偏屈男ロンバード、本領発揮なるか【まもなくUFC149】


UFC149直前、恒例MMA Fightingのダナ・ホワイトインタビュー。

Q 先ほどの記者会見、いつになくご機嫌でしたね

特にどうと言うこともないよ。自分はいつもご機嫌だ。ずっと来たかった街だし、いいカードが組めた。なかには、今大会はアンデウソン vs. ソネンの陰に隠れてしまっていると指摘するヤツもいたが、それはこの大会が悪い訳じゃない。UFC148はあらゆる面で大成功だった。PPV売上を除けばね。

Q PPV売上はどれだけだったのですか

いい数字だよ。ただ、こんなにいい数字なのにがっかりしたのは初めてだったと言うことだ。あらゆる指標がとてももっと結果を示唆していたからね。

Q なぜ売上件数を言わないのですか

いつも言わないだろ。

Q みんなでお祝いしましょうよ。

いいときも悪いときも言ってないだろ。本当は屋上から叫びたいくらいだよ。とういか、もう11年もやっていると、新記録を達成したくてね。むしろそのことに執着しているよ。

Q  これまでの記録というと?

それはだな・・・おいおい、言わせるなよ(笑)!

Q 今大会はチケットがあっという間に売れましたが、これほどカード変更が多いと、これからはじっくり待ってから買おうとするファンが増えるのではないですか。

しかし、チケット売り出しの時に正式発表していたのはジョセ・アルドだけだったんだぞ。

Q 25連勝中というヘクター・ロンバート、本物でしょうか。

強いことには間違いないだろうが、誰しもUFCジッター(初参戦選手が萎縮して力を出し切れないこと)には悩まされる。なにせいきなりのコ・メインイベント抜擢だからね。

Q オーラはマイク・タイソン級でしたね。

そうだね。選手間ではあまり人気がないようだが、ファイターというのはそんなものだよ。失礼だし、わがままなものだよ。

Q ロンバードは勝ってもタイトルには興味がないとか、アンデウソンはワイドマンにまるで興味がないとか、ミドル級戦線についてはさまざまな報道が流れています。

ネットに流れている情報はクソばかりだ。この階級はこれまでになく盛り上がる。ここしばらくはこの階級の計画をずっと練っている。誰が勝とうと、今後の計画は大会後記者会見で発表することにしよう。

Q ミドル級と言えば、ルーク・ロックホールドが良い戦いを見せましたが、いわゆる「リスト」問題についてコメントを下さい。「リスト」に載っているストライクフォースの選手がフリーエージェントになっても、ズッファがショータイムと契約している限り、その選手はUFCと契約できない、というのは本当ですか。

その通りだ。だからデイブ・メルツァーが「ズッファとショータイムの契約が終わっても、選手はUFCと契約できない」などと書いていたのは間違いなんだ。まあでも、それ以外の部分はメルツァーの言うとおりだ。そんなことは自分が何百万回も言ってきたことだがな。

Q それって、メレンデスやロックホールドにはショックなことではないですか。

いやいや、最初からそういう契約なんだよ。そんなことは公知の事実だろう。ヤツらはストライクフォースの選手なんだ。

Q 彼らは落ち込んでいるのではないですか?

落ち込むべきではないだろう。ストライクフォースの選手の中には、非常に高額のファイトマネーをもらっているヤツらがいる。UFCとは契約の仕組みからして、違っているんだよ。

Q 彼らも対戦相手に恵まれないので、やる気がでないのではないでしょうか。

なんでだよ。彼らはストライクフォースの看板選手で、チャンピオンで、ショータイムが立派なプロモーションをしてる。落ち込む理由などないだろう。



***

ダナ・ホワイト、UFC149直前囲み会見

Q UFCではインド進出を計画しているそうですが、インド人ファイターがいないのはなぜですか。スカウト活動などしていないのですか。

インド人だけでなく、中国人の選手も少ない。スカウト活動はしているし、市場開拓も行っている。インドなどのアジアやメキシコで市場を広げるには、さらに軽い階級が必要だとも考えている。

Q 中国大会へのカン・リーの出場は決まったのですか。

出てほしいと思っているんだが、ケガがマシになるのを数日待ってみているところなんだ。骨折ではないんだが、打撲があって、ギブスをはめているらしい。出てくれると思っているんだがな。カンが出てくれるなら、対戦相手はリッチ・フランクリンで決まりだ。

Q チェール・ソネンがライトヘビーへの階級変更を示唆していましたが、どう思われますか。

試合以来、バタバタしていてチェールと話が出来ていないんだが、チェールにはいろんな選択肢がある。2連敗した以上、アンデウソンとのラバーマッチは無理があると思う。実はFOXがチェールをものすごく買っていてね。テレビの仕事に落ち着くかもしれんぞ。



*****

ベラトールからチャンピオンのままUFCに移籍、UFC149のティム・ボウシュ戦でUFCデビューを果たすヘクター・ロンバードが、仮にボウシュに勝っても、チャンピオンのアンデウソン・シウバではなく、マーク・ムニョスと戦わせろと主張している

最近では日沖発がジョセ・アルド戦を打診されながら、自ら時期尚早として辞退したケースがあったが、ロンバードの場合には、ムニョスから何らかのトラッシュトークを仕掛けたことがあったらしく、それが許せないと言うことのようである。本当なのだろうか。どこか腑に落ちない。

ムニョスは先日負けたばかりであり、自分が勝ったら「最近負けた選手と戦わせろ」というのは、UFCマッチメイキング原則からも逸脱しており、いったい誰に何の得があるのか、意図不明の主張である。米MMAメディアの中には、期待の高かったジョージ・サンチアゴの二の舞になるのでは・・・という冷めた見方もあり、まずは強い勝ち方を見せてくれる必要があるようだ。

*****

BloodyElbowなどの報道による、One FC 5のカードは次の通り。準メジャープロモーションの香りは漂ってくる。それがかえって不安感をあおり立てるが・・・そのうちボブ・サップが出るようになるのでは・・・

ONE FC 5: Pride of a Nation
Date: Aug. 31, 2012
Venue: Smart Araneta Coliseum
Location: Manila, Phillipines.

青木真也 vs. TBA
ビビアーノ・フェルナンデス vs. グスタフォ・ファルシローリ
アンドレイ・アルロフスキー vs. ソア・パラレイ
ジェンス・パルバー vs. エリック・ケリー
エドゥアルド・フォラヤン vs. TBA
フィル・バローニ vs. ホドリゴ・ヒベイロ
レナート・ソブラル vs. メルビン・マヌーフ
Gregor Gracie vs. Ray Elbe
Rolles Gracie vs. TBA
Igor Gracie vs. TBA

*****

汚れ仕事もドヤ顔でこなす小池栄子の夫・坂田亘 ついに借金返済に本腰か!?(日刊サイゾー)

女子プロレスラーの広田さくらが結婚(デイリースポーツ)

Dana White UFC 149 Vlog day 1
UFC148の舞台裏映像!

****

いやあ今週は体調が悪かった。皆さん夏風邪などお召しでないか。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update