悪魔の子?ダナ・ホワイト【ダナ母親著書より】


Dana White, King of MMA
Ebook By June White


キング・オブ・MMA、ダナ・フレデリック・ホワイト・ジュニアは1969年7月28日、月曜日の午後3時2分に、コネチカット州マンチェスターで生まれた。当時の私は19歳で、高校を中退したところだった。父親ダナ・シニアは21歳で、Pratt and Whitney Aircraft 社のメールボーイだった。妊娠期間中、私は仕事が出来なかった。最初の7ヶ月間、私はとても具合が悪く、8ヶ月目まで体重は減り続けた。吐き気が強く、激しい嘔吐のため食べ物を消化することが出来なかったし、食べ物の匂いだけでトイレに走り込む有様だった。嘔吐が激しすぎて、大量の血や血のかたまりを吐き出すこともあり、救急救命室に運び込まれたこともあった。医師は当初、妊娠を見抜けず、何か珍しい血液の病気だろうと診断した。しかし最終的に妊娠テストで陽性が出たとき、皆はショックを受け、私とダナの健康を大いに心配することとなった。

始めて産婦人科に行ったときのことは忘れない。待合室には私の他に4人の女性がいて、おたがいに妊娠期間や出産予定日の話をしていた。皆、妊娠5ヶ月から7ヶ月ということだった。私はその4人が集まって話をしている方に目をやった。第一印象、4人のおなかはとても大きかった。私は思った。「まるで牛だわ。どこまで大きくなるものなのかしら」。待合室の女性たちは、私を会話に加わらせようとはしなかった。私のおなかがまったく大きくなっていなかったからだと思う。実際、私の尾骨はぴんと立っていた。私は19歳で、妊娠と言うことにとても無知だった。振り返ってみれば、不幸中の幸いだったのかなと思う。

医者は私の妊娠週数を診断し、どうやら7ヶ月か8ヶ月であると判定した。私はその時点まで、なんの妊婦管理を受けていなかった。医者はまた、私には珍しい血液の病気があって、治療法はないと告げた。医者によると私の余命は1年以内ということだった。妊娠と余命1年を同時に聞かされるというのは、とんだ仕打ちだった。何度も通った救急救命室の医師は、入院してさらに検査をするよう薦めたが、ダナの父はこれをことわり、私は家に帰った。私たちは当時、健康保険も持っていなかったし、入院費用など払うことは出来なかったのだ。

ダナの父と私は、産婦人科の医師といっしょに、支払い計画を立てた。ダナが生まれて私が退院するとき、経理に立ち寄ってみると、経理のスタッフから、保険がないので、全額支払うまでは退院できませんと告げられた。経理に人質にとられたのだ。いろんなやりとりがあって、結局私たちは、月賦で支払う契約に署名をした。まるで、Kマートでクリスマスプレゼントを留め置いてもらうみたいだわと、私は思った。「もし支払いが遅れたらどうなるの?ダナを病院に戻すの?」。ダナは生まれる前から、私たちにたくさんの問題を起こし、多額のお金を使わされたのだった。

ダナは予定日から3週間遅れで生まれた。体重2970グラム、身長48センチだった。予定日から遅れたこともあり、ダナは痩せていて、皮膚はめくれていた。生後のダナはガリガリでデコボコで、可愛い赤ちゃんだとはいえなかった。足は丸々としておらず、痩せて鶏ガラのようだった。ところが妊娠期間中の私の体調にもかかわらず、ダナの健康面には何の問題もなかった。実際、ダナがいつでも健康な子供だった。4歳の時におなかの具合が悪くなって病院に担ぎ込まれたとき、医者はダナの心臓に問題があると診断したことがあったが、9歳頃までには、その問題も自然に治ったと言うことだった。


ダナを生んだ後、私は5日間入院していた。ある午後私は、ダナを連れてきてくれた看護婦に、看護室でもこの子はこんなによく眠っているのですかと尋ねてみた。私といるときには、いつも眠っていたからだ。すると看護婦はおかしな流し目でこちらを見た。まるでその目線で質問に答えているかのようだった。そして、この赤ちゃんは一晩中泣いておられますよと教えてくれた。生まれたときから、ダナはなにか満ち足りないときにはそのことを世界に知らせる子だったのだ。病院での最初の数日から、裕福で有名になった今まで、大して変わっていないわけだ。生まれたときから話が出来たのなら、病院で一晩中、Fワードを駆使して演説を続けたに違いない。ただ私はなぜか愚かにも、家に帰れば物事はノーマルに落ち着く、何の問題もないと考えていた。そして不快な現実は突然つきつけられる(今でも私は、新しく親になった方を同情する)。なんと4ヶ月間、私は夜、眠ることが出来なかったのだ。親御さんなら誰しも、この手の睡眠不足に思い当たられることだろうが、これは残酷なことだった。ダナは毎晩、泣き叫び続けた。あやしても、お乳をあげても、泣き止むことはなかった。私は睡眠不足で気が狂うかと思った。ダナの父親の説によると、「ダナはわれわれがベッドにはいろうとするのを知っていて、弟や妹を作らせないんじゃないか」ということだった。医者は、ダナは昼も夜もごっちゃになっているが、そのうちちゃんとしますよと言っていた。

