徴兵されるってどんな気分なんだろう・・・

“韓流巨人”チェ・ホンマンが突然の軍入隊!! 気になる復帰の時期は!?(Kamipro.com)

急転直下、ついにホンマンが軍人にッ! K-1で活躍するチェ・ホンマンが4月21日、江原道(カンウォンド)、原州(ウォンジュ)にある陸軍第36歩兵師団新兵訓練所に入所することが決定した。


徴兵制なんていまどき韓国も珍しい国だなあ・・・という印象を受ける人もいるかもしれないが、世界的に見れば徴兵制というのは、もちろん減少はしているが、それほど珍しいものではない。多くの国では、陸海空の軍隊に、従軍に代えて、一定の公共サービスへの奉仕を行うことでもよい、というオプションを用意している。たとえばドイツでは、心情的な理由から、公共サービスを選択する人がとても多いと聞く。もっともホンマンの場合は心情的な理由ではなく、身体的な理由で公共奉仕に配属されるようである。

リンク先の記事には、韓国の公共奉仕には三種類有ることと、それぞれに服務期間が定められている旨が掲載されている。ホンマンの場合、どうみても「芸術・体育要員」がふさわしいと思われるが、これは服務期間が34ヶ月と、非常に長いものとなっている。

以下はもう10年以上前に、筆者が韓国人の友人から聞いた話である。たいそう古い話であること、僕がからかわれている可能性もあること、彼の単なる個人的意見である可能性もあることを割り引いて読んで欲しい。普通の人は、大学を卒業すると徴兵に応じるケースが多いそうだ。だから、企業などに就職するのは、早い人で24歳とか25歳と言う計算になる。ちなみに就職について言えば、韓国では、たとえば「サムソン」に入社するのだそうだ。サムソンと言っても、エレクトロニクスもあれば金融も重工業もあるが、どこに配属されるかは入社時点ではさっぱり分からないのだそうだ。徴兵も大変だろうが、個人的にはそっちの方が大変そうだなと思ったりした。また韓国人は、恋愛については慎重で奥手の人が多く、大学時代までに異性との体験を持たない者が多数存在するそうである。この辺は彼の個人的な事情にすぎないのかもしれない。従って、兵役中の余暇時間はひどいエロトークばかりしていたらしい。また兵役中はフィジカル・トレーニングも充実しており、普通の韓国人男性でもガタイがいい人が多い一因となっているものと思われる。国民はもちろん喜んで徴兵を受け入れているわけではない。嫌々なのである。だから、兵役を逃れる人へは、法的制裁だけでなく、社会的風当たりも強い。芸能人、有名人などの徴兵逃れ疑惑は、格好のネタなのだそうだ。

ホンマンの兵役は格闘技ファンとしては寂しいが、おそらく徴兵制の国では、もっと個人的に寂しい思いをしている人がたくさんいるのだろうと思う。国の決まりで、2年間を拘束されるという、このどうにもならなさというのは、僕の想像をいつも超えてしまう。

*****
CM出演の吉田秀彦、『戦極』次戦はあの男とのリベンジ戦を熱望!!(Kamipro.com)

吉田が6月8日の戦極3で、自らの内蔵を破壊したジェームス・トンプソン戦を希望しているという。しかしジェームス・トンプソンは、5月31日にキンボ・スライスと戦う。CBS中継のメインイベントである。ささやかなつっこみであるが、このカードはありえない。

ちなみに吉田はDHCの男性化粧品のCMに出るとのことだが、DHCとは何の略語かご存じか?
答えはこちら。

*****

NBCでStrikeforceの30分番組が始まりましたが、その第1回分放送の動画がBloodyElbow ブログにリンクされています。よくまとまった印象の試合を2試合(カン・リーの2006年6月の試合と、デュエイン・ラドウィッグの2006年12月の試合です)、入場シーンやラウンド間のインターバルなどをカットして、これと言ったナンセンスや外連もない、クリーンな番組にまとめています。これが、3大ネットワークのMMA地上波放送の第一弾となりますが、非常にスポーツライクな印象です。

*****
更新をさぼり気味だった「海外MMAスケジュール」ページを大幅更新。6月1日WECで前田吉郎とダマーシオ・ペイジの試合が決まりました。

*****
右サイドバーにあるGoogleのAdSense広告、最近は「5cm身長アップ」という、新日本の真壁選手の写真が入ったグラフィック広告がよく出てきていますね。僕はテキスト広告で設定している筈なんだけどな。ところでこの真壁って、本物なのだろうか・・・嘘くさい・・・なんか実際より腹回りがメタボというか、顔もいくぶん淡泊で年老いているというか・・・口元も入れ歯が外れたような感じだし、ちょっと額がはげ上がっているようにも見えるし・・・どうも気になる写真ですが、広告は自分でコントロールが効かないので、まあ、仕方ない。気になった人はワンクリックしてください。悪徳サイトにつながってどうしようもなくなる、というわけではないようです。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update