ブロック・レスナーMMA復帰?【UFC146レビュー】

アリスター、ハントの欠場と、ところてん式カード変更により期待感が大きくそがれた今大会、それでもこちらは50ドルも払ってPPVを買うわけでもなく、寝転んでWOWOWを見るだけのことなので、実際に見てみればかなりおもしろいのでは・・・と逆張りの期待感を持っていたけれども、終わってみれば、実力差が大きい同士の対戦が多く、バンバン決着がつくことに爽快感はあれど、大味・雑味が強く残った感じもあった。ちょっとストライクフォース的な味付けだったような気もする。

ベラスケスが非常に強く、かつ残忍に見えたことは印象的だった。こうなるとドスサントスとのリマッチが楽しみである。ステファン・シュトルーブの歴史上最大の引き込みからの十字はまるでブラックホールのようで、あんなブラックホールにマーク・ハントが引き込まれなくて済んだのは不幸中の幸いと、おかしな納得をした。ダン・ハーディはよかった・・・4連敗同士、秋山にも御利益があるといいけれど。他方でメイヘム、試合がPPV枠で流れなかったので、ネットでどうにかしてみたわけだが、これはPPV枠で流れないはずだわ・・・前回の試合をダナ・ホワイトに酷評されていたのは、ちょっとかわいそうに思ったけど、なんだか今回は同情できない。旧型すぎる。しかもまたしてもガス欠。


・ワンパンKOで大オーバー、ロイ・ネルソンは今回はバーガーキングではなく、カールズジュニアのウエスタンベーコン・チーズバーガーを食べに行くと宣言!

・WOWOWの画面にもちらっと映し出されたブロック・レスナーについて試合後記者会見でのダナ・ホワイト。

Q ブロック・レスナーの姿が見えました。何をしにきたのですか?

しらんよ。UFCのファンなんじゃないのか。

Q それ以上のことはないということですか?

そうでもない(笑)

Q と、いいますと?

言えない。

Q 復帰があり得ると言うことですか

ありえるんじゃないの。

Q 説得してるんですか。

いいや。ま、何かあったら知らせるよ。



・ヴィトー・ベウフォートが練習中に手を負傷し、手術を受けた。6月23日のバンダレイ・シウバ戦はキャンセル。チケットはすでに1万枚を売っている。


・CBドラウェイに破れ連敗となったジェイソン・メイヘム・ミラーがバックステージで「もめごと」を起こし、そのせいでUFCをリリースされた。ダナ・ホワイトは「もめごと」の内容については明かしていない(暴力ではないとしている)。


・第1試合で勝利したマイク・ブラウンが引退を発表。WEC時代にブラウンはユライア・フェイバーを2度下しており、第2戦はWECの最高視聴率を記録した。


・UFCオクタゴンガールのアリアニー・ロペスが大会当日の早朝7時半にドメスティックバイオレンスで逮捕された。保釈金3千ドルで釈放され、PPV後半からはラウンドガールとして姿を見せていた。アリアニー・ロペス・・・?ラストネームはセレステだったはず。結婚したのか・・・なおこのあたりのソースは全部レスリング・オブザーバのサイトです。


・WOWOW放送でジョー・ローガンの勝利者インタビューの通訳はコイケミズカさんだった。どうせなら訳しているご尊顔とアフロペンを小さなワイプで映し出してほしいものだ。通訳はミズカさん、翻訳はOMASUKI FIGHTに!


・ちなみに、練習中に半月板を損傷し欠場したマーク・ハントは、13年のキャリアを通じて、負傷欠場は初めてだそうだ。というか、怪我が初めてだとコメントしている・・・ほんまかいな。今回は慣れない練習を、本当にしていたのかもしれない。手術をする予定で、数ヶ月は動けない見込みだと語っている。

*****

ベラトールで藤井恵を下したジェシカ・アギラーのインタビュー。いまさらですが試合前のものです。MMA Mania.

Q 藤井はベラトールで前回、ゾイラ・グージェルとスタンドで戦いました。私は藤井が勝ったと見ましたが、いずれにせよ、ゾイラと5R、スタンドでやり合ったというのは驚くべきことです。もし藤井があなたともスタンド勝負に出てきたら驚きますか?

それは驚くことではないわ。メグミは打撃でも十分やり合えるんだと言うことを証明したかったんでしょう。私も同じ気持ちは持ってる。私はグラウンドの選手だと思われているし、実際そうなんだけど、ほかにも出来ることがあることは知ってほしいと思っている。正直、スタンドでこられても驚かないし、むしろおもしろいことになるかも。どうなろうとも、私には用意が出来ているけれど。



別のインタビューでアギラーは、自らバイセクシュアルであることを明らかにしている

呼び名はどうでもいいけれど、私としては、相応しい人に出会ったときには、それが男性であれ女性であれ、幸せに思う・・・こういう話をするのは怖いし、もっと楽に話せるようになりたい。私のやり方に賛成しない人もいると思うけど、そういうネガティブなエネルギーには関わらない。ごめんなさい、私は私でしかないから・・・



BloodyElbowによると、トンヤ・エビンジャー、リズ・カモーシェ、Michelle Ould といった女子選手がこれまでに、ゲイまたはバイであることを明らかにしている。男子選手でカミングアウトする人はあまりいないが、アメリカの女子選手はわりにオープンな傾向があるみたいだ。

*****

【ジュエルス】女王決戦は浜崎朱加が辻結花に一本勝ち!(GBR)
沖縄と大阪から見えた女子MMAの“両輪/橋本宗洋の『格闘技酔拳批評』(人間風車)

沖縄や大阪の大会は放送はないのかなあ・・・
アメリカに出て行く藤井もそうだけど、辻も真っ向から最強の若手とぶつかり散っていくところ、潔すぎる。マッチメイク次第ではまだまだ連勝を記録したり、強く見せることができる人だと思うのだが・・・



スポンサーサイト

トラックバック

まとめtyaiました【ブロック・レスナーMMA復帰?【UFC146レビュー】】

アリスター、ハントの欠場と、ところてん式カード変更により期待感が大きくそがれた今大会、それでもこちらは50ドルも払ってPPVを買うわけでもなく、寝転んでWOWOWを見るだ

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update