UFCはもっと進化すべきだ【トリプルHが語る】


ビンス・マクマホンの後継者、トリプルHが、UFCについて次のように語っている

Q UFCなりMMAの人気上昇を受けて、WWEなりプロレスなりがどんな風に進化していくべきだと思いますか。

トリプルH 進化すべきだとは思っていないよ。二つは全然別のものだ。いまはとくに、似ていると思われているようだけど。

UFCに対応して進化する必要というのはない。正直、UFCの試合は時には長くて退屈で、ずっとグラウンドが続いたりするし、時には5秒くらいでさっさと終わってしまう。WWEについていえることは、スポーツ的な観点から見て、WWEはつねに良い試合を提供していると言うことだ。しようもない試合はあり得ない。

進化すべきなのはむしろUFCの方だろう。もうちょっとエンタメ的な観点を取り入れるべきだ。Tシャツとショーツで淡々と入場してきて、ただ戦って、勝ったら勝ったで「スポンサーに感謝します」なんて言って退場していく。もっと形式というものが必要なんだ。

ブロックが他人を挑発したり、ビール会社を罵ったりしたときには、みんながいきり立っていた。あんなことは失礼なことだと、みんなが話題にしていた。そして、ブロックの試合をまた見たいと思ったわけだ。ブロックもうまくやったもので、その後も何人かを倒し、いったんはブロック最強幻想を作り上げた。自分の友達にフロイド・メイウエザーがいるが、彼がいつも「俺はボクシングでもっとも稼ぐ男だ。もっとも多くの客を持ってる。なぜなら、もっともでかい口を持っているからだ」と言ってる。そういうことなんだよ。スポーツはエンターテインメントなんだ。


Q しかしブロックは、若くしてプロレスを去ることを決めた人ですが。

トリプルH まあ、揉めたわけではないしね。ブロックは田舎者なんだよ。悪い意味じゃないぞ。農場にいるのが好きで、有名になんかなりたくなかったんだ。煩わされるのが嫌いなんだ。WWEを辞める前には、プロペラ機を買って、パイロットを雇ったら、二度と空港に行かなくてもすむかなあ、なんて話していた。文字通り街から街へと飛べば、誰にも会わずに済むし、ただ会場に行ってプロレスをすればよくなる。それこそが、僕らが生活のためにやっている唯一のことだからね。毎晩20分間リングに立つ。それが1日のハイライトなんだ。年に200日も遠征していても、おいしいのは毎晩20分間だけ。

それ以外の時間は、そのためにケツを痛める時間なんだ。飛行機やら、空港やら、ホテルやら、レンタカーやら、20分のアドレナリンを味わったら、次の街に行くためにまたそれを繰り返す。ブロックが辛抱ならなかったのは、23時間40分の方なのさ。リング上での20分は愛していたはずだよ。



この記事を見たCMパンク、ツイッターで反応。

WWE以上にUFCに進化が必要だって?アホか!

現実離れしてる。見えてない。進化しないと死ぬぜ。






TUFシーズン12(GSP vs コスチェック)優勝者、ジョナサン・ブルッキンズが今週末のUFC大会でエリック・コク戦に臨む。TUFフィナーレ大会から10ヶ月ぶりの試合、6月のジェレミー・スティーブンス戦を負傷で流したあと、今回はフェザー級に下げての登場となるそうだ。TUF番組中でも、ひとり瞑想にふけるなど、ちょっとした孤高の無我戦士だったブルッキンズの紹介記事が ESPN にあった。抄訳。


ブルッキンズを理解するには、少しばかり知っておかなければならないことがある。携帯電話を持ち歩かず、クルマよりも自転車を愛し、時には図書館で時間を潰す。彼はそんな男なのだ。そんなキャラの男にとって、オクタゴンやトレーニングキャンプから離れることは、必ずしもそんなにひどいことではない。

この10ヶ月、ブルッキンズはバックパックを担いでユタ州を旅し、古代文明の岩面彫刻や砂岩が作り出す自然のアーチなどを満喫した。あるいは、自転車を駆ってマンハッタンを通り抜けてブルックリンまで走り、街の鼓動を味わった。

もちろん、生活ばかりではなく、格闘技の勉強にも時間を費やした。彼の場合、「勉強」という言葉がぴったりくる。

ブルッキンズはハワイ島ヒロで時間を尋ね、そこで文字通り、BJペンをただ眺めてすごした。BJペンが毎日どんな風に、自分の身体と対話をして、練習内容を決めているのかに注目した。数ヶ月後、ユタ州に飛び、Pit Elavated Academy でコート・マッギーと練習をともにした。ヒロでの生活とは違い、ユタでは、事前にきっちりと決められたスケジュールをみっちりとこなした。

次いでヴァンクーバーでジョージ・ソティロポロスと合流。ジョージはスパーリング以外は単独で練習することを好んでいる男だ。さらにそのあと、サクラメントでチーム・アルファメールに参加。そこでは練習も食事も、すべてがグループで行われていた。

「いろんな人がいろんなアプローチをしていた」とブルッキンズは振り返っている。「人々の間に共通点はほとんど見当たらない。いろんなものを見れて良かった。ちょっと現状に甘え始めていたところだったからね」。

(訳注)
Pit Elavated Academyは、ヨガとピラティス、MMAを融合した「オルタナティブ・フィットネスジム」を標榜している新感覚ジム。




Fedor-Monson M-1 Global Bout Signed for Nov. 20 in Moscow (Sherdog)

第2回「ガチ相撲トーナメント」開催、あかつ、春日、草野仁ら死闘 (お笑いナタリー)



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update