UFCマカオ大会レビュー


五味隆典 def マック・ダンジグ

判別不明な入場曲にのって入場の五味。1R、お得意の低い姿勢からぶんぶん振り回す様子がリラックスしている感じで良い。グイダやディアズ戦の時のように、ビッグヒットを狙いすぎて固まってしまう感じもなく、小さな打撃を常に出している。中盤五味がテイクダウン。久しぶりに五味のパウンドは見てみたいが、とにかくグラウンドにいると何かされそうで怖い。ここはダンジグの方が立つ。なんだこいつ、五味とスタンドで戦いたいのか?

2R後半、ダンジグにTDをとられる。五味、明らかにやばいという表情で慌てている。ダンジグのギロチン。効いているのか?五味が今にもあきらめたようにタップしそうで怖かったが、なんとかゴングに救われる。

3R、いきなりダンジグがフラッシュダウン、五味追撃するもガードに捕まる。むむ、これはもしや、グラウンドゲームに引き込む罠?こわごわ見ていたが、どうもダンジグも下から何かを出来るわけではなさそうだ。なんだ、それなら大丈夫。五味がカート・アングル風のアンクルロック!後半スタンドに戻ると、五味がガス欠を兼ねた酔拳殺法ムーブを炸裂させる。要は、何かしているようにみえて何もしていない。ついでに、猪木流に相手を挑発、客を手のひらにのせながら、風車の理論で飛び込んできた相手にカウンターを当てようとしているうちに試合終了。

アンクルロックやテイクダウンなど、レスラー五味の能力が久しぶりに発揮されていたと思う。ただ、五味が進化したと言うより、ダンジグに柔術がなかったというだけのような気もするが・・・最後は相手を見下すようにいちびりながら老獪に逃げ切った印象。とにかく星を拾ってくれたのは結構なことだし、思いもかけぬ芸達者ぶりも発揮してくれて、次回以降もマッチメーク次第では楽しい試合を見せてくれそうに思った。ちょっとブーイングを食らっていたように見えたのが気になったが、あれは観客が判定に不満だったのかな?

この試合がFight of the Night受賞。膠着戦が多かったから、ほかに候補試合がないという、やや消去法的な受賞にも思えるが、めでたいことには違いない。

カン・リー def リッチ・フランクリン

これは驚愕・・・ビックリ度数では今年最高だったかも。カンが勝ったと言うだけでなく、リッチのショッキングなやられ方が目に焼き付いて離れない。
カン自身が「ラッキーパンチだった」と語っているそうだが、まあ、そう見えた。ほんとに藪から棒だった。ブラジル大会でのブラジル人ファイターの強さは異常だが、やはりこの試合も、マカオという土地が魔法をかけたようにも思えた。
レスリング・オブザーバサイトによると、ミドルとライトヘビーの中間のキャッチウエイト戦が多かったフランクリン、今回久々に185まで落としたところ、見たこともないほどガリガリになってしまい、計量後に水をがぶ飲みする始末だったという・・・
ついでに、直前でドクターストップがかかって欠場となったイム・ヒュンギュも、急激な減量による体調不良だったらしい。

*****

レスリング・オブザーバー・ラジオ11月9日分より。

・ストライクフォース所属選手はUFCに移管。何人移管するかは知らないが、名前のある選手は全員移管される見込み。
・UFCがショータイムにウンザリしていたことは明らかだった。2度目の大会キャンセルで、こうなるであろうことは誰もが予期していた。何ヶ月も前から、こうなることを踏まえていた人はたくさんいた。
・UFC女子部門設立は、「ロンダ・ラウジー vs. ミーシャ・テイト」の一戦で事実上ほぼ決まっていた。UFCでおこなわれるであろう「ロンダ・ラウジー vs. クリス・サイボーグ」は史上最大の女子戦、ドル箱カードになるだろう。
・ショータイムにMMA放送を継続する意向があるとの見方があるが、ではどの団体なのか、という点については全く不明である。現在の格闘技担当のバイスプレシデントがボクシングのシンパであるため、予算枠をボクシングに移すこともあるのではないかと見られている。
・バーネットの話はとんと聞かない。UFC以外に選択肢があるとも思えないが、乗り越えるべき個人的確執が多すぎる。ショータイムが次に放送する団体に移るか、日本で仕事をすることになるのではないか。



