うたかたの夢と消えた140万ドル【ディアズ無念】

レスリング・オブザーバがニック・ディアズ騒動をまとめている記事から抄訳。

ディアズに近い情報筋によると、ペン戦について、ディアズは考え直し始め、こんな試合はしたくないと不平を漏らし始めた。そして一時はペン陣営に対して、ペンのことをリスペクトしているから、ペンとは戦わないという言葉を伝えた。かつて弟のネイトもペン戦を打診されて、アイドルとは戦えないとして断ったことがある。ペンのほうは、ディアズが試合を受けてくれることを願っていたという。年内にもう一試合することを希望していたからで、そこで勝って、GSPとのリマッチを目指すのが目標なのだ。

ディアズは頑固なまでに、試合をしないと言い張っていていた。その後、この期に及んで試合をしないというのは、自分のキャリアを終わらせるに等しいことを認識し、どうやら9月12日あたりになって、考えを変えたとされている・・・

ディアズがGSP戦で得たはずの金額は、PPV売り上げの一部からのボーナス支給を含めると、7桁(億円)であったとみられている。他方でペン戦で得ることになる金額は、ストライクフォースでタイロン・ウッドリーと戦ったときと大差ないという。

GSPとディアズがともに勝てば、両者の対決が組まれる見込みだ。しかし、もしコンジットが勝った場合、次にディアズが挑戦するとは限らない。試合展開によるが、GSPのリターンマッチが濃厚になるからである。



Fighters Only は、ディアズがGSP戦で得られるはずだった金額は140万ドルだとの情報筋情報を報じている。




試合後記者会見のフロイド・メイウエザーは、マニー・パッキャオ戦実現の可能性について尋ねられても、肯定も否定もせず煙に巻き、例によってパッキャオのステロイド疑惑を匂わせるばかりだったという

何度でも言うが、自分より10歳若い選手を倒すと、その選手には経験が不足していたと言われる。同い年の選手を倒すと、その選手は年を取りすぎていると言われる。上の階級の選手を倒せば、その選手は体格が小さすぎると言われる。自分はなにをしようともそんな風に言われてきた。もはや自分としては、とにかく対戦相手のケツを蹴るしかないんだよ。

これもずっと昔から言ってきたことだが、シュガー・レイ・レナードはオリンピックに出ていた頃から凄い選手だったと言うことはみんなが知ってる。だれもが、こいつはそのうち凄いプロ選手になるだろうと思ったよな。大学時代のマイケル・ジョーダンを見ていれば、やっぱりそのうち凄いプロ選手になると思っただろう。コービー・ブライアントだって高校時代から凄かった。そしてフロイド・メイウエザーをデビュー当時から見ている人も、そのうち凄いプロ選手になると思っただろう。

それでは聞くが、25歳を過ぎてから、突然凄い選手になるファイターって何なんだ?それってどういうことなんだ?そんなことはあり得ないことなんだよ。

隠すことが何もないなら、平等な条件で戦おうじゃないか。それだけのことだよ。隠すことが何もないなら、テストを受けろ。






ダン・ヘンダーソンがUFCに復帰し、UFC139(11/19サンホセ大会)のメインイベントでマウリシオ・ショーグンと戦うことが確認された




ジョン・ジョーンズのロングインタビューが USA Today にあった。一カ所だけ抜粋して紹介。

Q ショーグン、リョート、ラシャドと言った他のライトヘビー級選手と比較して、ランページをどう評価しますか

A ランページの特徴は、ほかの選手と違う、ということだ。みんなそれぞれに弱みがあったり、うまさがあったりするするなかで、ランページだけは、良くも悪くも、とにかく違うんだ。

いろんなアングルからのパンチに同じパワーを込めることができるのは、彼の素晴らしい才能だ。その点では僕もかなわない。何とか対処しないといけないね。






ダナ・ホワイトが、UFC前座試合のフェイスブック中継は今年いっぱいで終了すると明らかにしている。来年頭からのFOXとの契約では、傘下ケーブル局などで全試合がテレビ中継されることになっているからだそうだ。
なお今週末のUFC135プレリミナリーカード5試合は、前半3試合がフェイスブック、後半2試合がスパイクで中継される。「水垣 vs エスコベド」はライブではフェイスブック中継になる(WOWOWでは放送されることと思うが)。




足四の字固めの研究に余念がないアンデウソン・シウバとジュニオール・ドスサントスの不思議な映像。なんだかちょっと真剣そうにも見えなくもない。

レスリング・オブザーバ最新号によると、UFCアジア支社のマーク・フィッシャー氏が、野田佳彦首相に、2月26日のUFC日本大会への招待状を送ったそうだ。

「第2回ガチ相撲」トーナメント発表、15名が夢の土俵へ(お笑いナタリー)
先週末のバトルロワイヤルはさすがにつまらなかったですね(笑)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update