オーフレイムショック

3月28日にネバダ州アスレティックコミッションが、UFCヘビー級6選手に対して行った抜き打ちドラッグ検査の結果、アリスター・オーフレイムの尿から、基準値を超えるテストステロンが検出されたことが明らかになった。

テストステロン値はT/E比という数値で表現されるが、普通の人の場合1:1、ネバダ州コミッションの基準値は6:1であるところ、アリスター・オーフレイムの場合は10:1を超えていたそうだ。

アリスター・オーフレイムは昨年12月30日のブロック・レスナー戦の前のドラッグテストで、尿サンプルの提出が大きく遅れたため、とりいそぎ条件付きの試合許可を与えられ、今後数ヶ月で何回かの抜き打ち検査を受けることを義務づけられていた。

抜き打ち検査を受けた他の5選手、JDS、ベラスケス、ミア、ビッグフット、ロイ・ネルソンには問題がなかった。

この件について、たまたまカナダのメディアとの記者会見に応じていたダナ・ホワイトは「怒りを通し超している。どこまでアホなんだ。」と激怒。さらにYahoo Sportsの取材に答えて、「われわれは選手と信頼関係を作っていきたい。われわれは警察でもなければ、コミッションでもない。ましてや父親でも母親でもない。だから、何かアホなことをやらかしたら、最低でも素直に言ってきてほしいんだ。そうすればこちらも協力できることはある。アリスターは真っ正面から嘘をついた。自分はそのことにとても怒っている。ヤツはこういったんだ。自分が失格する心配は全然しなくていい、自分ほど頻繁に検査を受けているアスリートはほかにいないってな。ああ、そうだろうよ」

尿検査では、同時にA、B2つのサンプルを収集する。今回はアリスターのAサンプルで陽性反応が出たが、アリスターがこの結果に異議を唱える場合には、Bサンプルを使っての再検査を求めることが出来る。しかし、ネバダ州コミッションのキース・カイザーによると、現時点でアリスター陣営から再検査のリクエストは出ていないという。また、アリスターが日を改めてもう一度、尿検査を受けることが出来るとの報道が一部にあるが、コミッションによるとこれは間違いで、あくまですでに収集済みのBサンプルが検査の対象となるそうだ。

現在アリスターは、ネバダ州コミッションでのライセンスがない状態なので、陽性に対するペナルティが直ちに発生するわけではない。しかし、新たに選手ライセンスを取得することは難しい。

UFC146のメインイベント、「ジュニオール・ドスサントス vs. アリスター・オーフレイム」がどうなるのかについては、いまのところ発表はないが、このカードの消滅が公式に発表されるのは時間の問題であると見られている。

機に聡いフランク・ミアは早速、アリスターに代わるドスサントスの対戦相手として立候補している。レスリング・オブザーバは、ドスサントスの対戦相手としてもっともロジカルなのはベラスケスだろうと見ているが、アリスターがBサンプル検査を要求した場合、最終決定までには時間がかかるだろうと報じている。

(出所)
Frank Mir Would Be 'Excited' to Replace Alistair Overeem in UFC 146 Title Fight (MMA Fighting)

Keith Kizer: NSAC Yet to Hear From Overeem's Camp About Testing B-Sample(MMA Fighting)

Alistair Overeem’s positive for PEDs infuriates Dana White; it’s time the UFC stepped up testing. (Kevin Iole, Yahoo! Sports)

*****

ダナ・ホワイト、ジョシュ・バーネットについて。MMA Mania。

Showtimeは、ヘビー級トーナメントの優勝者にもう一試合やらせたいらしい。そいつはたぶん、UFCにくることになるだろう。ジョシュと自分はここしばらく、ヤツがUFC傘下に入って以来、お互いにいい人ごっこをしているよ。勝ち負けの問題以上に、選手とは条件が合わないといけないし、交渉もしないといけない。もしジョシュが優勝したら、UFCに来ない理由はないと思うが、交渉が成立しない場合は仕方ない。



*****

ダナ・ホワイトが先日、「サッカーほど才能のいらないスポーツはない、3歳児にも出来るスポーツ、あんな大きなゴールに2,3点しか入らないなんてアホらしい」などとあおった件について、サッカーのスター選手ジミー・コンラッドが反応している。ここまでは、どうやらこのサッカー選手の勝ちである。

なぜあなたのようなタフガイが、サッカーをそんなに恐れているのでしょうね。本当に3歳児に出来ることはファイトだと言うことに、気がついているからじゃないですか。

まああなたなら、3歳児同士のけんかを、「スリラー・イン・マニラ」並に売り込むことが出来るのでしょうけれど、そんなことはしないでしょう?だって、やっぱり3歳児にはテクニッも戦術もないですからね。サッカーも同じなんですよ。

こうしませんか。あなたのことを好きなので、お友達と一緒に来てください。私とサッカーをしましょう。あなたによるとサッカーに才能は必要ないので、きっとあなたはスター選手の活躍をしてくれるのでしょう。怖いですか?お返事お待ちしています。



*****

2006年のPRIDEラスベガス大会のメインイベント、「ヒョードル vs. マーク・コールマン」の試合後に、顔がぼこぼこに腫れ上がったダディと抱き合ったコールマンの娘さんが、そのときに気分について語っている

そのときの勢いでリングに放り込まれた。みんなはあんなことをするのは間違いだとパパを責めたけど、パパがやられたことは早かれ遅かれ分かることだし、正直パパが悪いとは思わなかった。リングに上がるのはとても楽しかった。後悔していることは何もない。

もちろん悲しかったけど、同時に素晴らしい瞬間だった。パパは世界最高の選手と戦ったんだから。ヒョードルはクレイジーね。かっこいいわ。



*****

K-1の現状と今後について -- 谷川貞治より(FEG公式)

何かと思って読んでみれば、なーんだ、外から見てても、事実上もうこんな感じになってるじゃないですかという感想を持つが、それでも当事者がこれを言うまでには、いろんなハードルがあり、葛藤があり、叶わなかった希望や潰された計画があったんだろうなあと思う。
でも、こうしていったんちゃんと終わるというのはとても大事だと思う。不思議なもので、K-1がその終焉を認めず、がんばればがんばるほど、「K-1終わったな」と言う印象がしたものだが、こうしてラストメッセージを出されると、逆に何か新しいことが始まるような印象を持つ。
いい意味で、今更さほど期待もしないで待っていたいと思うので、時間がかかっても、「新しい格闘技」で是非驚かせてほしいと思う。

*****

INOKI - UNKO BA YE - Laxative Tea (Bob Sapp Laxative Commercial)

ボブ・サップ出演のお茶か何かのCM。サップに猪木を茶化す資格はあるのだろうか。サップの試合時間より長いビデオであることだけは確かだ。

Rampage Jackson - How To Pick Up A Gurl - Fast

ランページ出演のこちらもなにかのCMのようなのだが、レイプに関するコントを演じていて、こんなことをやっていていいのか、実に心配だ。2人とも、よく言えば芸人根性ありすぎ、わるくいえばはした金で仕事受けすぎという気がする。


スポンサーサイト

トラックバック

まとめteみた.【オーフレイムショック】

3月28日にネバダ州アスレティックコミッションが、UFCヘビー級6選手に対して行った抜き打ちドラッグ検査の結果、アリスター・オーフレイムの尿から、基準値を超えるテスった。テストステロン値はT/E比という数値で表現されるが、普通の人の場合1:1、ネバダ州コミッション?...

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update