UFCがストライクフォースを買収【続々報】



レスリングオブザーバー・ラジオが、「UFCーストライクフォース買収」について続報していた。聞き取った範囲で紹介する。

・ストライクフォースの親会社「シリコンバレー・スポーツ」はもともと、サンホセのローカルMMAプロモーションを支援していくという事業規模を想定し、それで満足していた。しかしビジネスの規模が成長しすぎて、全国規模でUFCと競争するようになってしまい、運営コスト負担に耐えられなくなってきた。

・プロエリート社はベンチャーキャピタルと組んで、ストライクフォース買収に4,000万ドルのオファーをかけたのだという。12月初旬にUFCがこれに気づいて、入札に参加、結局競り落とした。

・買収交渉はUFCとシリコンバレー・スポーツとの間で行われた。スコット・コーカーは関与していなかった。

・ヒョードルは4試合契約中で、まだ3試合残っている。またストライクフォースとショータイムの放送契約は2012年中まで有効である。

・ダナ・ホワイトが MMA Fighting のインタビューで現状維持(Business as usual)を強調したのは、ショータイム対策かと思われる。ショータイムがUFCのフィーダーのように見られないための配慮と思われる。テレビ局との関係にはデリケートなことが多く、UFCがWECを買収したときにも、長い間、選手の交換が見られなかったのは、スパイクTVが、ライバル局バーサスの選手をプロモーションしたがらなかったからだといわれている。

・ショータイムが契約を解除するのではないかとの憶測も出ているが、おそらく当面、ストライクフォースとの放送契約が残っている期間は現状維持となるだろう。ショータイムの視聴加入者数は、MMA放送に伴って増加しており、MMAコンテンツは必要不可欠との評価をしているからである。ただ、番組製作のコントロールという点では問題が生じるかもしれない。コーカーはショータイムにすべてお任せというスタイルでやって来たが、ホワイトは細部にこだわりたいタイプだからだ。ちなみに解説のフランク・シャムロックはホワイトとガチで険悪な関係にあり、放送席の顔ぶれがどうなるのかも興味深いところだ。

・ストライクフォースでは、グラウンド状態での頭部へのヒジ攻撃が禁じられている。もともと日本の格闘技を見てきたコーカーは、このような攻撃を嫌っているそうだが、この点についてはおそらく、UFCにあわせて解禁されるだろう。競技として育てて行くにはユニファイドルールを使った方が合理的だと思われるからだ。

・将来的な「UFCチャンネル」構想は、まだ本当に構想段階で、作業は始められていないだろう。ちなみに「WWEチャンネル」は2013年スタートを目標に、実務が進んでいるという。

・ダナ・ホワイトのビジョンには間違いなく、「タイトルが乱立し権威が失墜したり、ファンが待望するカードを組めない」ボクシングのようにはなりたくない、ということがある。

*****

ダナ・ホワイト、Yahoo! Sports に対してコメント

これでトップ100選手の100人を確保したことになるな。

今後意思決定をするときには、みんなで集まってチームで決定する。チームにはスコットも参加する。ストライクフォースを運営しているのはスコットなんだ。

多少舞台裏の手直しはする。選手にとっては、運営がスムースになっていることに気がつくだろうし、メディアの人も運営方法の違いに気がつくだろうが、ストライクフォースであることには違いない。

ヒョードルはズッファ傘下に入ったわけだが、ヒョードルがUFCで戦っている姿は想像できない。



*****

ジョシュ・バーネットのコメント、Sherdog

良く確認しないといけない。エイプリルフールじゃないよなって再確認したよ。

事態は変わった。素晴らしいことが起きる可能性もあるし、自分はその一部になりたい。僕に出来ることは、ベストファイターになることだけだよ。

ビジネス的には、ダナへの個人的な復讐やら評価をするつもりはない。ダナは優れた社長だ。いい仕事をしていると思うよ。

当面はヘビー級GPでの勝利に専念する。ここで勝つと大きい。このトーナメントに勝つか負けるかほど、人生に大きな違いが出てくることはない。

もしダナが選手としての自分に価値を見いだしてくれているなら、なるようになっていくと思う。僕は別にダナのことを嫌っている訳じゃない。僕は彼の従業員として、絶対的に最善を尽くすよ。オフィスに毎日報告書をあげてもいい。

自分とUFCとの関係がこんな風でなければよかったのに、と思ってる自分がいる。僕は当時23歳か24歳で、いろんなアドバイスを受けて、一番いいと思ったことをしたわけだけど、今の自分から見れば、当時の僕は愚か者だったと思う。

それでも、むしろだからこそ、僕は素晴らしい経験を積んできた。ひどい人生になってしまったと後悔し続けることも出来るけど、実際ホントに素晴らしかった。これからもやるべきことをやり、過去の経験を踏まえて間違いを繰り返さないようにして、人生をどんどん良くしていきたいね。

ダナとつきあうことには難しさもあるけど、それと同じくらい、ダナのやることに共鳴している自分もいるんだよ。


>ジョシュはまずはライセンスを取ってくれ・・・

アントニオ・シウバのコメント。MMA Junkie

興奮するね。UFCは地上最高のイベントだ。世界最高の選手たちがいる。自分もそこで戦いたい。

ブロック・レスナーと戦って、ヤツをプロレスに送り返してやる。ヤツがランキングで2位だなんて、受け入れられない。個人的には知らないが、プロとして許せない



シーザー・グレイシーのコメント。同じくMMA Junkie

スコットは金銭的に上手くやった。結局彼は数百万だかを稼いだんだろう。結構なことじゃないか。
でも選手にとってはどうだろう。お手並み拝見と行こうじゃないか。


*****

THE SLEEP TALKER - シュウの寝言

UFCのストライクフォース買収について(追記)part I
UFCのストライクフォース買収について(追記)part II



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update