【レビュー】DREAM.3

5.11 HEIWA DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd Round (さいたまスーパーアリーナ)

DREAM.3 をPPVで観戦しました。

メインの2試合はとくに、この舞台が久々に戻ってきた!という強い感想を持ちました。頼もしいです。これならダナ・ホワイトも、苦々しく思いながらも、ついつい手に汗を握ってしまうんじゃないでしょうか。アルバレスとハンセンの試合は、終了直後に期せずしてごく自然にお互いが土下座で感謝しあうという、アメリカン・レスラーとデスメタルマニアの組み合わせとは思えぬ名場面。勝敗を超えたような試合はそうそう見れるもんじゃないでしょう。アルバレスが時の勢いを体現する一方で、ハンセンも巨大な壁となってベテランの厳しさをたたき込むような試合でした。

宇野と石田。入場時の表情、消して宇野と目を合わせない石田。ちょっと気後れしているのか?との心配も杞憂に終わる互角の1R。金的も大事に至らず良かった。2Rのフィニッシュのスリーパーは、結局、複雑な絡み合いではなくて、まるでプロレスラーのスリーパーのような不思議な形で、エアポケットをすくい取るような妙技。解説者も全くついて来れないほどの早さと意外さ。宇野の引き出しが一段深かったことは明らかでした。

タップを奪った宇野は、チーム黒船のコーナーを一瞬指さして雄叫びを上げます。宇野が今回見せた最初にして、おそらく最後の感情の爆発。その後みるみるゴン太顔になっていく川尻に何度となく挑発されるも、ノラリクラリとかわすばかりの元の宇野に戻っていました。宇野だけはガチ。大人の底意地は堅くて黒いんです。宇野に比べれば黒船はやっぱり生ぬるいです。負けは負けです。

準決勝では「川尻 vs 宇野」は希望しません!川尻はもう一つ勝って、ハードルを越えたら決勝で宇野と戦うのがふさわしいです。宇野が決勝に来るとは限らないけど、そんなことは知らん。そんなに川尻の都合ばかりは聞いてられんわけで。

ところで、会場は盛り上がってました?試合そのものは熱を発していたと思うんだけど、なんか画面を通してみていると、いまいち寒いような気が・・・宇野もはしゃいでいる割には、周りが静かに見えたというか・・・

●PPV番組内で、次回6月大会に山本KIDの参戦がアナウンス。対戦相手不明。

●解説の須藤元気がいい。高阪のテクニカル解説の隣で、「うわーすごいなー」みたいなことを専門に言い始めた。スピリチュアル解説とまでは言わないが、谷川さんと同じ「!」発言でも、須藤に言われるとさすがに説得力がある。

●ジェイソン vs 柴田は、煽り、入場を含めて楽しい試合だったけど、もうちょっと早く止めて欲しかった。残酷すぎて後味がよくない。柴田選手、大丈夫でしょうか。須藤がジェイソンのダンシング入場を解説し、いかに息が切れるか、先に入場すべきだったと力説、TKはジェイソンの縞模様のスパッツに興味を示し、どこで手に入れたのだろうとひどく感心していました(ファンシーショップで、男女兼用ではないでしょうか)。勝ったジェイソンに半笑いでマイクを渡しにいく長南がキラーでした。でもジェイソンのキャラはもうちょっと浸透に時間がかかるみたいです。「加藤さん」に感謝(笑)

●マヌーフが堅く勝ちましたが、後頭部へのヒザは、あれはOKなんでしたっけ?DREAM公式によると、マヌーフは手術直後で、肺にチューブが入ったままだったそうです。写真もあります。主催者には黙っていたのだそうです。試合前に健康診断しないんでしょうか、つーか、身体すら見ないんでしょうか。いい加減にしないと、死ぬぞ、そのうち。次は田村が出るからマヌーフは出なくて良いんだよな?

●チョン・ブギョンは、やればやるほど普通の選手になっていく気も。中村選手はふにゃふにゃしていておもしろいですね。「田村の弟子の中村です」という自己紹介には今時の人が忘れ去った何かがありました。

●煽り映像は今回はどうと言うこともなかったですね。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update