すっきり清掃ができた【ダナ、クートゥア事件にコメント】

MMA Fightingのダナ・ホワイト・インタビュー。

Q ビッグマッチが間近になりました!

ビッグフットとアリスターのステアダウンには興奮したよ。あんなに遺恨が高まっているとは知らなかった。ビッグフットはアリスターに顔を近づけて、ちょっとはリスペクトを示したらどうなんだと凄んだ。そしたらアリスターは、貴様をぶちこわしてやると答えたんだ。私が選手が殴り合わないように間に立っているのはネバダ州のルールで決められているからなんだが、今回は両者から押されたよ。

フランキーが145に落としてくれたのは嬉しい。アルドとの試合はスタイル的にすごい試合になるにきまってる。いいか、これがスーパーファイトだと思わないヤツは頭がどうかしているぞ。最高のP4P同士が、お互いの全盛期に戦うんだ。こういうのをスーパーファイトと言うんだ。

Q ラシャドが勝てば、ミドル級に落としてアンデウソン・シウバ戦というのは決定事項ですか。

いいや。

Q ミドル級で5連勝のクリス・ワイドマンはどうなりますか。

だからラシャドで決まったわけではないと言ってるだろ。ただその2人が候補であることは確かだ。

Q ベラトールとの契約を発表したランディ・クートゥアの状況について。クートゥアはつい先月、FOX中継で解説をしていたばかりでしたので驚きました!

ランディの話をするのは今日だけだぞ。いいか、ランディとは数年前にもアフリクション移籍問題があった。それ以来、最高の関係とは言えなかった。あの問題が起きるまで、ランディはリデルやヒューズと同じ扱いだったんだが、その後、旧交は温まりきらなかった。弁護士が毎日電話をかけてきたから、UFCに戻してやったんだ。そもそもランディとはまだ1試合の契約だって残っているんだぞ。

ヤツにはキャプテン・アメリカというイメージがあるが、ヤツはいい人間ではない。ヤツは悪い奴だ。正直に言えば、出て行ってくれてせいせいしている。ヤツともう関わらなくて済むから自分はハッピーだよ。

Q ランキング制導入には驚きました。ランキングで下位の選手が先にタイトルに挑戦する際など、厄介な問題は起きませんか。

似たようなことはどうせこれまでもあったんだ。そこは心配していないよ。導入の理由は、フットボールであれ野球であれ、ほかの主要スポーツではだいたいランキングのようなものがあって、一般のファンはそういうものに慣れているんだよ。だからMMAの成長に合わせて、ランキングが必要だと考えたんだ。大会毎にメディア関係者90名が投票して決めることになる。



*****

ここ1週間ほどのダナ・ホワイト発言より。

ランページ・ジャクソンについて

大人として、ランページの言動にはがっかりしているし、なんだか気の毒な男だなとも思う。どうしてこういうやり方をするのかな。いいか、自分やUFCに頭にきているのなら、それでもかまわない。自分はランページのためにいろいろやってきたつもりだ。ヤツはインタビューで、スケートボードの選手の方が稼ぎがいいなどと語っている。2007年から2012年まで、ランページはUFCで1520万ドル稼いだ。自分はスケートボード選手の知り合いも多いが、Tony Hawk や Rob Dyrdekでもない限り、1520万ドルも稼いでいるヤツはいないぞ。メディアはランページにいろいろ聞くだろうが、それも仕事だからなんだ。ヤツが気の毒だよ。何を考えているのか知らないが、正しいやり方だとは思わない。今回の試合が終わって、契約を更新するかどうかはわからないが、とにかくヤツのやり方は間違ってる。



ランページについてはなんと言えばいいのかわからんな。いま機嫌が良かったと思ったら、次の瞬間にはもう変わっている。今回ヤツはいろんなことを言っていたが、こちらはまるで何事もなかったかのようにヤツと接してやったぞ。FOX大会という大舞台に出し、いつものようにカネを稼がせた。勝つも負けるも、自分の問題なんだ。なにも前座に追いやったわけじゃないんだ(オブザーバ)。



エディ・アルバレスについて

とんでもないと思ったのは、向こうの弁護士が「スパイクとFOXは全く同じものです」などと言っていたことだ。裁判官がこれに同意するなら、なにも勉強をしていない証拠だ。洒落にもならない。スパイクとFOXはまるで別世界なんだ。ベラトールがエディを持って行っても構わないんだぞ。ちゃんと払ってやれるのならな。アホらしい。裁判官は何を見ているのか。UFCのPPVの最低とと最高値を調べて見ろ。その間のどこかをとってみろ。それがこのキッドが本来稼ぐべき額だ。



ロンダ・ラウジーの動員力について

デイブ・メルツァーがアホな記事を書いた。ロンダが75万ドルしかチケットを売っていないとかいう記事だ。ロンダにチケットを売れるかだって?何を言っているんだ。意味がわからん。まだ大会のプロモーションすら始まっていないんだぞ。



