青木には何も差し出さない。そうすれば彼は戦いようがない。【エディ・アルバレス】

決戦直前!エディ・アルバレスインタビューより、当ブログにしては珍しく戦略的・技術的な部分のお話を抄訳。アルバレスにとってベラトールとの契約最終戦、勝つと負けるとでは今後の進路も違ってこよう。出所 USA Today

Q 青木はメレンデス戦では精彩を欠いていました。彼が見せた弱点は何でしょう?

ギルバート戦の青木は、基本的には芸が足りないところを露呈してしまっていたと思う。自分のゲームをやらせてもらえないと、ああなってしまうんだ。ギルバートは青木をしっかり封じ込めていた。

ギルバートのように遠い距離で戦うことは、僕も考えている。そこにときおり、ラッシュをかけたりするのかな、わからないけど。

Q あなたは結構パンチをもらうタイプですが、青木はそういう相手でもないですよね。だから楽なのでは?

それは逆で、かえって難しいんだよ。

僕のスタイルは、たいていの相手にとても有効なんだ。正面からぶつかり、ペースを奪う。そういうのが好きなんだ。そのスタイルを守りつつ、同時に注意深く戦わなければならない。そのバランスを、今回はずっと練習してきたんだ。攻撃して、プレッシャーをかけつつ、同時に注意深く守りを固める。

青木は僕とはまるで違うスキルを持ち込んでくるし、アグレッシブな相手をうまく罠にかける。突っ込んでいくだけでは、やつに利用されてしまうだけだろう。

青木には何も差し出さない。そうすれば彼には戦いようがない。



*****

ベラトールが上田将勝をリリースしたとSherdogが報じている。上田は4月6日のベラトール・フェザー級トーナメント一回戦で、格下と見られたトラビス・マークスにユナニマス判定負けを喫した。Sherdogの情報筋によると、解雇の理由として "lackluster performance" (精彩に欠く試合ぶり)があげられているという。これはそうは思わないな・・・とてもアグレッシブな試合ぶりだったと思うのだけれど。

*****

大会当日のビヨン・レブニーは、アリーナのフロアと舞台裏とを何度も行き来する。ベラトールのロゴマークで飾られた、たくさんのトレーラーが横付けされ、65~70人のスタッフが、地元のサポートスタッフと一緒になって、トレーラー周辺はごったがえしている。

ベラトールにとって、このトレーラーやスタッフは、ごく最近導入されたものだ。3年前には、基本的には荷車に積んだケージと、製作用のトラックが1台あるだけだったのだ。

バイアコムとの提携で事情が変わった。提携は、レブニーの長年のビジョンが日の目を見た瞬間だった。レブニーは元々ボクシング業界での職歴があり、UFCの成長は初期段階からずっと見てきた。何の保証もないまま、自己資金をつぎ込んで会社を設立したレブニーには、ビジネスプランが必要だった。

その頃までに、IFLやエリートXCといった会社が立ち上がった。それらは公開企業だったので、レブニーは経営データを見ることができ、彼らが何を間違えたのかを学ぶことが出来た。それにはいい面と悪い面があった。間違いから学ぶことが出来るのはいいことだった。しかし、その損失額の大きさは、投資家を尻込みさせるに十分だった。

16ヶ月かけて、レブニーは資金調達のために全米を飛び回り、61の投資家グループに売り込みをかけた。1000万ドルのオーダーの調達を目指していたので、なかなかの大仕事だった。何度も何度も、聞きたくない答えを聞かされた後、62社目の売り込みは電話会議だった。相手先の Plainfield Asset Management にはかつて、IFLやエリートXCも救いを求めてきた。MMAにある程度詳しい会社であることもあり、彼らはレブニーの話に食いついた。プレゼンテーションは途中でさえぎられ、とにかくすぐにニューヨークに来いということになった。

「この仕事のしびれるところは、自分のプレゼンを却下した人のうち、15%くらいの人が「実は感心していたんだよ」といって接触してくることなんだ」とレブニーは語っている。

(出所)
All-Access: Fight Day With Bjorn Rebney (MMA Fighting)

*****

5月5日開催予定のUFC on FOX3大会は、ボクシングPPV「フロイド・メイウエザー vs. ミゲール・コットー」と同日開催になる。UFC on FOX1大会(ドスサントス vs ベラスケス)も、UFC放送終了の直後にパッキャオのPPVが始まるという時間帯にぶつけられていた。同日開催の利点について、ロレンゾ・フェルティータがMMA Fightingに語っている。

格闘技ファンが家でテレビを見ている日になるんだよ。格闘技デーになるから相乗効果がある。ボクシングには申し訳ないけど、ボクシングのアンダーカードなんか誰も見ないので、UFCを放送しているとちょうどいいんだ。ただし、事前の広報では、みんながメイウエザーの方に行ってしまうのがつらいところだけど。

ボクシングファンとMMAファンは相当に重なっていると見ている。年齢層がボクシングファンの方が少し高いかなという程度だ。HBOは、2つのスポーツのファンは全く重なっていないという調査結果を出しているが、われわれの調べでは、同じ人たちがPPVを買っているんだよ。



日本ではメイウエザーの試合は5月6日午前11時からライブ中継で、UFC on FOX3は5月6日夜11時から、それぞれWOWOWで放送される。ある意味日本では「高柳アナ・デー」になるともいえる。やれやれだ。

*****

When Mike Tyson Takes the Stage: The Boxer’s Vegas Show (TIME)

TIME誌の芸能ページが、マイクタイソン・オンステージの批評を掲載している。リンク先には白いカクテルスーツに身を包んだタイソンの姿が。基本的には自らの半生を語るトークショーらしいが、ジャズを歌ったりもするという。猪木闘魂ライブのラスベガス版みたいなものなのかもしれない(猪木のトークショーに行ったことはないのだが)。ボクシングファンと、観光客が主な観客らしい。


スポンサーサイト

トラックバック

まとめteみた.【青木には何も差し出さない。そうすれば彼は戦いようがない。【エディ・アルバレス】】

決戦直前!エディ・アルバレスインタビューより、当ブログにしては珍しく戦略的・技術的な部分のお話を抄訳。アルバレスにとってベラトールとの契約最終戦、勝つと負けるとでは今後の進路も違ってこよう。出所USATた。彼が見せた弱点は何でしょう?ギルバート戦の青木は、...

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update