チアゴ・シウバのオイルチェンジ【ドラッグ検査をぶっとばせ】


日本のMMAシーンに詳しいDan Herbertson 氏のツイッターによると、「ジャパンカップ・バンタム級GP 」の記者会見が来週行われる見込みだそうだ。またDREAMの次回大会が5月28日か29日に行われるという強い噂があるのだそうだ。

*****

ジナ・カラーノが、エクストリーム・クートゥアを離れて、グレッグ・ジャクソンズMMAに移籍したと MMA Mania が報じている。なおカラーノ復帰戦は6月18日大会になる者と見込まれているそうだ。

*****

チアゴ・シウバの偽尿提出を受けて、BloodyElbowが「MMAのドラッグ検査でズルをする方法」という記事をまとめている。

方法1 サイクリング(期間調整)

昔から行われている方法で、ステロイド類を摂取するタイミングを慎重にはかることで、試合前までにはクリーンな状態に持って行く方法。


方法2 オイル・チェンジ

他人の尿などを使う方法。排尿の瞬間は見られているので、カップをすり替えるといった方法は不可能で、この方法ではテスト前に清潔な尿をカテーテルで注入しておくことになる。カテーテルではなく注射を使う方法もある。感染症や外傷のリスクがある。

多くの選手は友人の尿を借りているが、中には合成した尿を好む者もいる。合成尿は自分の尿と混ぜる形で排出し、検査員がだまされてくれることを祈ることになる。


方法3 Whizzinator

カップにクリーンな尿を注ぐ入れるための人工ペニスである。こちらがその商品のサイト(生々しいので注意。1セット140ドル)。「使い方」にはこう書いてある。

ソフトストラップは調節可能ですから、長すぎる場合には締め付け前にベルトに巻き付けておいてください。ベルトの取り付け位置を調節し、人工ペニスの末端がご自身のペニスと同じ位置に来るようにしてください。こうすることで、見つけやすくなります。尿を排出するときに使うクリップ・バルブは、開くときに小さな音がしますので、咳払いをするなどして音をごまかすようにしてください。Whizzinator を使う際には、まず片手で人工ペニスのヘッドをつまんで、漏れのないようにします。つぎに、カップを取り、リラックスして Whizzinator をつまみます。普通にカップに尿をするように自然に行わなければなりません。ここは、習うより慣れろなのです。




方法4 マスキング薬

違法薬物の存在を隠蔽できる目的で利用される薬物。MMAでもっともよく使われているのは利尿剤で、尿素の者を薄めることで違法薬物を隠してくれるだけでなく、減量にも効果があるのだという。


方法5 成長ホルモン(HGH)

HGHは筋肉増強だけでなく、疲労回復にも役立つため、練習中にも重宝する。尿検査ではとても検出しにくいことで知られている。元々体内で生成される物質であるため、薬物として摂取したのかどうかの判定が難しい。また、血液中に含まれるHGHの量は、元々人によって大きな差があるため、血液検査によっても異常値の判定を行いにくい。


方法6 血液ドーピング

MMAでは余り使われていないが、サイクリングやランニングなど、耐久性を試されるスポーツのトップアスリートに効果抜群の方法で、赤血球の産出を促進するエリスロポエチン (EPO) というホルモンが使われる。赤血球の増加により、高能率に酸素が吸収でき、疲れにくいとされている。

*****

ロック様、ストーンコールド登場! 記録ずくめのWWE『レッスルマニア27』(スポーツナビ)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update