ビンスならUFC151にどう対処しただろうか


●UFC151中止の記者会見でアリエル・ハレワニ記者が、「では次のトロント大会がUFC152からUFC151に改名になるのか」と質問し、ダナ・ホワイトが「なるほど、そうなるんだろうなあ・・・」と回答していた件につき、UFCから訂正発表があり、すでに広告活動も開始しているトロント大会はUFC152のままでいく、UFC151は「ジョン・ジョーンズとグレッグ・ジャクソンが抹殺した大会として欠番のままとすることとなった」とのことだ。ちなみにこの質問をしたハレワニ記者はツイッター上でしばらくの間、数字の天才と呼ばれていた。

●レスリング・オブザーバは、大会中止発表後もしばらくの間、抹殺されたPPV大会のCMがたくさん放映されていたと報じている。またラスベガス地区のメディアでは大会中止は大ニュースとして繰り返し報じられており、ジョン・ジョーンズが悪者であるというのが基調になっているのだそうだ。

●UFC152の新メインイベントの掛け率は、ジョン・ジョーンズ-1300、ビトー・ベウフォート+750。たしかにベウフォートが勝つとは思わないけれども、それでも見たことがないくらいの差である。

●ツイッターで、 Jon Jonesさんという、選手とは別人の一般人が、MMAファンから怒りのメッセージを浴びせ付けられているそうだ。自分の勘違いに気づいたあるMMAファンが、「あなたのことをイースト菌感染症(女性の特有の性病)呼ばわりしてしまいすみませんでした。ジョン・ボーンズ・ジョーンズに宛てて書いたつもりでした。」などとお詫びのツイートをしている。一般人のジョーンズさんは、たぶん僕が試合をするべきなんだろうな、などとツイートしている。(以上ソースはオブザーバ

●ネット上にはヴィトー・ベウフォートがUFC152を欠場するという、ろくでもない噂も流れている。陣営はこの噂を否定している。

●数時間しか存在しなかったはずの、幻のUFC152「Jones vs. Machida ll」の公式ポスター。悲しいまでの仕事の早さ。BloodyElbowより。

A1BxDH5CUAAffEe.png


●チェール・ソネンのピザ屋が「ジョン・ジョーンズ・スペシャル」を提供中。チキンがいっぱい、と書いてある。

mean20street20pizza20jon20jones.jpeg

●UFC151中止騒動を横目で見ていたWWE社員内部で出回った、「WWEなら今回の騒動をどう扱ったか」についてのメールより。オブザーバー

・謎の男が車でジョーンズを連れ去る。その男は後にマチダであることが明らかになる。
・ダナ・ホワイトはロンダ・ラウジーをUFCのGMに任命する。ラウジーはジョーンズに、「ソネンと戦わないならタイトル剥奪だ」と迫る。
・ジョーンズがソネンに、Xと戦って勝てば、タイトルに挑戦させてやると述べる。のちはそのXはアンデウソン・シウバであることが判明する。
・CMパンクを「ソネン vs ジョーンズ」戦の特別レフリーにする。ロディ・パイパーがパンクに、友達に肩入れしたレフリングをしないように説得するが・・・
・何の発表もせず、ケガも伏せたまま、大会の冒頭にヘンダーソンがインタビューを受けている最中に、ショーグンによって拉致される。
・チェールがジョーンズの自宅を荒らす。
・ソネンがジョーンズがアディダス製品を愛用している写真をねつ造し、試合をしないとこの写真をナイキに渡すと脅しをかける

*****

そのUFC152プレリムでショーン・ピアソンと対戦予定だったダン・ミラーが欠場を発表した。毎度おなじみの負傷欠場ではなく、ミラーの息子さんの腎臓移植が無事に9月中旬に決定したため。これまで、息子さんを救うための「ダニエル・ジェイムス・ミラー基金」が設立され、多くのMMA関係者が募金の形で協力を続けていた。

*****

バダ・ハリは現在、オランダで90日間の収監中である。7月9日に、アムステルダム・アリーナで開催されたパーティの場でバダ・ハリは、VIP席にいたオランダの実業家 Koen Everink氏を襲った。Everink氏は足首を粉砕骨折する重傷を負っている。

