孤高のジャーニーマン、ボブ・サップ

8月24日号レスリング・オブザーバ による、今年の新日本プロレスG1クライマックス評:

黄金時代には遠く及ばないとしても、そして今後も及ぶことはないだろうけれども、新日本は曲がり角は曲がり終えたようだ。東京には熱心なファンの基盤があって、殆どの大会にホットな観衆を呼び込んでいる。G1クライマックス最終戦はいまだに強い伝統を保っていて、雰囲気はメジャープロモーションのそれだった。まだまだ人気が高いベテラン勢、いま物事をキャリーしている棚橋・中邑(アメリカではけしてオーバーしないタイプだが、日本ではメジャースターだ)・真壁・後藤といった全盛期の選手、そして内藤や高橋などの強力なスター候補生がうまくミックスされた陣容になっている。

2週間にわたって、クリーンな決着がおきまりのように続き、ピンフォールかギブアップ以外のフィニッシュはわずか1試合しかなかった。引き分けもなく、乱入もほとんど無かった。誰もが優勝の可能性を残すようなブッキングを良しとする向きもあるが、生き残りの数人をはっきりさせる方が、スターも作れるし、観客にとってもわかりやすいとの意見もある。新日本のやり方は、ほとんどすべての試合に意味を持たせようという方向だったが、その結果、終盤のアップセットに重複感が出てしまっていた。つまり、お気に入りの選手に、ここぞというと試合でがっかりさせられる感が相次ぐこととなってしまったのだ。

均等待遇のブッキングも、それ自体は悪いことではないのだが、日本ではその方向に行きすぎる傾向がある。圧倒的な選手が誰もいないと、タイトルマッチの際に「次は誰だ?」という風に見られてしまい、「誰がベストなのか」という風には見られないのである。



>今年のG1、無料で見れる分については、ちら、ちらと見ていたりする。なーんかちょっと食指が動くのだ。後楽園での「中邑 vs 天山」戦での観客が凄かったなあ。天山、涙ぐんでたような。何故あんなにホットになれるのか、何故天山を推すのかなど、もう僕にはさっぱりわからないのだけれど、客の思いがある程度ダイレクトに試合に伝わるというのは、あきらかにMMAにない良さだなあと改めて思った。






映画「コナン・ザ・バーバリアン」に出演して、映画のプロモーション活動中のボブ・サップが米MMAメディアの取材に答えている。サップは現在、MMAでは過去8戦で6敗、キックボクシングでは7連敗中だそうだ。まあ、サップの戦績なんて、数え方次第でどうにでも言えるんじゃないかと思うけど。

MMA Fighting のインタビュー

ファイトビジネスの成功の度合いは、収入の額なんだ。なんど負けたとしても、自分はプロモーターから試合を求められ続ける。そこでKO負けして、大会を盛り上げる。プロモーターは、自分を使うと何かが起きると知ってるんだ。あんまり良い選手だと、かえって害になることがあるからね。だってプロモーターにしてみれば、むむ、この選手はうちのチャンピオンを倒したら、ファイトマネーをつり上げて、戻ってきて防衛戦をやる気がないんじゃないか、って思うだろ。

(ネットでサップを批判するファンについて)これは冷徹なビジネスなんだよ。そういうファンは重要ではない。そいつらが雇ってくれるわけでもなければ、そいつらにクビにされるわけでもない。ネットでいろんなコメントを見るが、格闘家の話となると、インターネットはネガティブエネルギーに満ちたマシンのようなものだ。でも、選手をくさしているキーボード戦士たちの問題は、そいつらがスタジアムに3000人呼ぶわけじゃないと言うことだよ。

ファンに好かれれば金になる。ファンに嫌われても金になる。自分はそういうことで生計を立てているんだよ。

自分のスケジュールはもうぎっしり埋まってる。負けたり、情けない試合をしたりしているが、僕はまたリングに戻る。こんなスケジュールで試合をしなきゃいけない人間なんて、他に誰もいないよ。



CagePotatoのインタビュー

Q 全盛期には、日本の格闘技業界全体があなたに入れ込んで、いろんな商品を売り出していました。どんな気分でしたか?そんなことになると思っていましたか?

サップ 騒がれることについては自分なりには心構えはできていたよ。もちろん、自分の名前や肖像がついた商品が400以上も売り出され、何百ものCMが流される、なんてことに準備万端だという人はいないけどね。NFLにいたころには,お金の使い道を間違って、全部失ってしまったから、二度目のチャンスではマシな選択が出来たと思う。大金が入ってきても、どうすべきかはちゃんとわかっていた。まずは住宅ローンを払ったし、いろんな請求も一つ一つ片付けた。その時点で借金は完済したよ。

Q お気に入りのボブサップ・グッズは何でしたか?

