Countdown to UFC134

米スパイクで木曜夜に放送された「Countdown to UFC134」。もちろん岡見も大特集。神社で何となくたたずんでいるシーンなんかも登場。岡見の援護射撃にチェール・ソネンもコメントを寄せてる。




ロレンゾ・フェルティータ「まだスケジュールがちゃんと出来ているわけではないんだが、来年はブラジルで4大会を行いたい。ビッグショーが2度、さらに2度程度のファイトナイト大会ではブラジルの若い選手を見てみたい。ブラジルにはいい選手がたくさんいる。一度来たら2年ほどご無沙汰するというのではなく、継続的にビジネスをやっていきたい」


ダナ・ホワイト、UFC on FOX のカードについて

アンデウソン・シウバが出るのではないかとの噂をネットで目にしたが、それは正しくない。アンデウソンが岡見に13秒で勝ったとしても、それはない。カードは今作っているところだが、両選手が合意するまでは言えない。ただ、アンデウソン・シウバの出場はないとしても、明日の大会の結果によってFOX大会に出る選手を決めたいという面がある。



ダナ・ホワイト、アンデウソン・シウバの次々戦について

それについては、まずはチェール・ソネンのヒューストンでの試合(ブライアン・スタン戦)を見てからだ。ソネンは勝たないといけない。

ダン・ヘンダーソンも可能性があるね。

アンデウソンは残りの現役生活でビッグファイトだけをやりたいそうだ。意味のある試合だけをね。ジョルジュ・サンピエール、ジョン・ジョーンズという2つの名前は意味を持ちそうだ。



(出所)
Dana White: Anderson Silva wants "big fights," but FOX headliner not happening (MMA Junkie)
Dana White: Chael Sonnen and Dan Henderson Both Possible for Anderson Silva’s Next Fight (MMA Weekly)




お家が大好きなフォレスト・グリフィンは、慣れない長期出張に、ブラジルの地でひとりテンションを下げる

悲しみのステージで言えば「受容」段階に移行した。「否認」の段階にはそんなに長くはとどまれないものだね。

img_1037038_38758737_2.png
(参考)外国嫌いなフォレスト・グリフィンさんの心の動き

ブラジルのファンからは、おまえは殺されるぞって言われたよ・・・英語がものすごく下手だったんで、なんとかやり過ごしたけど・・・

悪役を演じることが出来たらクールなんだろうけど、そういうのは苦手なんだ。自分には迫力というものがない。今にも倒れそうに歩いてるだろ。はったりがきかないんだ。

食べ物のラベルは読めないし、だれもサツマイモを料理してくれない。体重計に乗ってもおかしな数字しか出てこない。毎回計算をしないと体重も分からない。蒸留水も売ってない。

でも、自分の親もリタイアしたし、嫁さんの親ももうすぐリタイアするし、弟は大学に行きたいと言ってるし、もうすぐ娘は生まれるし、その娘だってそのうち大学に行きたがるだろうし、天才には生まれつかないだろうし。だからカネがいるんだよ。勝たないと。勝つとカネが違ってくるから。冗談抜きで、昔貧乏だったから、もう貧乏は嫌なんだよ。自分なんてささやかなもんだよ。貯金しなくちゃ。






レスリング・オブザーバ最新号より2題。UFC on FOXの発表の翌日から、スパイクTVではベラトールの宣伝を強化し始めているのだという。TNAプロレス中継では、MTV2で放送されるベラトール大会のCMを大量投入、番組本編中にも画面下部に番組宣伝のテロップを流していたそうだ。また、スパイクTVの重役やスポーツ部門のCEOが、ベラトール8月20日大会を観戦していたという。ベラトールを放送しているMTV2とスパイクは系列関係にある。

9年前に UFCがFox Sports Net のバラエティ番組枠で一度だけ放送されたことについて、そのときの視聴率は0.9% で、その時間帯のいつもの数字の4倍以上だったという。その際FoxはUFCに、スタンドの試合を提供して欲しい、グラウンド部分はカットすると通達していたという。このためUFCでは、「チャック・リデル vs ヴィトー・ベウフォート」というメインイベントではなく、「ロビー・ローラー vs スティーブ・バーガー」を放送用に提供したのだという。




小川は澤田と師弟対決 ケンドー・カシン参戦=8.27IGF全カード決定(スポーツナビ)
はぁ・・・なんというカード。なんのための師弟対決?どちらが勝てばいいというのか。
あまりに切ない・・・


桜庭が9.24「DREAM.17」で復帰 ちぎれた耳の完治をアピール(スポーツナビ)
今年前半、まったく興業が行われないという状態の中で、桜庭は、状況を他人のせいにしながら、リングから身を引くことだって出来たのだろうと思う。あるいはランディ・クートゥアのように、「これからは興味深い試合だけをやっていくよ」と、上から目線で半リタイアを決め込むことだって出来たと思う。

今の桜庭に、ブラジルの若い選手と試合をすることに意味などあるわけもない。勝っても負けても意味なんか無い。はっきりいえば、もはやファンだって、桜庭の試合はそれほど望んでいないと思う。個人的には、残酷すぎて目を背けてしまうこともしばしばだ。いまのDREAM、テレビ局からのプレッシャーだってないだろう。

桜庭がやりたいというなら、別にかまわないとも思う一方で、一ファンとしては、リングにのぼる桜庭への違和感はふくれあがり続けるばかりだという面があって、どこか切ない。とにかく、事故が起きないことを祈りたい。




●ストライクフォースそのものが、来年2月にショータイムの契約が切れた後の運命がまだ明らかになっていない。ましてズッファも女子格の今後について、従来の姿勢を崩していない。なのにクリスチャン・サイボーグがストライクフォースと再契約したのだそうだ

ということは、女子格をやっていくというズッファの意思の表れなのだろうか・・・

Fighters Only が、「エミリャーエンコ・ヒョードル vs ガブリエル・ゴンザガ」の噂があると報じている。ゴンザガのマネージャは,光栄なことだが何も決まっていないとコメントしている。

9.25 MAX日本トーナメントにクラウスが参戦!(K-1公式)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update