「シウバ vs ソネン2」仕込み中・・・


ギルバート・メレンデスがウエルター級転向を示唆している。このタイミングで、これは意外な変化球だ。MMA Mania


事と次第が順調なら、ウエルターに転向するかもしれない。ライト級にも戦うべき相手はたくさん入りが、長期的に二つの階級を制するという目標を持っておきたいんだ。傲慢なわけじゃなくて、夢なんだ。ちょっとくらい夢を見て、それを目指して仕事をしたっていいだろう。そういうことだよ。

*****


カリフォルニア州の Wasco State Prison で服役中のジョー・サン(40)が、同室の50歳の受刑者を殺害したとして取り調べを受けている。


サンの同室の男は10月10日午後5時50分、死亡しているところを発見された。胸部に傷があったという。サンは、1990年12月24日の強姦事件で終身刑を受け、9月16日から入監していた。

1990年の事件では、サンと共犯者のサンチアゴ・ガレン(当時ともに23歳)は、道に迷ったとして、犬を散歩させていた19歳の女性に接近。2人の男は女性を車の後部座席に押し込み、銃で脅しながら、繰り返し強姦を行った。アナルやオーラルも強要したという。強姦行為が終わると、2人の男は裸の女性を車外に放り出し、「メリークリスマス」と告げたという。女性の財布と犬は失われていた。2008年にサンが別の罪でDNAサンプルを警察に提出したことから、この事件の容疑が発覚、逮捕に繋がったという。レスリング・オブザーバ最新号(10月17日号)より。

*****


UFCでは、年末の「UFC141:レズナー vs. オーフレイム」から、PPV放送の開始時間を1時間早め、米東海岸で夜10時からとすることを発表した。理由は明らかにされていないが、来年以降のFOXによるプレリミナリーカードの中継体制との関連があるのではないかと見られている。UFCでは今年4月30日の大会から、放送時間を1時間早め、東海岸で夜9時からとしていた。その際には、東海岸地域でのPPV終了時刻が深夜1時になり、視聴者に不便であるという理由が挙げられていた。


日本でインターネット経由で中継を見る人や、WOWOWの生中継を見る人にとっても、大晦日から1時間遅い番組開始時刻となることになる。レスリング・オブザーバ最新号(10月17日号)より。

*****


「アンデウソン・シウバ vs チェール・ソネン」の再戦は、必ずしもラスベガスで行われるわけではないのではないかとの見方を Yahoo! Sports が紹介している。抄訳で。


UFCでは2004年以降毎年、スーパーボウルの前夜にラスベガス大会を開催してきた。今年についてはまだ、ネバダ州コミッションへの届け出は行われていないが、ダナ・ホワイトは9年連続で「スーパーサタデー」の伝統を守るつもりだ。


しかし、今年はソネンが出場できなくなるかもしれない。ソネンのネバダ州でのライセンス問題は解決していないのだ。


・・・ソネンはこの日を指定しているし、ダナ・ホワイトはこの試合を組まなければアホだとまで述べている。ファンの興味も高まっていることから、おそらくネバダ以外の場所で開催することが賢明だろう。

UFCでは2012年にブラジルでスタジアム大会を行う予定にしている。数週間前にUFCは、サンパウロで6万人規模のスタジアム大会の打ち合わせをしている。これまでのソネンのブラジルに対するコメント、シウバの国内での人気、二人のライバル関係などを踏まえると、ブラジルでのスタジアム大会にこれほどうってつけの試合はない。

他のメインイベントでは、これほどまでの一世一代の大勝負感を醸し出すことは出来ない。唯一の懸念は、ソネンの身の安全である。8月のリオ大会でソネンが岡見のセコンドにつかなかったのは、ソネンあてに脅迫が届いていたからだという。

それにしてもソネンは、勝負をかけ過ぎたかもしれない。今回首尾良くアンデウソン・シウバが再戦に応じたとしても、長期的に見れば、ビジネス的にはうまくない。シウバが勝てば、ソネンのキャリアは終わりを告げることになる。ソネンはいまや、UFCが誇るトップスターなのに、である。他方でソネンが勝てば、ラバーマッチがさらに大きなビジネスになり得るはずだった。

ソネンは34歳、シウバは36歳で、両選手とも、ビッグマッチのメインで稼げる時間には限りがある。そんなときに、必ずどちらかがソンをする、もしかすると両方がソンをするような条件を付けてしまうことは、あまりうまい手とは言えなかった。

>デイブ・メルツァーは全部分かって書いてるはずなので、あんまり文字通りに受け取らないよう。ルーザーリーブタウンマッチの結末がどうなりうるのか、プロレスの世界にはいろんなケーススタディがあるわけで。

*****

@DanHerbertson


K-1南京大会が行われるのかどうかの確実な情報がオランダからそろそろ出てくるはずだ

出場選手16名は明日までに、これまでの未払い金の50%を放棄することに同意しないといけないらしい

サイモン・ルッツは、「FEGが今日中に送金してこなかったら、もうおしまいだ」と語っている

ルッツはさらに、未払い金半額放棄を条件にオファーが賭けられているとの噂は「本当の話ではない」としている


グラバカ11周年記念大会「GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK」(スポーツナビ)

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update