にベラトールが米国外で7大会を開催予定と語る。ブダペスト、トリノ、ロンドン、ローマ、南米、そして日本大会の可能性にも言及。 https://t.co/HS3kSQCnCU @BleacherReportさんから
01-21 17:25

追悼スヌーカ。それにしてもマードックのこのわかりやすさときたら!IWGPタッグリーグ戦 ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカ vs ディック・マードック&マスクド・スーパースター https://t.co/3giQ1WaLXU #njpwworld
01-21 17:24

おすすめ!ケニー・オメガ熱弁!「新日本プロレスは国境を越えて大きく成長していくべきだ。責任は僕が取る!」■MM... https://t.co/kgG2A1ghUk #blomaga
01-21 17:23

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update