サップ ユニークだったのは「ボブサップ・バイブレーター」だな。その会社は新作を作りたいといっていた。今度は僕の頭部を使いたいってさ。クールだったのはカシオの腕時計。僕の顔全体が光るんだ。

Q 日本のファンの騒ぎはどんな感じでしたか

サップ あるとき、女の子の群れが服を脱ぎ捨てて僕のタクシーに張り付いたことがあったよ。あれは面白かった。それから、大勢のファンが僕の方に走ってきたとき、身体障害者が押しのけられてしまったことがあった。これはまずいと思って、僕はその人の所に行ってその人のことを持ち上げた。そしたら「ありがとう」といいながら、僕の写真を撮ってたよ。

Q 結局、マイク・タイソン戦は実現しませんでした。

サップ 腹が立ったよ。ボクシング対キックボクシングのいい筋書だと思ったんだけどね。K1の問題は、1つのアイデアが受けると、それを何度も繰り返そうとすることだ。だから後になってヤツらは、「チェ・ホンマンがタイソンと戦う」とか、「レバンナがタイソンと戦う」とか「ミルコがタイソンと戦う」とか,色々言い出した。事態はどんどんクレイジーになっていく。1つの企画に集中してやり通すということが出来ないんだ。誰もが混乱していた。そもそもマイク・タイソンは日本に入国できないんだよ。

Q 昨年の K1 Dynamite では、あなたは出場を取りやめました。試合直前にファイトマネーを半額にされたという報道もありました。日本のMMAは腐敗してしまったのでしょうか。

サップ かつては全然そんなことはなかった。誇り高い人たちだったんだ。ものすごく忙しい中でミルコ・クロコップと戦ったときには、医療費を全部払ってくれたりした。すばらしいことだろ?でも今は、日本で怪我をしたらどうなるか。保険契約はあるのに、それは古傷だろうとかいわれて、治してくれないんだ。ホントにひどい話だと思う。

谷川氏が,今日は「K1は大丈夫」といい、明日には「投資家が必要だ」といい、さらに翌日には「大会を開催します」とか言ってるのを聞いてたら、誰だってよくわからなくなるだろう。大会を開けるなら、選手の未払いを払ってやれよ。

Q ファイトビジネス9年目、何か後悔はありますか?

サップ なにもない。生まれ変わってももう一度やるよ。それにさ、自分はまだ戦ってるんだよ。いまはただ、すっかり健康的なやり方でやってるけどね。



>ジャーニーマン稼業もいいけれど、やられっぷりにもうちょっと芸が欲しいところ。




ランディ・クートゥア、岡見は勝てないと予言。MMA Mania.

岡見が勝てるとは思わない。スキルが十分そろっていない。岡見はキムと同じように、対戦相手を無力化して試合に集中できないようにしてしまうタイプの選手だが、アンデウソンはそんなことにはならない。アンデウソンは岡見を捕まえて、フィニッシュしてしまうと思う。ブラジル大会だから、びっくりするようなことをやってやろうというモチベーションも高まっているだろう。アンデウソンを倒す青写真はソネンが示した。粘り強いレスラーが、恐れることなくテイクダウンをとり続け、出来る限り長い間窒息させ続ける。そんな男がアンデウソンを倒すと思う。



だから岡見はソネンと練習しているのではないのか・・・?




マウリシオ・ショーグンがESPNにブログを寄稿、ジョン・ジョーンズ戦敗戦を自己分析。

ジョン・ジョーンズ戦では、早い段階でダメージを負ってしまい、距離をつかむことが出来なかった。疲れも激しくて、そのせいでローキックをあまり放つことが出来なかった。テイクダウンを取られるリスクもあった。それらの要因が組み合わさって、良いパフォーマンスが出せなった。試合に向けたトレーニングに不足があったと思う。だからといって、ジョーンズがあの日、ベターな選手であったことには違いない。

ファンの中には、僕の体調が十分でなかったのではないかとか、ヒザがまだ痛いのではないかと考える向きもあるが、それは違う。ヒザはもう悪くない。100%治っているし、医者からもお墨付きをもらってる。






カロ・パリジャンがMMA Weeklyのインタビューで、9月24日DREAMでの桜庭和志戦を楽しみにしているといった発言をしている。ただし、MMA Weekly がパリジャンのマネージャに確認したところ、パリジャンは9月14日にブラジルで試合が予定されているそうだ。桜庭は9月大会に間に合わない可能性があり、その場合にはブラジルでの試合を取ると言うことらしい。




ブログ合併について (SHOOT NEWS)
10月からJ-SHOOTに一本化だそうだ。ええと、どっち派の敗北になるんかな・・・?


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update