ストライクフォース最終大会でダニエル・コーミエと戦うのはDion Staringであると、どこかどさくさに紛れてアナウンスされているが、これはいったい誰なのだろうか。こちらによると、アリスター・オーフレイムのトレーニングパートナーを務めるオランダ人で、いろいろな国の大会をサーキットしてに現在6連勝中ということなのだそうだ。

MMA Fightingのこちらの記事によると、今年1月~8月のGoogle検索件数によるMMAファイターランキングで、アンデウソン・シウバ、ジョン・ジョーンズ、チェール・ソネン、ジョルジュ・サンピエールについで、ラウジーが5位にランクされているという。知名度的にはラウジーはいきなりの大エースとしてオクタゴンにあがることになる。




フランク・シャムロック vs シーザー・グレイシー
ストライクフォース第1回大会 2006年3月10日 HPパビリオン
観衆 18,265人はおそらく現在でもアメリカのMMA動員レコードのはずである。


*****

ベラトールがWeb版のミニ・リアリティショーを公開中。1月からスタートの時期ウエルター級トーナメントに参加するポール・デイリー、ウォーマシン、ダグラス・リマ、ベン・サンダースが出演。エピソードを見たファンの投票を受け付け、トーナメントの組み合わせに利用することになっているらしい。

*****

イギリスのMMAプロモーションであるCage Warriors、BAMMA、UCMMAが共同で、非営利団体SAFE MMAを設立することが決まった。参加を希望する選手やジム、プロモーションは、年会費(選手個人の場合年235パウンド、3万円弱)を支払うと、年1度の健康診断と、年2度の血液検査を受けることができる。各選手の検査結果はSAFE MMAのデータベースに保管され、アメリカのアスレティック・コミッションのように、負傷や病気の選手に対して出場停止期間を命じることができる。各プロモーションは、SAFE MMAが健康であると判断した選手しか起用しない。また、各プロモーションがおこなう試合前・試合後の薬物検査の結果も、SAFE MMAのデータベースで一括管理する。

英国医師会がMMAの禁止を求めていることに対する、各MMA団体の対応策のひとつなのだそうだ。

*****

『DREAM.18』と12・2『GLORY 4』が合体!!
大晦日は『GLORY Sports International presents DREAM.18&GLORY 4~大晦日SPECIAL 2012~』として開催決定!! (DREAM公式)

そういえば、サムライで放送していたK-1の両国大会を見たけど、あんな感じになっちゃうのかなあ・・・

【シュートボクシング】11・17宍戸vsカルバン、鈴木vsハンセン!S-cupトーナメント組み合わせ決定(eFight)
ううむ、さすがのS-Cupブランド。すばらしく行き届いていて充実している。サムライでも中継あり。楽しみ!

【DEEP】12・8菊野克紀が“何でもあり”超過激ルールに挑戦 (eFight)
僕の目には「菊野の挑戦」というよりも、「ルイスの大挑戦」に見えるが・・・

*****

MMAファンはMMAをわかっているのだろうか ■北米通信『MMA UNLEASHED』(Dropkickチャンネル)
むむ、今回は有料コンテンツになっておる。

【Dropkick vol.8】伊集院光×高木三四郎、猪木、天龍×鈴川、宍倉清則、全女DVD!!

カクトウログ&OMASUKI FAGHT 2大“柴田大好き”ブロガーが徹底討論!
柴田勝頼を断固、応援する会


あ!そうだった。こ、これは恥ずかしい・・・
叱られるようなことを口にしているのは全部僕の方だと思います・・・カクトウログさん、斉藤さんに厄介をおかけしました・・・

  当サイトが協力、柴田勝頼をテーマにした記事が掲載されます~『Dropkick』8号コンテンツ情報(カクトウログ)

*****

ハンター(西浦ウィッキー聡生のブログ)
このチャド・メンデスには、レスナーのようなおしゃれ感覚・レジャーっぽさがない。服装からして、これはほんまもんの「退治」である。鬼退治と変わらない。小見川はこいつにやられたが、こんなものを絞めてさばいて平らげる様な人間に、普通は勝てないだろう。よく殺されなかったものだ。
それにしても、西浦選手のことを久しぶりに思い出した。大晦日に再起動してくれるのだろうか。


スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update