1968年に映画「ローズマリーの赤ちゃん」が公開された。ミア・ファーローが出演していて、映画の終わりごろに悪魔の子を産む。ダナが生まれたのはこの映画のすこしあと、1969年だ。ある午後、お乳の時間に看護婦がダナを連れてきてくれたとき、私はこの映画のことを思い起こした。私と同じように、映画の中のミア・ファーローは、妊娠期間中ずっと体調が悪かった。この時はじめて、ダナが目を開いた。私はダナの瞳をのぞき込み、その黒さにたじろいだ。こんなに黒い瞳を見たのは初めてだったのだ。そのときのことはまるで昨日のことのように、私の中に刻まれている。うちの家系はアイルランド系なので、瞳の色はブルーかグリーンだ。ダナの目はどこからが瞳で,どこからが光彩なのかわからなかった。とても恐ろしくて、魂の抜けた瞳を見ているようだった。この経験は私をひどく動揺させたし、この子はどんな風に育つのだろうと不安になったものだった。


もちろん私は、アイルランド系のカトリックとして、日々の暮らしの中には善も悪もあって、相互に絡み合っているという現実を理解している。わたしはまた、人の中には生まれつきの悪もいて、どんな風に育とうとも、本質は変わらないこともあると信じている。だから暖かみに欠けたダナの瞳にとても不安を覚えたのだが、やがて瞳に明るさと柔らかさが混じるようになり、真っ黒な瞳は温かいブラウン色に変わっていった。髪は白に近いブロンドで、性格も優しくて親切で機嫌のいい子供に育っていった。ダナは私の天使になった。ダナはみんなに愛されたし、それは長年変わることがなかった。ダナの個性は、人を引きつけてやまなかった。みんながダナの友達になりたがり、彼について回っていた。


最近になってダナは、自ら無神論者であることを告白している。神様やらその手のブルシットはまるで信じないなどと語っている。ダナほどの財をなした人であれば、自分の努力以上の,偶然の幸運のようなことを信じるのではないかと思うのが普通かもしれない。私は思うのだが、信心がないということは、良くない行為の免罪符に過ぎないのではないかと思う。ある友人と、ダナの無神論について話をした。その人はダナと同じくらいの年齢なのだが、私と同じ、昔ながらのアイリッシュ・カトリックだ。彼はこう言った。「ジューン、こんな風に考えてはどうかな。もしダナが正しくて、現世以外に何もないとしてもだよ、われわれが信心深いことで何か損でもしているだろうか。そしてもしわれわれが正しいとすれば、ダナはもうダメだよ」。私はしばらく考えて、そして笑った。そう、彼の言っていることは正しい。数年前、ダナは人を雇って自分の経歴を書かせた。そのライターが私に電話をよこして、子供の頃の話を聞かせて欲しいと言ってきた。会話のなかでその人は私に、ダナが無神論であることについてどう思うかと聞いてきた。私は当時、ダナがそんなことを言っているとは知らなかった。そこで私は、「ダナはカトリックとして育ちました。ミサでは侍者もつとめましたよ。学校もカトリックだし、カトリック教会で結婚式を挙げ、子供も皆洗礼を受けています。」と答えたが、同時に混乱して「ダナはいつ、無神論になったのですか」と尋ねた。

ライターが答えをくれる前に、私はダナの最近の行動を思い、ライターに告げた。「待って、ダナが神を信じない理由はわかるわ。ダナは自分が神だと思っているんでしょう」。ライターはそのことをダナに話したようだった。ダナは激怒していたらしい。それを聞いて私は気分が良かった。

最近私は入院していて体調が優れない。もう天国の扉を叩いていると思っている。ダナは私に会いに来てくれた。そして最初に私に尋ねたのは、あんなことを本当にライターに言ったのかということだった。私は、ライターの質問にウィットで答えたつもりよと答えた。ダナは同意していないと思う。ダナは自分自身についてはユーモアのセンスを持ち合わせていないのだ。2008年6月12日号の「ローリング・ストーン」誌の記事でダナは、母親から「自分を神だと思っている独裁者」だと呼ばれたと語っている。


Dana White, King of MmaDana White, King of Mma
(2011/07)
June M. White

商品詳細を見る





Ariel Helwani 記者のダナ・ホワイト・ビデオインタビュー

Q リッチ・フランクリンの試合がなくなったのは何故ですか

A リッチにはノゲイラの代替の対戦相手としてグスタファソンを示したが、彼が受けなかったんだ。トップ選手にしか興味が無いとのことだ。わからなくもないし、無理強いは出来ない。

Q マチダがアンデウソン・シウバ並のマネーを要求したと言うことですが、公表ベースでは、シウバとマチダのファイトマネーはあまり違わないようですが。

A マチダはアンデウソンがいくら稼いでいるか知ってるよ。アンデウソンはベストファイターだぞ。山ほど稼がせてるよ。

Q ティト・オーティスとはうまくいっていますか

A ティトと自分とは、性格的には衝突するが、今回はホントに感心してる。2003年以来始めてティトを応援しているファンも多いだろう。だからといって、将来はもうぶつかり合わないかと言えばそうでもないとは思うが。

Q アリスター・オーフレイムは、もともと10月に試合をするはずだったのだが、と言っています。

A そうだ。ショータイムが日を限定してきたんだ。われわれがアリスターを外したんじゃないぞ。アリスターのほうから、怪我のせいで出来ないと言ってきたんだ。

Q アリスターはクリチコ兄弟とのボクシング戦をアピールしています

A それについては知らないが、良い考えだとは言えない。正直、アリスターの打撃はヴェウドゥム以下だったと思う。

Q 最近、WWEのビンス・マクマホンと会ったそうですね。

A ビンスと会ったのは2年ぶりだった。表敬訪問さ。WWE本社にも行ってみたかったしね。ビジネスの話もしたし、個人的な話もしたよ。






ついに登場、来年1月米国公開、ジナ・カラーノ主演「Haywire」予告編。






スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update