ダナにとってボクなんてただの肉片【ジョーンズ激白】


UFCダナ・ホワイトがFuel TVの情報番組「UFC Tonight」に出演、あれこれのトピックについて語った。聞き間違え御免。

♪♪
Q UFC151中止の記者発表の時にはずいぶん怒りをあらわにしていました。

A そうだね、一時は怒っていた。これまで大会中止を一度もしないで頑張ってきたことが一気に崩れてしまったからね。それに、大会には多くの人が関わっていて、雪崩式に影響が出る。そういうことを思うとね。

Q 大会中止の発表のやり方に後悔していることはありますか。

A 後悔はない。

Q ジョーンズやグレッグ・ジャクソンに対しての発言で、撤回するようなこともありませんか。

A 撤回することは何もないよ。

Q ただ、ジョン・ジョーンズだけを責めるというのはアンフェアなのでは?

A そこは認める。その通りだ。ダン・ヘンダーソンは2週間前からケガを知っていた。その時点で知らせてくれていたら、こうはならなかったというのも事実だ。ただ、こういう場面でチャンピオンが試合を断ったのが史上初めてだったこともまた事実なんだ。

Q あれ以来ジョーンズとの関係はどうですか。

A あれ以来ジョーンズとはまだ話をしていないんだ。ジョーンズのことを憎んでいるかと言われれば答えはノーだ。前例のないことで、変なことをするなあとは思ったが、若者はそういうものだ。私だって23歳の時に大金と名声を手にしていたら、おかしくなっていたと思うよ。20代前半でアホな間違いをやっておけば、20台後半から30台にかけて、しっかりした振る舞いが出来るようになってくるだろう。ジョーンズのことは長い目で見ている。今回戦わなかったからと言って、ジョーンズがひどいファイターだとは言っていないぞ。昔からのファンはわかってくれていると思うが、私はこれまでも、世界最高クラスのバッドなヤツらとつきあってきているし、そういうことは得意なんだ。選手の考えていることはわかる。多少はつきあいにくいが、それも仕事のうちだよ。

Q チェール・ソネンは口先だけでタイトルショットを獲得する寸前だったとの意見もあります。

A この状況でジョーンズ戦を引き受けてくれた唯一の男がチェールだったんだよ。それにチェールはアンデウソンに勝つ寸前まで言った唯一の選手でもある。チェールはおかしなことを言う男だが、言ったことは実行しているだろ。

Q ジョーンズとソネンが将来戦うことはあるでしょうか。

A チェールはやると言ってるんだ。ファンが見たいと思うなら、試合は組まないと仕方ない。

Q ヴィトー・ベウフォート参戦の経緯について

A ヴィトーはやる気満々だよ。アンデウソン・シウバ戦での負けがどうしても納得いかないらしい。だからチャンスに飛びついた。チャンスには飛びついた方がいい、次にいつチャンスが回ってくるかはわからないということを、ヤツは知っているんだよ。向こうから電話をしてきてくれたんだ。ヴィトーは才能豊かで、決定力のある選手だと思うんだが、ときどき凍り付いてしまうことがある。相手に攻め込むのではなく、じっと見てしまうことがあるんだ。ヴィトーが自分の力を出し、ジョーンズも普段通りの力を出してくれれば、すさまじい試合になると思うよ。

Q GSPとアンデウソン・シウバが、ようやくお互いに戦う気になっているように見受けます。

A そうだね。GSPがコンジットに勝てば、次の試合で実現することが濃厚だ。

Q なぜ急に対戦気運が高まってきたのでしょうね。3年前からずっと期待されていたカードですが。

A どうしてだろうね。彼らくらい長い間圧倒的に強いと、力を試してみたくなるのではないのかな。

Q どの階級でたたかうのでしょう。

A 180のキャッチウエイトが有力だ。一時はアンデウソンが170におとして、GSPのタイトルに挑戦したいと言っていたんだぞ。GSPは185ではやりたくないと言っていた。やるならミドル級に完全に転向してからだということだった。まあ、180くらいが妥当なのではないかな。

