UFC130レビュー

UFC130をWOWOWで観戦。「エドガー vs メイナード」中止でぐっと期待度の下がっていた大会ではあるけれども、ふたを開けてみてもやはりそれなりの内容にとどまったように思う。特にメインとセミが終盤ガス欠気味、手詰まりっぽくなっていたので散漫な印象となった。ランページの格上オーラはなかなかに輝いていたけれども、攻防自体には舐めたところや気を抜いたようなところはなく、慎重で確実なものだったし、ハミルにあれだけ差をつけるとは思わなかった。

ロイ・ネルソンの入場テーマは、マイケル・ジャクソンの「BAD」のパロディソングで「FAT」という曲なんだけど、大一番にもいつも通りのこんな曲で入場してくるところはちょっとしびれた。SRC王者サンチアゴはごく普通に力負け・・・三崎戦ではあんなに粘り強く見える選手なのにねえ・・・こうなってしまうのか・・・

なお番組中、8月のUFCブラジル大会はWOWOWでライブ中継が予定されているとアナウンスされていた。これは楽しみである。

アンダーカードでは、デミトリアス・ジョンソンがミゲール・トレスに勝つというアップセットがあったそうだ。

試合後記者会見映像より

Q ダナ、今夜のパフォーマンスをみて、「ランページ vs ジョン・ジョーンズ」を決めましたか

(ダナ)今夜のランページのパフォーマンスはワールドクラスだ。タイトル挑戦に値する。ただランページは手を負傷したらしい。その具合によるだろう。

Q ランページ、今夜のパフォーマンスには満足していますか

(ランページ)マットはゲームプランがしっかりしていて、テイクダウンやローキックもよかったので攻めきれなかったね。KOしたかったが出来なかった。手の負傷は実は去年のクリスマスに日本で酔っ払っていたやらかしたものだ。こんな手で人を殴るのは心配だけど、試合はなんとか出来るよ。

Q ラシャドとジョーンズの確執についてはご存じですか

(ランページ)いや、しらないけど、ラシャドと関わる人はたいてい確執を持つだろ。

Q クイントン、ベルトの掛かった試合と、ノンタイトルでもファイトマネーの高い試合と、どちらを選びますか

(ランページ)素直に答えるとあとでダナに電話で怒られるからなあ・・・(ダナ:素直に言っていいぞ)(食い気味で)カネに決まってるじゃないか!俺はよく売れるぜ!

Q ロイ、試合の感想を

(ロイ・ネルソン)フランクはとにかく大きかったね。ゲームプランもよかった。レスリングでやられた。でも今フランクは病院にいて、僕は記者会見にいるんだ。スタンドでは大して痛めつけられていないよ。ヤツの膝蹴りも当たっていない。

Q ダナ、リック・ストーリーのパフォーマンスをどう思いますか

(ダナ) ストーリーは3Rにひどいヒザを食らって効かされていたが、アウベスが攻め込んでこなかったこともあって持ちこたえた。素晴らしい試合だった。ブーイングするような試合ではなかった。

(リック・ストーリー)次の対戦はジョン・フィッチだと聞いている。

Q ブライアン・スタンのパフォーマンスはどう評価されますか

(ダナ)サンティアゴは日本で人気が出て、アメリカでの評価も高かったが、今日の試合を見て本物だと確信したよ。それを倒したブライアン・スタンはスター街道に乗っていると言っていいだろう。




DREAMについてはこれからニュースサイトでも眺めます・・・

*****

UFC130大会前にはスコット・コーカーが記者会見を行った。コーカーは再び「ストライクフォースCEO」として登場している。

●7月30日シカゴ大会で「ヒョードル vs ダンヘン」正式決定。220パウンドのキャッチウエイト。

●6月18日大会の前座試合が米HDNetで放送されることとなった。「ホルヘ・マスビダル vs KJヌーン」「JZカルバン vs ジャスティン・ウィルコックス」など。前日計量もHDNetで放送される。

●育成大会「ストライクフォース・チャレンジャーズ」大会は、7月以降は毎回、UFCの本拠地ラスベガスのパール・アット・ザ・パームスで開催されることとなる。

スコット・コーカーのビデオインタビューより

Q 買収以来いかがですか

A 重複する仕事をなくしたりしていた。長く勤めてくれたスタッフとの別れは個人的には辛かったけれども、企業買収にあたっては仕方のないことだよ。

Q ヒョードルがダンヘンのベルトに挑戦するという話にはならなかったんですか

A ヒョードルとそんな話はしなかったなあ。ダンは体重は何でも良いと言ってた。まあ、ある種妥協した契約体重だよ。

Q 今後はチャレンジャーズ大会をネバダで行う理由は?

A ストライクフォースの本拠地が欲しかったんだよ。ベガスはインフラもそろっているからね。

Q ディアズ vs GSP戦交渉が難航しているようですが

A いまのところはやる計画はないよ。ディアズはウチのチャンピオンだ。個人的には見たい試合だが時には辛抱もしないとね。ディアズは次戦もストライクフォースで戦う。ただ、なかなかに面白い相手を考えてるので楽しみにしてくれ。

Q クリス・サイボーグが不満をあらわにしています。

A クリス・サイボーグとは契約上の問題があってやりとりしているところだ。解決すれば試合に戻ってもらうよ。チャンピオンだからね。



*****

レスリング・オブザーバ最新号が Sports Business Journal 誌を引いて、「これからの6ヶ月~9ヶ月はUFCの歴史にとって重要な分岐点となる、なぜなら来年からの新しいテレビ体制を作り上げないと行けないからだ」というロレンゾ・フェルティータのコメントを紹介している。さらにUFCのローレンス・エプスタイン氏は「コメディ番組か何かのように、時間枠を取ってくれるだけではダメなんだ。われわれが探しているテレビパートナーは、巨大ネットワーク局が持っている財産のすべてを使って、UFCをプロモーションしてくれないと行けない。モーニングショーも、ニュースショーもあるだろう。そういう場を使ってクロスプロモートしてもらう。パッケージでこのスポーツを育ててくれないといけない」と語っている。

同じソースから、ESPNの調査によると、熱心なUFCファンの数はいまやフットボール、バスケットボール、野球に次ぐものとなっているが、ESPNでは、「この人気は長期的なものではないと見ている。UFCのファンは、ブル・ライディングやNASCARのファンと同じで、昔からの熱心なスポーツファンとは異質で、長くとどまることはないだろう。UFCはメインストリームのスポーツとは言えないし、今後もそうはならない」と分析している。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update