スポンサーサイト

オブザーバー誌が選ぶ豊田真奈美ベストマッチ


レスリングオブザーバー3月27日号が、引退を表明した豊田真奈美のキャリアを振り返る記事を掲載している。英文でざっと3,000ワード超だから、このまま翻訳すれば日本語でおそらく8,000文字くらいにはなりそうな大作だ。ごく一部を紹介、その絶賛具合を味わってほしい。

90年代の初期から中盤にかけて、ほとんど毎晩のように、ここまで高いクオリティの試合をやり続けた選手は豊田以外にはいないだろう。スモーホールであれ横浜アリーナであれ、北朝鮮のメイデー・スタジアムであれ、駐車場の仮説リングであれ、全盛期の豊田は年間250試合、同じクオリティの試合を一貫して提供し続けた。リック・フレア以外のトップワーカーはほとんど、大会の規模に応じてスピードを変えて試合をするのが普通だった。

今に至るまで、私がライブ観戦した最高のファイブスター・マッチは、後楽園ホールで1992年に行われた豊田と山田敏代の髪切りマッチである。あの熱い会場でニアフォールのカウントを繰り返すレフリーの汗びっしょりの背中、女性ファンの悲鳴に混じる、一世代前よりは増えていた男性ファンの歓声、正視できないほど感情的だった試合後のやりとり。試合に勝ったにもかかわらず、豊田が自らの髪を切ったことには、やりすぎではないのかと後楽園ホールの責任者が全女に苦情を入れたほどだった。





豊田が得意だったのは、長い試合を通じて、あらゆるビッグムーブを生き残る、命を削るストーリーの試合だった。勝っても負けても、試合が終わると消耗しきった姿でマットに横たわる豊田の姿は、全てを出し切ったすごい試合を目撃したと観る者に思わせるものであった。

90年代、豊田はレスリングオブザーバー・アワードのレスラーオブザイヤー賞のトップ10に4回入った。最高位3位は女子選手としては史上最高。そして豊田はオブザーバー年間最優秀試合に選ばれた史上2試合しかない女子戦に出場している。1つは、1993年4月21日大阪の豊田・山田 vs. 関西、尾崎、もう1つは1995年5月7日後楽園ホールでの豊田 vs. 井上京子の60分フルタイム引き分け試合である・・・WWWAベルト(赤いベルト)は4回獲得(史上最多)、全女のジャパン・グランプリでは1990年(当時18歳)、1995年、1998年、1999年に優勝を飾っている・・・







*****

ネイト・ディアスは、UFCの新オーナー、WME-IMGが、自分のようなタイプを疎んじているのではないかと警戒を深めている模様だ。ネイトは新作映画『Fist Fight』に出演予定だが、UFCサイドは映画製作者に対して、ネイトではなくコナー・マクレガーかGSPのブッキングを強く推してきたのだという。

「映画監督は、いやいや、ネイトを使いたいんだ、といっているのに、UFCは度重ねてGSPかコナーを使うようにと言ってきたらしい。いったいなんなんだ?そりゃオレはハンサムでもないし瞳も青くない。しゃべりもムチャクチャだ。ヤツらの好きなタイプではないんだろう。ただこれは格闘技なんだよ。顔で戦うわけじゃない」

「どうもUFCは、キミなんか必要ないんだよ、と言いたいように見える。それで、どうなっている?最近のカードを見てみろよ」

「UFCは我々を閉め出そうとしている。コナーのことはあそこまでスターに仕立てたのに、我々に同じようにしたことがない。オレはずっと自制しているのに、UFCからオレの名前はまるで出てこない。こんな会社のために、何をしてやれると言うんだ?」

また最近デイナ・ホワイトが、「ネイトな試合を断り続けている」と語ったことについて、ネイトは次のように反論している。

「デタラメをでっち上げるのはやめてもらいたい。お笑いファイトを1試合断っただけで、それ以外にオファーなんか来ていない」

このお笑いファイトとは、エディ・アルバレス戦のオファーだった模様だと報じられている。

『1984年のUWF』寸感、その他


ボブ・アラムがマクレガー vs. メイウェザー戦について語っている。アラムはこの試合には関係ないし、もはや老獪すぎて一切の発言を真に受けることができないという高みにおられる方ではあるが、そんな人がイヤごとを言い始めたというところに逆に、背景で何かこの試合の実現にむけての本格的な動きがあるのかなと想像させてくれる。

