FOX役員の、3年前のMMAについてのコメント【時代は変わる・・・】


パット・カラン def マルロン・サンドロ (Bellator 48)(映像

緊張感のあるスタンドでの攻防が続き、サンドロがやや押しているかと思われた2R半ば、カランのハイキックがサンドロのアゴを捉えた。この試合は「ホーンバックル def 郷野」とそっくりだ。ちょうどあのときの郷野と同じように、優勢に見えていたサンドロが突然、ばったりと大の字になって凍り付いた。鬼のように強いサンドロではあるのだが、最後の最後で勝てないというのもパターン化されてきた(この試合もフェザー級トーナメントの決勝戦だった)。敗れたサンドロは子供のような泣き顔で泣きじゃくっていた。




FOXの役員が、3年前にMMAについてどんなコメントをだしていたかをUSA Today が蒸し返している

Fox Sports 会長、David Hill氏

嫌で嫌でたまらないのは、一人の選手がダウンいるときに、そいつのことをもう一人の選手が殴り続けることなんだ。このことはMMAを運営している人にも言っておいた。



Fox Sports 社長、Ed Goren氏

(CBSがMMA放送を始めたことについて)うちはそこまでして稼ごうとは思わんよ。



***

FOXは2002年6月にも、UFCを放送したことがある。キワモノと正統派の境界線上にあるようなスポーツをおもしろがってみるというバラエティ番組「The Best Damn Sports Show Period」枠内で中継されたものである。

ズッファはその年5月にUFC37を開催し、その次回大会として7月にUFC38を行うことをすでにアナウンスしていたため、6月に急遽開催されたFOX中継用の大会は俗にUFC37.5と呼ばれている。ダナ・ホワイトはMMA掲示板でファンに対して、「おまえら、FOXのサイトの掲示板に行って、UFC中継ありがとうと書き込んでくれ。それと、友達が尽き果てるまで、みんなに見るように勧めてくれよ」といった切実な書き込みをしている。またこの大会から、放送席にコメディアンのジョー・ローガンが加わることになる。

UFC37.5は放送の3日前に開催され、メインイベントは「チャック・リデル vs ヴィトー・ベウフォート」であったが、録画で放送された試合は「ロビー・ローラー vs スティーブ・バーガー」であった。FOXではその後もしばらく、1時間のUFCハイライトショーを放送していたのだという。

***

FOXとの提携を発表した翌日のダナ・ホワイト

ESPNはずっとUFCを嫌ってきたし、FOXと提携した以上、これからはさらに嫌われる。UFC Rio 用の来週のインタビューもキャンセルして来やがった。ファックESPN。



ESPNはウォルト・ディズニー傘下にあり、同じ傘下に地上波ABCもあるため、FOXとはライバル関係にある。レスリング・オブザーバによると、ESPNがニュース番組でどのスポーツをどんな風に扱うか(あるいは扱わないか)は、その試合なり大会なりの重要性によるのではなく、ESPNとの親しさに比例していると言われているそうだ。なんだか、三菱の商品を住友が売るわけないという、昔風のケイレツ取引を思い起こさせる。

そういえば、イギリスではESPNがUFCを放送していたが、イギリスのスター選手ダン・ハーディが登場した先週の UFC Live on Versus 5 の直前になって、突然放送を取りやめるという意地悪な出来事もあった。

***

オーストラリアの新聞サンデー・テレグラフでダナ・ホワイトが国際版TUFについて語る。

・「イギリス対オーストラリア」の構図で国際版TUFを検討中。
・優勝者はUFCと10万ドルの選手契約。
・撮影はラスベガス。
・すでにオーストラリアのテレビ局3局が放映に興味を示し、一流企業スポンサーもついている
・年末までにプレ・プロダクションに入る
・コーチ役には、マイケル・ビスピン、ロス・ピアソン、ダン・ハーディ、カイル・ノーク、ソティロポロス、ブライアン・エバソールと言った名前が挙がっている

生中継になるというアメリカ版TUFとは違って、国際版はこれまで通り、録画版で製作されるということなのか。




ミノタウロ・ノゲイラ、ブラジルのサイトで余計な一言

同性愛者には何の偏見もないけれど、自分はそういう人とは練習しない。他意はないんだ。フィジカル・コンタクトをいちいちセクシュアルなことだとも思わない。でももし、そのゲイの人のほうに他意があってやってるんだとしたらどうだろう?自分のアカデミーにゲイの生徒がいてもかまわないけど、一緒に練習はしない。



マイケル・ビスピン、ツイッターで余計な一言。地上波もついたことだし、この手の発言には、これまで以上に注意した方がよさそうな気も・・・

(ジェイソン・メイヘム・ミラーが妹とふざけていて誤認収監されたことについて)
ミラーは妹さんをヘッドロックに捉えたのに、逃げられたんだな。2つのことを言いたい。ヤツはゲイだ。それに、俺がヤツのギロチンは心配しなくて良さそうだ。



ビスピンとミラーは12月にTUF14フィナーレで対戦する。




イッツ・ショータイムのサイモン・ルッツのFacebook ページの日記から。

8月12日
今日はこの場で約束しよう。もし今月末までにK1が問題を解決できなければ、私は今年中にオランダで IT'S SHOWTIME のビッグイベントを開催する。

8月19日
そろそろ時が来た。もうすぐ9月1日だ!

8月19日
もうすぐ、バダハリのビッグニュースが!

8月20日
K-1と電話で話した。K-1では今年、最後のベスト16とベスト8のグランプリを開催することがほとんど確実だ。
もしK-1が、ベスト16のワールドグランプリを開催するなら、われわれは IT'S SHOWTIMEのビッグマッチを1月28日にオランダで開催する。マッチメークと場所は間もなく発表する。



ルッツの英語がつたなくて、全体的にちょっと意味がつかみ取りにくい。「the last 16th and final worldgrandprix」というのも、ここで訳したような意味なのかどうか、心許ない。「第16回」という意味かとも思ったが、調べてみると K-1 World GP は今年行われれば第19回目になる。ベスト16、ベスト8はK1が行い、決勝をルッツが行うように見えたりもする。気になる向きは各自原文にあたってほしい。




シンガポールOne FC の「ヘッドオフィシャル」兼レフリーにマット・ヒュームが就任とのこと。One FCには島田裕二もレフリーとして登場するそうだ。BOO!


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update