モンソン政治放談 / セガールの秘密暴露さる

UFC on Versus 6 は奇妙な「身長差」対決の連打となっている。



山本KID、ミゲル・トレスを含む4連勝でタイトルコンテンダーに急上昇してきたデミトリアス・ジョンソンは、UFC登録選手の中でもっとも身長が低い。もともとは将来創設のフライ級のエース候補として採用された選手だそうだ。前回のトレス戦のときにはまだ、建築現場などでフルタイムの仕事をしていたという。

試合が終わると、日曜日には帰宅する。「出かけていってパーティをしよう」という感じじゃあない。翌朝6時には起き出して仕事に行く。ミゲル・トレス戦の後は足を負傷していたので、足を引きずって職場に行った。

歩き回っているとみんなが「足をどうしたんだ?」って聞いてくるから、「うーん、なんだろうな。怪我をしたみたいだ」なんて答えてた。「病院で見てもらえよ」と言われて、「いやいや、大丈夫。まずはこの注文を片付けちまおう」なんて感じだ。

いまはもうフルタイムでは働いていない。ドミニク先のオファーをもらって、もう無理だと腹を決めた。自分自身にも、ファンにも、家族にも、トレーニングパートナーに対しても、フルタイムで練習する義務があると思ったんだ。



チャンピオン、ドミニク・クルーズのコメント

今のところ彼はアンダードッグだと見られている。彼の気持ちは察するよ。僕も初期の頃はフルタイムで働いていて、格闘技のキャリアとの両立に苦労していた。両方やるなんて無理だとか、それでは誰々には勝てないとか、否定的なことを言う人がたくさん出てくる。僕も通ってきた道だ。彼のケツにどんな火がついているのかは察しがつくよ。





パット・バリーのK1級ハイキックをどうやって防ぐかと聞かれたステファン・ストルーブの答え

スネで防御するよ



ストルーブはUFC登録選手の中でもっとも身長が高い。最小戦士と最大戦士のツーショット。






ジョン・ジョーンズ、これまでみんなが黙っていたスティーブン・セガールの手口をばらす(笑)。さすがの平成のイチロー人間ぶりだ。

まず第一に、他人の動機なんて、わかったもんじゃないよね。とくにリョート・マチダのコーチをしているような人の場合はさあ。マチダは僕が近いうちに戦いたい選手の1人だし、事前にこちらの心理状態やら、こちらが不利になるようなことは明かしたくはないんだよね。だいたい、これまでまったくご一緒したことの無い人から、試合直前にアドバイスがあると言われても、こちらとしても混乱するばかりだよ。おそらくは助けになると言うよりは害があるんじゃないかな。だいたいどうして僕の電話番号を知ってたんだろう。セガールは、やあ、僕は君が勝つと思ってる、僕の予言ははずれたことがない、でも試合前にちょっと言っておきたいことがある、みたいな感じだった。ホントにヘンだった。こき下ろすようなつもりはないし、彼にも悪気があったんじゃないとは思うよ。でも、まあ、スティーブン・セガールにセコンドについてもらおうとは思わないねえ。ジェット・リーだったらいいよ。それならクールだ。その電話だったら受けるよ。






Figure 4 Weekly が、UFCの過去10大会で、事前の掛け率に大差がついていた40試合の結果について分析したところ、アップセットは5試合しかなかったということだ(シバーに負けたソティロポロス、ループに負けたグリスピ、ブレネマンに負けたストーリー、オーティスに負けたベイダー、エドワーズに負けたロペス)。

元手が4000ドルだとして、負け犬に100ドルかけ続けたとすると、今の手持ちは2125ドルにまで減っているという計算になり、逆に勝ち馬に100ドル乗り続けたとすると、4265ドルに増えるという計算になるという。MMAで5対1といったオッズは、逆張りをしたくなるところだが、それは正しくないと言うことになるのだそうだ。




ジェフ・モンソンとパット・ミレティッチのアナーキー政治放談。Fight Opinion がツイッターをまとめた。

モンソン アメリカは自由と民主主義の国だというが、イスラエルからパレスチナが独立して国連に加盟する申請に拒否権を行使した。

ミレティッチ パレスチナはテロ集団ハマスを代表に選んでいる。イスラエルよりもテロ集団につくというのか。哀れな男だ。

モンソン 国連に申請しているのはパレスチナ当局であって、ハマスではないんだよ、パット。イスラエルが1948年にやったのと同じことだ。

ミレティッチ パレスチナ暫定自治政府もPLOもハマスも、全部同じことだよ。どれもイスラエルの破壊を目指している。あんたが味方しているのは、そういうテロ集団なんだ

モンソン 最近の調査では、圧倒的多数のイスラエル人がパレスチナとの和平を求めている。例によって、暴力を犯しているのは政府の方なんだ。

ミレティッチ 誰だって平和がいいと言うよ、ジェフ。テロ集団はどうやって食ってるんだ?答えは簡単で、テロ行為だよ!

モンソン アメリカだってテロ集団だと言うことがどうして分からないかなあ。グアテマラ、ニカラグア、パナマ、インドネシア、ベトナム、イラン、イラク、アフガニスタン。われわれが内戦を始め、選ばれたリーダーを転覆し、テロリストに訓練と資金を与え、現在も2つの国をカネで支配している。道端で爆弾を爆発させないからと言って、それがテロではないとはいえないんだ。

ミレティッチ 完璧な国なんか無いさ。でもアメリカは今のところ最高。あんたの反米的メンタリティは敵と同じ。

モンソン パレスチナの権利を支持することと、テロを支持することとは全然違う。テロ組織について勉強したければ、ハワード・ジンの「民衆のアメリカ史」を読むといい。アメリカ政府は他のどんなテロ組織よりも、世界の抑圧や貧困を引き起こしている。

ミレティッチ 世界の貧困はアメリカのせいだって?冗談言うなよ。

モンソン 詰まるところ、俺はテロ組織を支援していないが、あんたは史上最大の愛国主義集団を支持しているんだ。

ミレティッチ いいか、アホ野郎。自分の国が嫌いなら、出て行けばいい。それだけのことだ。悪の帝国USAを批判しながら、資本主義社会が提供するファイトマネーやスポンサーシップは受け取るというのか。歩く矛盾だな。

モンソン 本を読まないのか?アメリカの企業や銀行、IMFや世界銀行が、貧困国の経済を運営し、政府方針に指図をしているんだ。アンクルサムはおまえにしごいてもらって、国連でパレスチナをファックしてるんじゃないのか。

ミレティッチ おまえはもう死んでいる。

モンソン そうさ、俺もみんなと同じ、カネの奴隷さ。ただ俺なりに、システムを変えてやろうと努力してる。

ミレティッチ システムを変えるだって?じゃあ新人選手の賃金が、あんたと同じくらいになるというのか?アホな男だな。

モンソン ものを知らない人がやりがちな回答だな。まずは歴史の授業をやり直せ。

ミレティッチ 社会主義者なのかコミュニストなのかアナーキストなのかわからんな。おまえも分かってないんだろ。

モンソン 読書家で、心理学と政治学で修士号を持っている男とMMAトレーナーとがディベートするとこうなるという典型だな。




民衆のアメリカ史 上巻 (世界歴史叢書)民衆のアメリカ史 上巻 (世界歴史叢書)
(2005/01/28)
ハワード ジン、猿谷 要 他

商品詳細を見る





マット・ヒュームがネットラジオ番組で、ソフトバンクがUFC日本大会のスポンサーになるようだと述べたそうだ。Fight Opinion


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update