ユライア・フェイバー:KID戦OKも日本はイヤ

Urijah Faber talks about his upcoming fight with Jens Pulver (Wrestling Observer)

ユライア・フェイバーがラジオ出演で発言。

155パウンドに上げるとか、135パウンドに下げるといった話しもしている。スーパーファイトが適正なファイトマネーで出来るなら、誰とでも戦う。今は目の前の試合一つ一つに取り組んでいるところだし、145パウンドでやり残していることもたくさんあるけどね。

(山本KIDについて)何かできると良いね。彼は135だと聞いている。自分がウエイトを落として、このビッグファイトを実現させることに問題はないよ。

(KID戦は日本で実現するのではないかとの見方について)それはできれば避けたいなあ。日本では不透明なことを何度か目にしたし。("but I would hope not because I've seen some shady stuff happen there.")


フェイバーの「Shady stuff」発言に対して、聞き手は「レフリーをアメリカ人にしてはどうか」と提案、フェイバーは「僕が勝ったりしたら、そのレフリーは殺されちゃうよ」と冗談で返しています。

KIDーヤヒーラ戦での疑惑のフィニッシュ問題や、レフリー梅木の疑惑のストップ・ドント・ムーブ問題が尾を引いているのでしょうか(引くよな、そりゃ)。あるいは、日本のファンは熱狂的に日本人だけを応援し、アメリカ人は塩でも投げられると思っているのでしょうか。それとも、KIDは堅くプロテクトされていると思っているのでしょうか(それは少しそうかも)。

まるでKID戦実現を前提にしたかのようなこのインタビューは、少なくともこの件になんらかの現実的な進捗があることを伺わせます。つまらない疑念をクリアにしながら、実現に向けて交渉していただきたい。これはおそらく、日米双方のファンにとって最も重要で楽しみな交渉でしょうね。リングとケージで二試合やるというのはどうでしょう。

*****

【IFL】速報、コネチカット大会。今シーズ、ベストイベントでミドル級新王者誕生 (MMA Planet)
Nelson, Schultz Defend; Miller New IFL Champ (Sherdog)

大幅な赤字決算を発表し、CEOが身売り歓迎発言をしている渦中のIFLが16日、コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで大会を開催。出ている選手などもさっぱりわからないんだけど、上記情報源はいずれも大会の内容についてはポジティブなレビューを掲載しています。メイン級のカードで熱戦の末のアップセットが続いたり、足関決着が二試合もあったりと、見所が多かった模様。IFLは結構、内容的には評判が良い場合が多いですね。地味ながらも、こうして評判が良いというのは、プロモーションの仕事の一部がうまくいっているせいだと思うし、この大会も4000人入っているようだし、あっさり潰れてしまうのは勿体ないような気がします。

*****
Steroid Allegations Hit Women's MMA (Sherdog)

ブラジル人の女子格闘技選手カリーナ・ダムが、カリフォルニア州アスレティック・コミッションのドラッグテストに失格しました。先月の「Femme Fatale Fighting 4」という大会の試合後のテストに失格したもので、12ヶ月の出場停止。女子選手の失格はアメリカ初。同選手は最近 EliteXC と契約をしたばかりでした。

*****

木曜日にダナ・ホワイトのテレ・カンフェランスがあったようです。MMA Weekly によると、カナダとイギリスで成功を収めたUFCの次のターゲットはドイツ。その次はフィリピンか、オーストラリアだそうです。ブラジルでの企画もごく最近、スタートしたのだそうです。日本は視野に入っていないのですね。

また、次回UFCのマチダ戦を最後にUFCを離れることを明言しているティト・オーティスについて

ティトは嘘つきで、ジコチューだ。ヤツがいつもいうのは、「これはみんなのためにやってるんだ」「あれは誰々のためにやってるんだよ」。ヤツはいつでも、他人のために動いていると言うんだ。ティトが唯一気にしているのはティト自身だよ。誰かのためになんか、何もしてないよ。もう何万回そんなことがあったことか・・・ヤツはもはや、一緒に仕事が出来る男ではない。ティト・オーティスは自分自身以外の誰の友達でもない。

自分はいつも、ただ試合を見て、何が起きているのかを見て、次にどうするのかを考える。誰かが負ければいいのに、と思いながら見ていたことは一度もない。しかしだ。今は、誰かのケツが蹴られる様子をこんなに見たいことはない。


さらに、同じ記者会見での発言かどうかは分からないのですが、ダナは女子格闘技について、「何人かの他とても優れた女子選手を見た。ただ、女子格について考えを巡らせるのは、もう少したくさんの選手が出てきてからだな」と留保的発言。

またヴァンダレイ・シウバについて、UFCに残りたいなら、次のジャーディン戦には勝たなければならないと、「負けたらクビ」を示唆!確かにシウバは負ければ4連敗(UFCでは2連敗)ですが・・・昨年のリデル戦のあと、ダナはシウバの控え室を尋ね、素晴らしい試合だった、ありがとうと、相好を崩して繰り返していた、まるで単なる一ファンのような姿を思い出してしまいます・・・

*****
Gary Shaw open to Kimbo Slice vs. Mike Tyson bout(Yahoo! Sports)
Tyson fight or no, Kimbo is no freakshow (Yahoo! Sports)

一部のウェブサイトで、マイク・タイソンがEliteXCでキンボ・スライスと戦っても良いと発言したことが報じられました。これを受けてEXCのゲーリー・ショーは、交渉の事実を否定しながらも、そのようなアイデア自体を拒む理由はないと発言しました。フリーク・ショートでもサーカスとでも、何とでも呼べばいい、PPVで史上最大の売り上げをたたき出すことになるだろうと言っています。

うーん、たしかにキンボにとってはうってつけの相手かも。

タイソンは41歳で、ここ3年は試合をしておらず、今の体重は300パウンド近くになっているそうです。メガトン・トーナメントになら出られるのではないでしょうか。

*****
Inoue Victorious in Comeback (Sherdog)

金曜日にホノルルで行われたX-1という格闘技大会で、イーゲン井上(42)が復帰、勝利を収めたそうです。えっ、X1?

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update