ジョー・ローガンがダナ・ホワイトにK1買収を進言


チェール・ソネン、アンデウソン・シウバについて。

だれしも、会社の同僚で、本当なら外に連れ出して、しばきたいヤツがいるだろう。この職業では、それを実際に出来るんだよ。俺はあの男のことが嫌いなんだ。



そのアンデウソン・シウバはブラジル版のローリング・ストーン誌のカバーに。セクシヤマもびっくりのマイケル・ジャクソン・コスプレである。
確かにこんなヤツは、ちょっと便所に連れ出して説教してやった方がいいような気もしてきた・・・

ヴァンダレイ・シウバ、チェール・ソネンについて。

ヤツは口先で戦う男だ。トップファイターとは言えない。あんなやり方で、自分に注意を向けてくれる選手を探しているだけだ。実際に会えば、ヤツは子供だ。あれだけ悪口をいっておいて、実際に会うと「ハーイ、ヴァンダレイ!握手してくれよ」なんていいやがる。ファックユー。俺はオールドスクールなんだ。悪口を言う相手と握手なんかしねえ。誰もあいつをリスペクトしてねえ。アンデウソンがあいつのケツをしばきあげるのを楽しみにしているんだ。アンデウソンが3RにKOガチすると予想しておくよ。



*****

来週末のUFC on FX 4大会のメインイベントは「グレイ・メイナード vs クレイ・グイダ」だが、メイナード陣営がニュージャージー州アスレティックコントロールボードに、グイダの長髪についての苦情を申し立てていたことが明らかになった。米MMAユニファイドルールには、選手の頭髪やヒゲが、試合の安全や、対戦相手の安全や、試合の監督や、観客の見やすさを犯す場合には、コミッションが介入できると定められている。

グイダは公聴会で論戦に入るなどのやっかいごとを回避するため、試合当日は髪を束ねることをあっさりと受け入れたという。

MMA Junkieの取材にメイナード自身は、そんな苦情を申し立てていたとは知らなかったとコメントしている。

グイダの長髪をめぐっては、2009年にTHQ社がUFCのビデオゲームを制作する際、ゲーム上でグイダの乱れ髪を再現することが難しすぎるから、我慢料1万ドルとひきかえに散髪してくれと頼んだものの、グイダがこれを断り、結局ゲームキャラに使われなかったという出来事もあった。

*****

ベラトールがポール・デイリーと契約した。デイリーは先だって、「もっとたくさん試合をしたい」としてストライクフォースとの契約を解除していた。ベラトールはこれまで、トーナメントフォーマットを大切にし、自家製の無印良品スターの育成を趣旨とし、「元UFC」などのビッグネームとの契約は回避してきていたが、ここにきて、キング・モー、ブレット・ロジャーズとたてつづけに「元メジャー」選手を採用、来年からスパイクTVでの放送開始に備えて方針を変えてきていることが伺える。

*****

Kevin Iole記者が「パッキャオ vs. ブラッドレー」のPPV販売数速報値を90万件台前半とツイート。


ブラッドレーに判定負けを喫したパッキャオは、昨年11月のマルケス戦でも、勝ったとはいえ「選手としての峠を越えたか・・・」と感じさせる、らしくないパフォーマンスを見せていたものだが、Yahoo Sportsによるとその背景には、パッキャオ夫人ジンキーさんとの確執があったという。

当時ジンキー夫人は離婚を検討しており、他方でパッキャオは「精神的に再生」してカトリックに改宗し、ナイトライフやギャンブルからも足を洗い、結婚生活もやり直そうとしていた。しかし、ロスアンゼルスでのキャンプ中にも、深夜にフィリピンの夫人と電話で長時間話しあわなければならず、不眠気味になっていた。試合当日も、メインイベンターは通常、試合2時間前には会場入りするところ、パッキャオは会場入りが大きく遅れ、ウォームアップに10分しかとれなかったのだという。パッキャオはホテルを予定通りの時間に出発したが、夫人も一緒に連れて行くと言い張り、部屋を出たがらない夫人との綱引きが演じられていたのだという。

*****

UFC解説者・インタビュアー、ジョー・ローガンのインタビュー

ボクシングは好きだし、いい試合はチェックしてるけど、ホントのところ、MMAと比べると退屈なスポーツだなと思ってるよ。仕事以外で格闘技を見るのはすごく楽しいんだけどね。仕事がイヤだという訳じゃないよ。でも黙って試合を見れるのはホントに楽しい。最近ではキックボクシングやK-1の試合をよく見ているんだよ。

K-1が財政難で、買収話が出ていた頃、ダナ・ホワイトにK-1買収を勧めたこともあるんだよ。バダ・ハリとかダニエル・ギダとかタイロン・スポーンとか、信じられないくらいすごい試合をするじゃないか。だいたい全部がいい試合だし、3R全力を出し切っているよね。ボクシングみたいにペース配分なんか考えないんだ。ヤツらは全力だよ。ヨーロッパの選手は特に、すごい才能がある。It’s ShowtimeもK-1 Maxも、ホントに楽しませてもらってるよ。

それに比べれば、ボクシングなんてアホみたいなものだ。なんで蹴れないんだ?なんでパンチだけなんだよ。あほらしい。合理的な戦いではないよな。フロイド・メイウエザーはボクシングでは無敵だろうけど、MMAルールなら、マイケル・マクドナルドあたりに勝てないよ。マクドナルドがローキックで痛めつけて、バックをとってチョークで落とすだけだよ。何でも使えるMMAのほうが、戦いのスタイルとしては上だよね。


>これって暴論に見えるだろうか。見えるよねえ・・・でも僕もちょっと、こんな風に思いながらボクシングを見ていますねえ、正直言って・・・




スポンサーサイト

トラックバック

まとめtyaiました【ジョー・ローガンがダナ・ホワイトにK1買収を進言】

チェール・ソネン、アンデウソン・シウバについて。だれしも、会社の同僚で、本当なら外に連れ出して、しばきたいヤツがいるだろう。この職業では、それを実際に出来るんだ

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update