唯一の障害はUFCだろう。UFCはボクシングプロモーターと違って、選手を信用しておらん。実際にUFCファイターはボクサーよりうんと実入りが少ない。なんでもUFCはコナーのファイトマネーの50%を取ろうとしているらしい。冗談はよしてくれ。私はこんなものは私は試合ではないと思っているが、もしこれが実現しないのだとすれば、それはひとえにUFCのせいだ。




2017年WWEホールオブフェイム、レガシーアワード部門で力道山が殿堂入りするとのこと。オブザーバー


なんか腹立つファブリシオ・ヴェウドゥム


How every UFC fight ended in 2016 (ESPN)
統計好きな方用。2016年、UFCでは全493試合が5,488分にわたって行われた。試合がフィニッシュされる確率は49%、うちKO/TKOが153試合、サブミッションが89試合。248試合が判定、うち65試合がスプリットもしくはマジョリティ・ディシジョン。全打撃数は47,986発、全テイクダウン数は1,063、などなど・・・

*****

僕はプロレスも大好きだし、MMAのフリークファイトも温かい目で楽しめるというのに、相撲だけはちょっと素直には見れなくなってしまっている。八百長も裏社会とのつながりも公式に認めたというのに、明瞭な区切りと再生が行われたり、新しい相撲の楽しみ方が広がったりするならまだしも、相変わらずNHKで放送され、これまで通りにまるで本物の勝負事のように語られているのが、どうも公平ではないような気がしてならないのである。

こんな見方はいささかひねくれすぎで、自分が損をしているだけのような気はするのだけど、どうしても見ていてスッと醒めてしまうから仕方ない。だから稀勢の里が肩を痛めながら優勝したというのは、これはさすがにちょっと話が出来すぎではないのかなどと反射神経的に思ってしまう。こんなの、新日本の柴田と同じストーリーではないか。

*****

『1984年のUWF』を今ごろやっと読了した。一部ネット上で熱の高いリアクションも見られていたことから、どんな内容なのかなと思って読んだのだけれど、結論から言えば僕としては、これといった抵抗感もなく、スルリと全部飲み込むように楽しんでしまった。すごくパッケージ化されたエンターテインメント作品だと思った。

とくに前田に批判的な言説は新鮮だった。僕は前田のファンだけれども、確かに言われてみれば、これまでは前田史観が優勢すぎたような気はする。あえて煽るような書き方をしていて、これ必要?と思う箇所はあったけれども(書き方もまたUWF的だということなのだろう、たぶん)、前田がプロレスが下手だったとか、なまくらだったとか、Uはシュートっぽいマーケティングをしていただけだとか、コンセプトメーカーは前田ではなく佐山だったと言われても、それはそういう面もあるのだろうなとあっさり思うし、それがなにか問題だとも思わないし、この本をきっかけに前田を見損なったということも特段にない。

僕がこの本について、最初からずっと疑問に思っていて、読み終わってみてもその疑問が解けなかったことは、なぜいま、このテーマだったのだろうか、ということである。ただ、もしかするとその答は、著者にあるのではなく、熱の高いリアクションの方にあるのかもしれぬ。


**

03/23のツイートまとめ

omasukifight

(続)結局罰金2万5千ドル、社会奉仕活動25時間でNACと和解。ネバダ州に対するマクレガーの影響力の大きさがよくわかる一件。この懸案が片づいたことで、マクレガーは次にネバダ州でのボクシングライセンス受給に向けて動き出す見通し。
03-23 14:51

昨年8月のUFC 202大会前記者会見での缶飲料を投げ合い事案により、ネバダ州コミッション(NAC)から15万ドルの罰金と50時間の社会奉仕活動の処分を下され(NACはその後、罰金は本当は7万5千ドルという意味だったと謎の前言翻意… https://t.co/BlysFmvtwv
03-23 14:51

ミドル級元王者ルーク・ロックホールドが、ヘビー級元王者ファブリシオ・ヴェウドゥムとヘビー級での対決を猛烈アピール中。両者は階級差を越えて、ストライクフォース時代からチクチクとイヤミを言い合ってきた間柄。ミドル級上位は大渋滞中につき… https://t.co/Lq1xJgYoHi
03-23 14:47

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update