ザ・ジャニター(用務員)、ウラジミール・マチュシェンコについて

大好きな選手だよ。われわれがUFCを買収したときからいる選手だ。ティト戦は忘れられないな。あれは実に最悪の大会だった(笑)。それでもVladdyのことは好きだ。



アンデウソン・シウバについて

またしてもアンデウソン・シウバとエド・ソアレスコンビの典型的なクレイジー三昧だよ。マイティ・マウス・ジョンソンが試合をする度に、アンデウソンはヤツと戦いたがる。あいつと戦いたい、こいつと戦いたいといろいろ言う。いつも同じだ。それでいて、「チェール・ソネンとは絶対に戦わない。ヤツには値打ちがない」とか言うんだ。

まあ、何かを待っていれば、なにかがどうにかなるさ。発表できるようになったら発表するよ。なんにせよシウバは防衛戦をやる。スーパーファイトにはならないと思うがな。



******

はあ~と、気分が落ちそうなぐらい、おかげさまで忙しい。ほかのフリーの方はこんなとき、どうしているのかと思ったりしている今日この頃だ。さて先週日曜日のUFC on FOX大会の感想。次のビッグマッチの前になんとか書き殴れてよかった。

デミトリアス・ジョンソン def ジョン・ダドソン

UFC内で扱いがかなり怪しいフライ級、ニーズが本当にあるのかと疑う向きもあったり、ある種の発言はタブーだったりするらしいと言うフライ級。この試合もFOX大会のメインに置かれた割には、FOXのCMでは単に「UFCタイトルマッチ」とだけ前宣伝されていたという。でもこの試合は楽しかった。デミトリアスもずいぶんチャンピオンらしく見えてきた。この試合がメインイベントでも違和感は感じなかった。こういうことはやっぱり慣れの問題なのかもしれない。

とはいえ、レフリーのビッグジョン・マッカーシーなら、2人まとめてラリアートで吹っ飛ばしてKOしてくれたのではないかと思えてならない。

グローバー・テイシェイラ def クイントン・ランページ・ジャクソン

まさに地味強のテイシェイラ、岡見の解説がなければ、その強さをうっかりなんとなく見過ごすところであった。ランページは3連敗、ジャンクヤード・ドッグ風の遠吠えをやってくれなかったのは寂しかった。UFCを辞めるみたいだけど、選手としては全盛を過ぎて、タイトル戦線はもう無理だとしても、これからはネームバリューをいかして、「おもろ試合」を中心に、ラクしてキャッシュをたっぷり回収できる時期に入ってきていると思うのだ。そういう選手は出来るだけ長く、「おもろ頭」を働かせて、UFCにぶら下がっているのが一番いいと思うのだが・・・。ベラトールに移籍したって、トーナメントにコツコツ出るというのであろうか・・・


クレイ・グイダ def 日沖発

ガイジンMMA記者のツイートをあとから眺めていたら、多くの記者が異口同音に、「こりゃヒオキの勝ちだと思うんだけど、判定はグイダにつくだろうな」と書いていた。僕もそう思った。グイダは顔からしてものすごくアグレッシブだけれども、これといって何の攻撃もしてない。

それにしても、日沖がUFC入りした頃のフェザー級であれば、日沖はあっという間にタイトルマッチに進めるのではないかと思えた。実際に一度はアルド戦がオファーされたのに、日沖がそれを断ったとの報道もあった。そうこうしているうちに、日沖自身が後退、そしてエドガーとかグイダが階級を下げてきて、フェザーも層が厚くなってしまった。日沖でこの調子では、日本人選手に明るい材料はホントにないよなあと思ってしまう・・・

*****

今回のOn Fox大会の視聴者数は421万、視聴率2.4%、瞬間最高520万。18-49歳層での視聴率は他の地上波局の倍以上だったという。フライ級タイトル戦のメインでどの程度の視聴率を残すか、実験的な要素もあったが、オブザーバはこれを大成功だったと評価している。フットボール中継内でUFCの宣伝をすることが大変効果的であるようだとのことだ。

というか、年明け以降のUFCの視聴率って、全般的に去年の数字の1.5倍くらいにスケールアップしているように見える。やはりFOXプラットフォームで1年間やってきたことで、ファン層が確実に拡大しているのではないだろうか。

*****

2008年北京五輪、55キロ級フリースタイルレスリング金メダリストのヘンリー・セジュードが、3月2日にMMAデビューするとオブザーバが報じている。どの団体で誰と戦うのかは不明。ただし米国時間3月2日というのはUFC日本大会の日である。セジュードにはUFCの年末大会で山本“KID”徳郁と対戦する計画があったそうだが、KIDのヒザの回復不十分により流れていた。

*****

日曜日、日本では昼間のUFCに出場したランページ・ジャクソンが、それとは無関係に夜のテレビで放送されたAチームの映画にも出演していたが、なんとアメリカでは、まさにFOX生中継の裏番組で、系列チャンネルFXで、やはりAチームの映画を放送していたという。

*****

【グローリー】2013年の計画を発表!賞金総額は1億8000万円 (eFight)
ビッグプランの連打ではあるが、DREAMのドの字もでてこない・・・キックの大会ってホントに日本でニーズあるんですかね・・・ちょっと自分には枠外の話だわ。

「だまされた」 アームストロング回顧録の読者、返金求めて提訴 (CNN)

2期目スタートのオバマ米大統領、額にまたハエ止まる (Yahoo! Japan)




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update