ジェイソン・メイヘム・ミラー引退


ジェイソン・メイヘム・ミラーがインタビュー番組MMA Hourで引退を表明した

Q 厳しい結果となりました。

ある1人にすごく気に入られる必要がなくなって、これからは自分の好きなように出来るよ。コミッショナーに尿検査で追いかけ回されることもないし、ツイッターでのちょっとした失敗をみんなからなじられることもない。重荷が下りたよ。

Q 正式に引退なさると言うことですか。

選手ならみんな同じ答えをするだろう。カネが必要になるまでは引退だ。僕にはほかにも出来ることがあるからね。



メイヘムが試合後にバックステージで起こした「もめ事」とは、負けたことについてかんしゃくを起こしていたらしいとおブザーバが報じている。一夜明けてメイヘムは、「ダナが何を言っているのか、さっぱりわからない」とコメントしている。ダナとメイヘムは昔からそりが合わないとの報道もあった。

*****

他方でマイク・ブラウンは、どうやら引退はいったん決意していたものの、かなり納得のいく試合で勝ってしまったため、結論が出せなくなっているらしい。たしかにいいパフォーマンスだった。あんな試合の後で、引退しないでほしいものだが・・・。MMA Fighting

Q ニュース番組で引退を口にされたそうですね。

そうなんだ。この半年くらい、ずっと考えてる。ただ、ちゃんと決心するまで発表したくないんだ。これから何週間か、よく考えてみたいと思ってる。もう36歳だしね、残り少ないことは確かだ。

Q 今日の試合を見ていると、まだまだこの階級の主力選手だと思うのですが。

勝ち負けはともかく、今日はとても気分よく戦えたことは事実だ。正直ここ数試合は、どこか調子が悪かった。理由はよくわからないが、とにかく疲れやすくてね。だから、そろそろ潮時なのかなと思っていたんだけど、今日は調子がよかったし、なによりとても楽しかったんだよ。だからちょっと考え直さないといけなくなった。

Q 今日の体調がよくなければ、引退しようと思っていたのですか。

そうだ。勝とうが負けようが、そうしようと思っていた。身体がシャットダウンして動かなくなるんだ。死ぬかと思うよ。それは愉快なことではないからね。

Q ではこれから何週間か、考え直すんですね。

そうだね。AKAでコーチの仕事もしたいけど、チームの事情もある。それに、僕はまだこのスポーツを愛しすぎているからね。実は今日の試合の後も、これで最後かと思うと涙が出てね。いかにも決めかねているよ。

Q 今日の試合は、本当に強いマイクブラウンで、UFCに移ってきてから最高のパフォーマンスでした。すごく葛藤なさっておられるんでしょうね。

その通りなんだよ。いったん決心したんだ。コーチや友達、彼女にも、これで最後だからと言いふらしていた。でもすごく調子がよくてね・・・ホントに迷っているよ。また泣きそうだ。このスポーツから離れるのはつらいことだよ。



*****

アリアニー・ロペス(セレステは単に芸名でした~)が誰に家庭内暴力を働いたのかは不明だが、もう1人のUFCオクタゴンガール、シャンデラ・パウエルまでもが結婚!オクタゴンガールが足りなくなるなら、西垣さんの出番では?!すると五味も張り切る!

*****

ブロック・レスナーとダナ・ホワイトはUFC146大会後に打ち合わせをしたが、これといった成果はなかったようだとレスリング・オブザーバが伝えている。ちなみに、現在のWWEのストーリーでは、レスナーとWWEとの間で契約についてもめていて、レスナーがWWEを辞めようとしているところなのだそうで、この件がRAWで取り上げられるようならアングル確定だろうと分析している。

*****

ヴィトー・ベウフォートの負傷欠場についてダナ・ホワイト

朝起きたら、ヴィトーが怪我をして手術をしていた。きりがない。毎日朝、目が覚めると、ひどいことが起きる。明日もきっと何かおきるだろう。
代役捜しはいまやってるよ。ヴァンダレイは出場する。



*****

記録的低視聴率に終わった「TUF Live: チーム・フェイバー vs. チーム・クルーズ」のてこ入れ策なのか、次期「TUF Live 2」(TUF16)が「カムバックシーズン」にすることを検討していると、ダナ・ホワイトが明かしている

カムバックシーズンとは、かつてTUF4で実施されたことがある企画で、新人選手ではなく、すでにUFCで活躍している選手で、これまでタイトル戦に絡んだことのない選手が、トーナメントで競い合い、優勝選手が実際にタイトルに挑戦できるというもの。TUF4ではウエルター級でマット・セラが優勝し、あげく王者GSPを破るという大アップセットを起こした。ミドル級で優勝したトラビス・ルターもアンデウソン・シウバに挑戦したが、こちらは敗退している。

*****

コリアンゾンビ、ジョン・チャンソンがMMA Junkieのインタビューに答えて、ダスティン・ポワイエ戦に先立つ練習中に、肩の回旋腱板とヒザを負傷していたことが明かしている。手術を行った場合、治癒には時間がかかる可能性もあるという。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update