スター誕生【ラウジー、UFCデビューを飾る】


ロンダ・ラウジー def. リズ・カムーシェ (UFC157)

先週は僕もに時間があって、この試合にむけての各種報道を結構眺めていたんだけど、それはそれは大変な量だった。この人たちは2週間前くらいから、ろくに練習なんて出来ていないんじゃないかと思ったほどだ。そして、おそらく朝から晩まで同じような質問に答え続けていたのだと思うのだけれど、いちいち初めてしゃべるかのように、丁寧に質問に答えていた。個人的にはカムーシェの品があって頭のいい受け答えに感心してしまって、どんどんカムーシェファンになっていた。ベビーフェイス対決の構図であったので、相手をぶっ殺してやるといった決戦ムードはなかったのだけれども、2人の入場からは、大会を背負い、女子格を背負っているという意味での決意の表情がうかがわれ、もうそれだけでちょっと胸が詰まってしまって参った。

試合展開もこれ以上は書けないような筋書きだった。クーネンやカフマンを追い詰めたカムーシェが、ここでもロンダ相手にあわやのシーンを作り出す。まったく期待通りの仕事ぶりだ。不自然にひねり上げられるロンダの顔。試合後記者会見では、このときロンダのあごが外れて、歯がカムーシェの腕にめり込んでいたのだそうだが、白目をむき顔面を紅潮させていてもロンダにタップをする気配は全くなく、このまま顔をねじり切られてもまだ参ったをしないのではないかと言うくらいの気迫が萌え立っていた。それにしても、フェイスロックがあんなに恐ろしい技だとは知らなかった。

そしてフィニッシュは必殺技アームバー。おかしな角度であっちからこっちへと、二度ほどリズの腕が折れ曲がったように見えて、やばいことこの上ない。そう、この試合は「1Rアームバー決着」でなければ、いくらロンダが勝っても世間は納得しなかったはずなのだ。それを、ひやっとさせる展開からカムバックしてきての、誰もが期待していた1Rアームバー決着とは、やはりラウジー、何か持っているとしか言いようがない。

米メディアでは眠たい試合だったと叩かれている「ダンヘン vs リョート」も、一秒先はどうなっているかわからない、スリリングな試合だったと思うのだが、やはりメインイベントを見た後で振り返れば、もはや遙か昔のかすかな記憶というか、セミファイナルが妥当だったと言わざるを得ない。ロビー・ローラーの勝ちとかも嬉しかったんだけど、今日はもうそんなことより、メインイベントに酔っ払ってしまうということで良いのではないかと思った。

大会後記者会見映像より

Q メインイベントはこれ以上ないような筋書きに終わったのではないですか

ダナ・ホワイト(DW) 自分がナイーブに過ぎるのかもしれないが、2013年にもなって、女子戦をメインで行うことについて、くだらない批判がこんなにたくさんくるとは思わなかった。でも珍しくメディアに感謝するが、主流メディアのこの試合の扱いは本当に素晴らしかった。ESPNはライブでずっとTweetしてくれたし、CNNも大きく扱ってくれた。そして彼女ら2人は、期待以上の仕事をやってのけてくれた。

1つ強調しておく。今回このお役目にかり出されたリズ・カムーシェは、まだ7勝2敗の選手なんだ。なのにこの大舞台で、ロンダをほとんどフィニッシュしていた。これからもここが彼女の居場所だよ(拍手)。

Q マット・グライスは連敗となりましたが、すごい試合でした。カットされませんよね。

DW 大丈夫だ。解雇のことなんだが、100人程度解雇しないと行けないというのは事実なんだ。大会後に15人も解雇することもあるが、1人も解雇しないこともあるだろ。今日のような試合に敗者などいないんだ。カネを払ってテレビを見ているファンが期待しているのは、ああいう試合なんだよ!ああいう試合をする選手は解雇しない。単純な話だ。(明らかにジョン・フィッチへのあてつけ)

(プレリミナリーの「デニス・バミューデス vs マット・グライス」は、ラウジーの試合を抑えてファイトオブザナイトを受賞。 この試合は各自調査で見ておいた方がいい。見ているこっちが笑うしかないような、あまりにクレイジーな殴り合い。解説のジョー・ローガンも、なんて試合だ!と笑いながら叫んでいた。何をされても絶対に倒れなかった敗者が光っていた。)

DW そういえば、ユライアとカムーシェは顔が似ていると言われていたが、技も似ているな。

ユライア そうなんだよ、言われる理由がわかったよ。顔も似ているし動きも似ている。これじゃ双子だよ。

Q ここがカムーシェの居場所だと言うことですが、とはいえ初戦で敗けてしまいました。次戦はどうなりますか。

DW 彼女は世界最高の選手の1人だよ。ふさわしい試合を組んでいく。それだけのことだ(会場拍手)。1つだけ約束しておこう。キッチンテーブルくらい買ってやる。ソファも付けるぞ。お安いご用だ。
(事前番組でカムーシェは、勝ったらキッチンテーブルを買いたいと語っていた)

Q ロンダ、UFCでチャンピオンになるという夢を実現しましたが、今の気分は?

ロンダ うーん、どう形容すればいいのかわからないけど・・・もちろん嬉しいのだけれど、なんというか、ちょっと変な気持ちで、こうしてみなさんの前にいるというのが、だんだん常態になってきているというか。だから明日朝起きて、物事が落ち着いて、私は1人部屋にいて、そこでやっとかみしめられるんじゃないかと思うけど、疲れすぎていてかみしめることも出来ないかもしれない。

Q 女子格闘技の顔として、生い立ち含め、ずいぶんさまざまなことが紹介されました。これからも女子格の顔としてやっていきたいですか。それとも、もう少し静かにやっていきたいですか。

ロンダ とりあえずまず来週は出来るだけ姿を消させてもらう。自分語りにももう飽きたしね。

DW メディア対応でも彼女らは必死で仕事をしてくれた。朝5時に起き出して、しっかり試合を売りこんでくれたんだ。いやあ、こうして選手がやるべきことをちゃんとやってくれるというのは、私にとっても新鮮なことだったよ。助かるよなあ。(あきらかにディアズ兄弟へのあてつけ)



*****

ケニー・ロバートソン(サブミッションオブザナイト)

大学時代には相手のハムストリングをちぎったことがあるよ。きれいにふたつに割れるんだ。気分がいいよ




ジョセ・アルドがアンソニー・ペティス戦を断ってきたとダナ・ホワイトが明かしている。タイトルに挑戦する値打ちのない選手だから、というのが理由なのだそうだ。これにはホワイトもダーク化。「試合はやる。アルドはペティスと戦う。そうでなければ、彼にとっておもしろくない展開になっていくことになる」


レイ・セフォのWSOFが、ジョン・フィッチ獲得に口頭で合意したことを明らかにした。6月から7月頃にプロモーショナルデビュー戦を予定しているという。


*****

【メディア / 書籍 /DVD 】 ボブ・サップが暴露本出版へ < gryphon(総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO)
これはかなり読みたいかも・・・ホントにサップは最後の一滴まで搾り取るな(笑)。ただ、「ダンプ松本のここまでしゃべっちゃいました」的なすかし方をされる可能性もあるのかな・・・


高山vs.フライの伝説バトルが再び!=3.17全日本プロレス(スポーツナビ)
フレアなんか呼んだって、チケットが何枚余計に売れるものかねえと思っていたけれど、これだけ全日本が繰り返しレジェンド選手を呼ぶと言うことは、多少は儲かっているということなんだろうねえ・・・これで喜ぶファン層が、いま行方をなくしていて、それを全日本が独占している状況なのかもしれない。




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update