UFCがPPV大会をキャンセル!/UFC on FOXで「ソネン vs, ビスピン」

仕事中の息抜きにちょっとニュースをチェックしたら、ずいぶんと大きなニュースが重なって報じられていて、チェックの手が止まらなくなってしまったので、パパッとまとめてみる。


●UFCが3月24日のUFC145カナダ・モントリオール大会をキャンセルした。モントリオール大会にふさわしいメインイベントやタイトルマッチを組めなかったことを理由としてあげている。

レスリング・オブザーバ・ラジオは、カナダで年3大会を行う予定じたいに変更はなく、モントリオール大会は6月以降に延期されることになると報じている。また、この大会で行われると報じられていたカードについては、別の大会に振り替えて行なわれるそうだ。

UFCがPPV大会を中止するのは初めてのことである。


●1月28日の「UFC on FOX2」でチェール・ソネンと戦う予定だったマーク・ムニョスの負傷欠場することとなり、同じ大会でダミアン・マイアと対戦予定だったマイケル・ビスピンがソネンと戦うことになった。この試合の勝者がアンデウソン・シウバに挑戦することになる。

マイケル・ビスピン「チェール・ソネンの最大の武器は口だ。それは試合中には完全に無意味な武器だ。私には、ソネンの明るい未来が見える。中古車セールスマンとしてのな。」(サイコー)
チェール・ソネン「私はこの跳ねっ返りのイギリス人の歯をへし折る。ヤツは自分のことを王族とか伯爵とか呼んでいるが(ビスピンのニックネームのザ・カウントは伯爵の意味)、自分こそがMMAの王族なんだ。アメリカ中が来週土曜のFOXショーにチャンネルを合わせることになる」(いつ、どこで見れるのか、情報をしっかり織り込んでいる)

ダミアン・マイアの対戦相手には、クリス・ウェイドマンが選ばれた。UFCでは当初、UFC142で快勝したホウジマール・トッキーニョに打診したが、トッキーニョは負傷を理由に断ったという。「マイア vs. ウェイドマン」がFOX大会の第3のメインカードになる。MMA Weekly.


●ズッファが、今後新たにUFCもしくはストライクフォースと契約を結ぶ全選手に対し、契約前のドラッグテストを行うことを発表した。MMA業界では前例のない動きである。

このニュースに先立ち、ストライクフォースのキング・モーが、1月7日大会の大会後薬物検査に失格したとの報道があった。ステロイドで陽性反応。ネバダ州コミッションはモーに対する処分を明らかにしていないが、典型的には半年から1年の出場停止が命じられるものと見られている。

モーのコメント

ものすごく驚いた。体内に摂取するものについては、とても注意をしていた。これまでにもドラッグテストで失格したことはない。オリンピックスタイルのドラッグテストも受けてきたし、これからも喜んで受ける。真相を探るためにはなんでもする。自分はズルはしていない。ビデオゲームでズルをすることはあるが、試合では一度もない。(MMA Mania




>レスリング・オブザーバ・ラジオはこの取り組みについて、広報的な意義はあるとしても、抜き打ちテストでない限り、いくらドラッグテストの数を増やしても、事実上の意味はほとんどないのではないかと論じている。

それにしても、九死に一生を得たアリスター、サイボーグ、そしてモーと、ストライクフォースの選手にゆるみが目立っているのは事実である。


*****

DREAMとProEliteが提携関係に選手の派遣、イベント共催の可能性も(DREAM公式)

大晦日大会が終わって、DREAMの次の予定が、発表どころか、ほのめかされてすらいないのは、とてもバッドニュースなのではないかと思うのだが、他方でアライアンスは続々と進めているようだ。それだけ、国内では試合数を作れない、ということなのかもしれないし、このようなアライアンスから、何らかの逆襲を計画しているのかもしれない。アライアンスだけから何かを生み出すというのは、基本的にはとても難しいはずだと思うんだけれど、動向を注目したい。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update