コリアン・ゾンビがまたやらかした!


今日は「UFC Fight Night; Nogueira vs. Davis」があった。何となくネット映像で観戦したが、「ノゲイラ vs デービス」「ハーディ vs ジョンソン」ともに、なーんかもうひとつ集中して見れなかったというか、何となく見ていたけどこれといった感想を持たなかったというか。

目を引いたのは「コリアン・ゾンビ vs レナード・ガルシア」再戦。前回のような大戦争とはならず、ゾンビが距離を大切にしたりテイクダウンをとるなど、大人な試合を組み立て、最後は見事に妙技ツイスターで一本勝ちした。チャンソンはどこか奇妙なおもしろさを残したまま、進化してる!

この大会は一週間後にひかりTVで放映される予定なんだけど、なぜか30分番組としてリストアップされてる。

Kevin Iole 記者によるレビュー

試合前に見出しを賑わせたのはフィル・デイビスであったが、満員札止め14.212人の観客を驚かせたのはまたしても、コリアン・ゾンビでおなじみのジョン・チャンソンだった。

・・・UFCの試合でツイスターが極まったのはこれが始めて、格闘技史上でも数えるほどしかない。

「ネット上のビデオでだいぶ前に見たんだ。エディ・ブラボーのムーブだね。なんか面白そうだから、結構練習してたんだ。いつかは試合で試してみたいと思ってた。ついにUFCで出来たよ。」

レフリーのダン・マイラギリオッタは自分の格闘技学校でツイスターを教えている。「教えてはいるんだが、かかったことはないよ(笑)」



コリアンゾンビの試合後コメント

試合の前に(元WECのマッチメイカー)ショーン・シェルビーが来てくれて、緊張することはないよと言ってくれた。ショートノーティスだったから気を遣ってくれたんだろう。おかげでリラックスして勝つことが出来た。これで緊張からも解き放たれたよ。ファイトマネーが5千ドルを超えたのもうれしいね。そこからなかなか上がらなかったから(ゾンビはこれで Sub of the Night 55,000ドルをゲット)

(お金はどう使いますか)投資するよ。



アンソニー・ジョンソンに敗れたダン・ハーディはこれで3連敗となったが、ダナ・ホワイトは「必ずしもカットされるとは限らない。この子のことは好きなんだ」とコメントしている


なお Bellator 38 で行われた 「Richard Hale def. Nike Fekete」 戦でも鮮やかなサブミッション・フィニッシュ、トビー・イマダ以来の Inverted Triangle (なんと訳すのだろう?スタンディングの肩固め?最後は倒れ込んで首四の字みたいになってる)が炸裂している。リンク先に映像あり。

*****

4月9日のストライクフォース大会に出場する選手のもとに、新たにズッファとの契約書が届き始めていると FIght Opinion が報じている。PRIDE買収時には必ずしもうまくいかなかった選手契約の移管に、ズッファがや早くも着手し始めている模様だ。

新契約書では、管轄裁判所がカリフォルニアからネバダに移されていることがポイントなのだそうだ。ズッファはネバダ州の裁判所では連戦連勝中である。

これに対する選手側の反応や、出場する日本人選手との関連については報じられていない。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update