そして、バダ・ハリが収監中の現在、アムステルダムのバーの経営者など、これまで報復を恐れて沈黙を守っていたほかのバダ・ハリ被害者たちが、次々と名乗りを上げているという。バダ・ハリ陣営は、過去の罪を認め精算する方針をとっているといい、少なくとも4件の損害について、罪を認めているという。このため、バダ・ハリの収監期間は延長される公算が高く、今後試合をする姿が見られない可能性すら十分にあるという。

バダ・ハリの暴力事件は、本人の現役生活に影を落としているだけでなく、オランダでのキックボクシングの評判にも傷を付けている。アムステルダム市では昨年、キックボクシングと犯罪者との関係が疑われ、キックが禁止されることとなり、It’s Showtimeは本社移転を余儀なくされている。

*****

ヴァンダレイ・シウバの御尊父が逝去されたそうです。(ソース

*****

【本日発売Dropkick】表紙はレインメーカー! 山里亮太☓男色ディーノ、涙の石田光洋、ルミナ☓TOSHI-LOW、復活ニック・ディアス、NOSAWA論外☓高山善廣、水道橋博士☓佐々木俊尚、特別付録は田村潔司vs美濃輪育久収録の『DEEP』伝説の有明コロDVD

以下を書かせていただきました!

☆ オマスキファイトが迫る稀代のトラッシュトーカーの素顔
人間チェール・ソネン
母親クラウディア・ソネン(65)は語る。
「チェールはしゃべれるようになったその日から、ずっとこんな風だった」と――。




Dropkick(ドロップキック) Vol.7 (晋遊舎ムック)Dropkick(ドロップキック) Vol.7 (晋遊舎ムック)
(2012/08/27)
不明

商品詳細を見る


引き続き「人間風車サイト」で毎週、記事を書かせていただいていますよ。今週はMMA入りが噂される米五輪選手のその後など。

海外MMAスケジュール」ページも週1回を目処に更新中。UFCの年内の大会スケジュールはすでに出そろっています。試合カードがまだ噂の段階でも、リストにすかさず入れておくのがこのページの特徴。間違っていたら順次直しています。

ちなみに、11月にマカオで行われる「UFC on Fuel TV 6: Le vs. Franklin」大会のラインアップは今のところ次の通り。キャンセルされたUFC151から漆谷と水垣の試合もスライドされることとなり、思いの外充実している。アジア大会だからと言って、中国人とベトナム人と日本人と韓国人を放り込んで混ぜておけば良いという安易さがやや気になるところではある・・・いつ何時でも領土問題トラッシュトークのこのご時世に、危険な呉越同舟とはならないのだろうか・・・というか、なってくれないだろうか・・・それと、Fuel大会はWOWOW中継対象ではないのでアクセスが難しいことも気になるところ。

 カン・リー vs. リッチ・フランクリン
 キム・ドンヒュン vs. パウロ・チアゴ
 カン・ギョンホ vs. アレックス・カセレス
 Marcelo Guimares vs. Hyun Gyu Lim
 Tom DeBlass vs. 福田力
 漆谷康宏 vs. ジョン・リネカー
 水垣偉弥 vs. ジェフ・ホウグランド

*****

ボクサーたちにとっては勝ち負けに関係なく「スゲエヤツと闘った」ことが誇るべき勲章なのだ (Web Dice)

*****

新日本プロレス  オジサンたちが、何故、柴田選手に期待するのか、ボクには理解できない ・・・ 彼は、ドン底の状態の新日から逃げ出した『戦犯』ではないのか?(あやしい時代 ~ホンモノなんて知らない~)

新日本プロレス ボクの知らない「ストロング・スタイル」 ・・・ 麻薬と同じく、服用すれば陶酔感は得られるが最後に待っているのは自滅の二文字(あやしい時代 ~ホンモノなんて知らない~)

ふむ。柴田がなぜ受け入れがたいのか、プロレスが何でないのかはわかった。だいぶ核心に近づいてくれている。今度は、では棚橋ならなぜOKなのか、プロレスとは何であるのかを言葉にしてもらえると参考になります。今後とも期待しております!


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update