秋山次戦 / レスナー乱闘!

秋山成勲の次戦が7月21日カナダ・カルガリーでのUFC149で、チアゴ・アウベス戦になる模様だとMMA Fightingが伝えた。またしても大変に厳しい相手である。この大会ではメインイベントでフェザー級王者ジョセ・アルドの防衛戦も予定されており、仮に日沖が挑戦することとなれば、カナダの地で時ならぬ日本人祭りになることになる。

*****

ジョーンズがチーム・ジャクソンに加入すると、エバンスはチーム・ジャクソン流の世渡り術をこの若者に教えてやることにした。

「発言には気をつけろ、と教えたんだ。先輩の自分と戦いたくないなら、そんな考えすら持つな、とね。僕もよく、もし(同門同階級の)キース・ジャーディンと戦ったら勝てますか、と聞かれたものだが、そんなとき僕はいつも、キースが勝つよと答えていた。キースはキースで、同じことを聞かれたら、ラシャドが勝つよと言っていたんだ。これでものごとは曖昧になる。誰もあおったり、裏をとろうとしたりしないだろ。ちょっとしたつつましさということだよ」

しかしエバンスによれば、ジョーンズはこの教えを守らなかったと言うことになる。テレビのインタビューでラシャド戦について問われたジョーンズは、「もし試合をしないとUFCを首になるとでも言うのなら、たぶん戦うよ」と答えたのである。

「もちろん、チームメイトとは戦わないといけないなんて、いやだ。戦いたくないよ。」とジョーンズは締めくくっている。

ジョーンズは無意識だったのだろうが、その時点でジョーンズはルビコン川を渡ってしまっていたのである。インタビュアーの質問の前提条件に合意してしまっているからだ。ラシャドの教えに反して、「そんな考えを持った」のである。これをうけてラシャドがESPNでジョーンズを青二才呼ばわりし、そこから事態は展開し始める。

しかしジョーンズからみれば、約束を破ったのはエバンスの方だった。ジョーンズは何も野望を持って発言したのではなかった。ただ、タイトル挑戦するのに、階級を下げたくなかっただけだったのである。

「ラシャドは僕の発言をとらえて、それを利用してタイトルに挑戦しようとしてるんだ。なにがあろうと、お互いに戦うことは避けよう、という約束になっていたはずなのに。僕は、チームメートとは戦いたくない、といっただけなんだ。どうしても戦うという場合は、そのせいで解雇されるとか、そういう極端な場合だけだといったんだ。ラシャドはそれをとりあげて、僕と戦う理由にしている。僕たちの約束やチームの結束を全部反故にしているんだ」

・・・その後ストーリーは何度も語り継がれ、そのたびに形を変えていき、当初のストーリーがなんだったか、もはや誰も覚えていない。誰も嘘はついていないが、誰の目から見たストーリーにも完全に賛成はできなくなる。人間関係が崩れ、感情が傷つけられるときというのは、得てしてそういうものであろう。記憶には都合のよいフィルターがかけられる。経験は現時点の認識によって塗り替えられていくのである・・・

Jones and Evans, once training stablemates, ready for title clash (INSIDE MMA, SI.com)


*****

ブロック・レスナーとWWEの契約が1年間で500万ドル保証と報じられているが、レスリング・オブザーバ最新号もそのような噂に触れながら、現在のWWEのレスラーの中で破格の金額であると評価している。WWEレスラーは、ゲート収入やPPV売り上げ、マーチャンダイズ利益などに対するパーセンテージで報酬を得ており、同時に契約で最低補償額が決められているそうだが、最低補償額ベースでは年間100万ドルを超える選手はいないそうだ。ジョン・シナなどのトップ選手は、1年終わってみれば、結果的に年200万ドル程度を稼ぐことはあるという。

オブザーバはさらに、月2回程度のブッキングでレスナーを使うのだとすれば、PPVでのシナ、アンダーテイカー、ロック、オースチンとのシングルマッチを軸に組み立てるしかなく、おそらく最初に出て行って負けるのはシナで、最後に出て行く選手が来年のレッスルマニアでレスナーに勝つことになるのだろうと分析している。オブザーバは、最後にレスナーを倒すことになるのはザ・ロックではないかと予想している。(その後、4月29日のPPVで「レスナー vs. シナ」が行われることが正式決定した)



RAWでのレスナー発言

8年前、俺はこの会社を去った。WWEチャンピオンとして、この会社をこれまでにない高みへと導いた。そのあとUFCに行き、UFCヘビー級チャンピオンになった。ヤツらの成功は俺の血と汗と涙の結晶なんだ。



*****

アメリカで放送中のジ・アルティメット・ファイター・ライブは視聴率が引き続き低下しており、最新回(第5回)の視聴者数は94万7千人と、TUF史上初めて、視聴者数が100万人を割り込む最悪の事態となった。ネットでは、金曜の夜という選択が最悪だという声、試合をライブ中継にしたとはいえ、テレビを見ている限り、これまでのTUFと何ら代わりがなく、マンネリ化しているという声などが聞かれている。

*****

ジェイソン・メイヘム・ミラー
チェールがほかの誰かのステロイド値をとがめるなんて、僕が誰かの散髪をけなすようなものだね!

チェール・ソネン
メイヘム殿:時間がないため、いまのところツイッター上での戦争相手は、現役かつ強い選手だけに限らせていただいております。おみやげにTシャツでもいかがですか。


ソース: BloodyElbow

*****

ロスアンゼルスの消防士ラファエル・デイビスさん(35)が、勤務先の消防署に内緒でMMAの試合に出場し、試合で受けた傷を消防署の職員向け傷害保険で治療したとして、保険金詐欺で逮捕されるという事件があったそうだ。公務外の怪我の治療に、職員保険を4度使ったのだという。デイビスさんのリングネームは「The Noodle」というそうで、戦績12勝2敗というからなかなかの猛者のようである。

*****

【ボクシング / キック系】 「王者粟生 & 山中 W 世界戦 長谷川穂積再起 ! ボクシング 3 大戦」視聴率
8.9%だったとか。ボクシングの場合はいつも思うんだけど、対戦相手のことがわからなさすぎる・・・盛り上がりようがないというか・・・

プロ修斗 浪速の極め職人・生駒純司が引退(J-Shooto)

ヘッドロックかけ続け死亡させる…焼き鳥店の店長が暴れた客に25分間(スポーツ報知)

しずちゃん「脳に影」報道 近日中に精密検査へ(J-Cast)

第43回大宅賞は増田俊也さんと、森健さんと子どもたちに決定!(文藝春秋)

スポンサーサイト

トラックバック

まとめteみた.【秋山次戦 / レスナー乱闘!】

秋山成勲の次戦が7月21日カナダ・カルガリーでのUFC149で、チアゴ・アウベス戦になる模様だとMMAFightiフェザー級王者ジョセ・アルドの防衛戦も予定されており、仮に日沖が挑戦することとなれば、カナダの地で時ならぬなる。*****ジョーンズがチーム・ジャクソンに加入す?...

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update