ゾディアックの3.11


K-1の英語サイトが、4月9日ストライクフォース大会で「高谷弘之 vs Robert Peralta」が決定したと報じた。Peralta は22歳のストライカーだと紹介されている。

リンク先には「4.9 Strikeforce Kawajiri/Aoki/Takaya Fight!! - Special PV」という映像も埋め込まれているが、先ほどチェックしたところでは上手く再生できなかった。

*****

レスリングオブザーバー3月28日号によると、ジョン・ジョーンズの活躍が大きな話題を呼んだUFC128の推定PPV販売件数は44万5千件程度と低調なものにとどまる模様。観客動員数も満員とはならず、ビジネス面でもモンスター級になるのはまだこれからといったところだそうだ。

ジョーンズは木曜日、米NBC放送の「The Tonight Show with Jay Leno」に出演して大きな話題を呼んでいる。映像はNBC公式サイトで公開されているが、残念ながら日本からは視聴できない。

*****

スコット・コーカーがヒョードル次戦は7月になるとシャードッグのラジオショーでコメントしている

ヒョードルは7月に戦う。おそらく7月下旬か中旬になる。われわれはヒョードルとの契約をこれからも尊重する。そしてヒョードルが試合をするときには、毎回M-1との共同開催で行う。対戦相手は未定だが、ヒョードルがリザーバーとしてトーナメントに残る可能性が高い。

仕事はしてもらわなければならない。シウバ戦はいい仕事だった。結果はあのようになったが、ヒョードルは今でも強い選手だし、いつでも高いレベルでの試合が出来る。次戦はとても大切になる。良いパフォーマンスを見せてくれないといけない。


*****

レスリングオブザーバー3月28日号には、全日本プロレスツアー中に被災したゾディアック選手 (Aaron Aguilera) のインタビューが掲載されていた。


揺れは突然やって来た。30人の選手を乗せた大きなバスが大きく揺れて弾み始めたとき、最初はパンクかと思った。運転手もそう思ったのだろう、バスを高速道路の路肩に駐車させた。

でも駐車をしても揺れは止まらなかった。隣の席の選手が、これは地震だと言い始めた。自分のカリフォルニア生まれなので、いろんな地震は経験してきたので、だいたいどんなものかは知っているつもりだった。でも揺れは止まるどころか、どんどんひどくなっていった。信じがたいことに、バスはほとんど横転寸前だった。横転しなかったことが信じられないくらいだ。それくらい暴力的な揺れだった。なんといっても恐ろしかったのは、揺れが4分くらい止まらなかったことだ。

故郷で経験してきた地震の10倍、20倍、いや、たぶん100倍はひどい地震だった。なにかが激怒しているみたいだった。これでおしまいだと思った。神は僕をこんな風に逝かせようとしているのだと思った。妻と子供と両親から6,000マイルも離れたところで、プロレスラー満載のバスで僕は死ぬ。選手の中には席を立ち上がる者、取り乱す者、死を覚悟して祈り始める者などがいた。

地震が終わったときが、実際には問題の始まりだった。道路は大渋滞で動き出すことが出来ない。携帯はつながらず、無線通信も出来ない。誰も外界と連絡を取ることができない。食べるものもプロテインシェイクくらいしかない。

ゾディアックは今回の遠征で引退して、普通の仕事に就こうと考えていた。その後連絡が取れた奥さんからは、すぐに帰ってくるように言われたが、結局シリーズ最終戦まで日本に残った。

ここしばらく、転職しようと考えていた。でも今回のことで、最終決定までに考えたいことがもう一つ出来た。恐怖を感じながら生きていたくはないんだ。


最終戦の国技館大会で第一試合に出場したゾディアックは試合後、リング上で日の丸を振って、日本を応援する意思表示をしたのだという。

*****

【DEEP】4・22北岡悟が池本誠知と激突!「日本で熱い試合をすることが僕の使命」(GBR)

須藤元気(Genki Sudo)「WORLD ORDER」の"MACHINE CIVILIZATION"フルver.PV (Youtube)

@kamipro_saitou

アントニオ猪木の実兄・猪木快守氏が癌によりお亡くなりなりました。謹んでご冥福をお祈りいたします





スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update