Q ダラスのカーボーイスタジアムと言った10万人規模の大会場での試合になりますかね。

A 本当に実現するならそういう会場でやるんだろうなあ。

Q ネットの掲示板でファンに「レスナー vs. ヒョードル」について意見を求めていました。

A 「ダナにこの試合が組めるのか」という議論が出ていたから、「出来るさ、でもきみらはホントに見たいのか」と問い返したんだ。私は質問をしただけだよ。

Q でも「見たい!」という回答が圧倒的でした。

A まだ見たがっている人もいるんだなと思ったよ。私はヒョードルと契約しようと思ってあらゆる努力を払ってきた。その考えのとりこになっていた。でもできなかった。ヒョードルはもう引退しただろ。

Q ヒョードル復帰の説得は出来ますか

A しらんよ。これまでだって私はヒョードルを動かせたことがないんだからさ。

*****

UFC151中止騒動後はじめてのジョン・ジョーンズのロングインタビュー音声がMMA Fighting に掲載された。その要点。聞き間違え御免。

♪♪
ソネン戦を受けないという決断については、後悔はしていない。自分のキャリアにとってスマートな決断だったと思っている。

ダン・ヘンダーソン戦を契約したということと、地球上の誰とでも戦うと言うこととは違う。誰と戦っても勝てるなんていう考えは、それこそ傲慢だろう。

ボクはフリーク・アスリートだから勝てているのではないんだ。ボクがこれまで勝ててきたのは、十分な準備を積んでいたからなんだよ。1日5回練習をして、毎晩対戦相手の研究をしているんだ。

ダン・ヘンダーソンの代役として登場してもOKだった唯一の選手はラシャド・エバンスだ。彼らのファイトスタイルが非常に似ているからだ。

ソネンが口先だけで、宝くじを当てるようなチャンスをもらうのも我慢ならなかった。人の記憶に残るのはあくまで勝者であって、あんな口先だけのパンク野郎はすぐに忘れ去られる。

(ボスが激怒したことについて)ダナには傷けられた。ボクはこれまで、UFCを代表する者として、ファンに対してナイスガイであろうと努めてきた。ニューヨーク州でMMA解禁を訴えたこともあった。言われたことは何でもやってきたんだ。ティト・オーティスみたいにお金のことで文句を言ったこともない。それなのに、自分の将来を考えた決断をしたら、それだけで憎まれてしまう。ダナのことはボスというか、すばらしい友達かビジネスパートナーだと思っていたが、いまでは、ダナにとって自分は、ただの一切れの肉片に過ぎなかったんだなと思ってる。ひどい気分だよ。これ以上いつわりの関係を続けてもらわなくても結構だと思っている。本音でやっていけばいい。

(他の選手からバッシングされたことについて)いささか驚いた。でも、他の選手から好かれることはボクの仕事ではないよ。どんな風に思われようが、どうでもいいさ。

(自分だけが非難されていることに疑問を感じますか)もちろんだよ。チェール・ソネンはまるでヒーロー気取りだが、そもそもヤツは何にもしてないし、全然関係ない。ケガをしたのはダン・ヘンダーソンであってボクではない。3週間前の試合を断ったマチダはどうして非難されないんだ?

(Twitter上ではどんな反応がありましたが)応援してくれる人も、嫌ってくれる人もたくさんいるんだが、嫌っている人って実は、ボクのことを本当によく知っているんだよ。すごく気にかけてくれていて、ほとんど恐縮するくらいなんだ。

(今回の件を受けて、悪役キャラに進化していくつもりはありますか)格闘技の偉大な選手の多くは悪役なんだ。自分を非難する記事もいい広告になると思って、そんなことは自分の問題として受け止めないようにして、これからは応援してくれる人のことだけを考えてやっていくつもりだ。

*****

フランキー・エドガーとのタイトルマッチが迫っているジョセ・アルドが、ブラジルでバイクを運転中に車との接触事故を起こした。ケガはなく、試合には出場可能。アルドはコーチから、今後試合まではバスやタクシーなどの公共交通機関だけを使いなさいと命じられてしまったのだそうだ

*****

米プロレス・MMA記者の大御所、レスリング・オブザーバ主宰のデイブ・メルツァーがついにTwitterを開始した。何度勧められても頑として始めようとしなかったのだが、なぜか心変わりしたようだ。アカウントは、@davemeltzerWON。

これまでは@BigDaveMeltzerというなりすましアカウントに、なかばそうとは知りつつ、だまされている人も多かった。

*****

ウェブサイト Celebrity Networth が試算した、世界金持ちプロレスラーランキング。公表されている情報から、ファイトマネーや所有不動産、離婚歴、ロイヤリティやスポンサー収入などを推定して合計したそうだ。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update