廣田にホームタウン判定の悲劇

パット・ヒーリー def 廣田端人(ストライクフォース「ロックホールド vs ケネディ」)

離れてはより正確な打撃、近づいてはもろ差しで相手を腰高にしておいてのプレッシャーとテイクダウン。1R、2Rは廣田がやりたいようにやっていたように見えた。ヒーリーは手足ばかり長くてノッソリした印象が強くて、試合のフォルムはまるで縮小版の「ヒョードル vs ティム・シルビア」だ。そしてまさにいま全米が、廣田のトランクスに刻まれた「平島医院」という文字を見ている。あまりにエキゾティックで、古武道の知恵の結晶か何かに見えてくる。中継アナウンサーが、廣田がグレッグ・ジャクソンのジムで練習してきたのに対し、ヒーリーは中国でカンフーを学んできたなどと言っている。それ、観光旅行じゃないだろうな。2R後半から、ヒーリーの低い体勢からのテイクダウンが決まり始める。バッファローパワーで廣田を金網まで追い詰める。結局廣田は立ち上がっているし、これといったダメージも受けていないようなのだが、しばらくは押さえつけられてしまうのが厄介だ。3R、中継画面で、ヒーリーの方が打撃数が多いという、ちょっとイヤな感じの統計が紹介される。この試合にパンチの数って関係あるのか。3Rはヒーリーに押さえ込まれるシーンが目立つ。

1,2Rは廣田、3Rはヒーリー、29-28で廣田と見た。テレビ解説者も同じ意見のようだ。しかしジャッジメントコールはヒーリーのユナニマスデシジョン。ジャッジの一人は30-27をつけていた。「何回やっても廣田の勝ちだな」くらいに見えていたので、じゃあどうすりゃいいんだよ(怒)的な、かなりの泥棒判定に思える。廣田はとても平常心で戦っていたように見えたし、なかなかに力強く見えたので、次戦に十分期待。米記者のツイート。

@benfowlkesMMA アメリカ人選手は日本であからさまな扱いを受けて不満を言うのが好きだが、あきらかにお互い様のようだ。廣田、すまない。

@arielhelwani ヒーリーの判定勝ちは物議を醸しそう。こんな試合ぶりではタイトル挑戦も難しいのでは?

@JoshGrossESPN 事実上勝ったのは廣田だったが、なんだか判定はヒーリーが拾うような気がした

@JoshGrossESPN ヒーリーに30-27をつけたジャッジはAndy Dinger。ひどい。どうみれば1Rをヒーリーがとったと見えるのか。

@arielhelwani ヒーリーがShowtime中継でインタビューされて、タイトル挑戦をアピールしてる。メレンデス戦が決まりなんだろう。(訳注:この試合で強い勝ち方をすれば、ヒーリーが次のメレンデスへの挑戦者になることとされていた。)

***

この大会の前日記者会見には、なんと記者が4人しか来なかったそうだ。

タイロン・ウッドリー

「ベガスでは計量に2000人が来ていた(UFC148の計量に来ていたのは実際には8千人)。いくらなんでもストライクフォースに対して失礼だと思う。もうちょっと宣伝されてもいいんじゃないのか」



ティム・ケネディ

「写真でも撮っておくか。レポーターが誰もいないな。4人かよ。タイトルマッチが2試合あるんだよ。誰も気にしてないんだな。俺は土曜の夜にロックホールドをノックアウトするんだけど、だからといって、メディアの露出も、スポンサーも、何も変わりそうにない。スポンサーがちゃんとつけば、あといくら収入があったと思う?あほらしい。
俺が戦う男は、世界でトップ10どころか、トップ5に入ろうかという男だよ。UFCにいれば、俺もルークも、あっという間に階級を掃除してトップになれるはずだ。単に無視するというのは意味がわからない。他団体の選手と戦わないと何も変わらないのか?でも当面はそれもできないし。」



>米メディアも先週のUFC148で盛り上がりがいったんピークになって、燃え尽きている感はある・・・水曜日のFuel大会の試合後記者会見も、4人と言うことはないにしても、UFCとしては珍しく閑散としていて、質問もあまり出ていなかった。米MMAメディアも、一足遅れの独立記念日休暇でも取っているのかもしれない。

*****

ネバダ州アスレティックコミッションによると、UFC148に出場したフォレスト・グリフィンがTRT(テストステロン補充療法)の許可を得て戦っていたそうだ。UFC146のメインイベント(フランク・ミア)、UFC148のメインとセミ(ソネン、グリフィン)、UFC151のメイン(ダンヘン)と、看板試合の多くで、テストステロンを定期的に注射している選手が登場する事態となっている。

米MMA記者のツイッター界隈では、「いっそTRT無差別級として独立させてはどうか」「こんなことでもギャンブルは成立するのか」などの皮肉混じりの問題提起が盛んだ。

UFC148のドラッグテスト結果じたいは全員陰性だったそうなので、少なくともテストステロン値が異常な状態で試合に出た選手はいなかったことにはなっている。

*****

レスリング・オブザーバ最新号より。「ジュニオール・ドスサントス vs. ケイン・ベラスケス」リマッチの日程が決まらない。当初は9月22日トロント大会が見込まれていたが、JDS陣営が「間に合わない」として延期されている。ケガをしているのではないかとも見られているが確認はされていない。10月のリオ大会にシフトさせて、JDSがホームタウン・アドバンテージを取ろうとしているのではないかと見る向きもある。あるいは、視聴率が低下中のFOX地上波大会のてこ入れのため、FOXがこの再戦の地上波放送を求めているとの噂もあるそうだ。その場合、12月のUFC on FOX 5大会ということになりそう。もしそうなると、UFCではまたしても、ヘビー級タイトルマッチを無料放送に提供する羽目になる。

*****

UFC148「シウバ vs ソネン」のPPV売上の速報推計値が100万件であることがわかった。ダナ・ホワイトは内々に失望感を表しているというが、この大会は75万件程度ではないかと予想する業界筋もあった。またUFC147 ブラジル大会のアメリカでのPPV売上は17万5千~20万件程度で過去最低。事実上「フランクリン vs ヴァンダレイ」のワンマッチPPVであったため、こちらは妥当な成績だと受け止められているようだ。


UFCが修斗ファイター、ジュシー・フォルミーガ(ジュスエー・ダ・シウバ)と契約したことを発表した。MMA Mania


【ニュース】総合格闘技界のアイドル・石岡沙織が結婚へ!(GBR)
併せておめでただそうであるから、しばらく試合からは離れるのだろう。
ちなみに、僕が密かにお慕い申し上げている富田里奈選手もごく最近、ブログで結婚を報告していた。うむ、そう言われれば人妻に見えてくる。色は匂へど散りぬるを。(散ってはないけどさ)


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update