ニュー・ワールドチャンピオン、カラテ・ホッティ!


ミシェル・ウォーターソン def ジェシカ・ペンネ(インビクタ5)

体格が大きくでパワフルなペンネ、軽さとスピードのウォーターソン、対照的な両者でわかりやすい。マトリックス的なヘッドムーブメントでオリエンタルに相手の打撃をかわすウォーターソン。グラウンドでも序盤はウォーターソンが有利にすすめ、1R終盤には下からのオモプラッタやアームバーでペンネを攻め込むが、ペンネもこれをなんとか振り外すと、うるさいとばかりにガツンと強烈なパウンドを打ち込む。2R、グラウンドでポジションをコントロールしているのはウォーターソンに見えるが、スタミナを徐々にペンネに吸い取られているような印象。3R、いきなりペンネが押し倒すようなテイクダウン、そこからウォーターソンの広いおでこに無数のパウンドの雨あられ、ウォーターソン危うし。残り1分でペンネのアームバーが決まる。もうダメかと思った瞬間、腕をずらしてアームバーを外したウォーターソンがスイープ。ここはなかなか見られないマジカルな一瞬だった。4R、グラウンドゲームの最中にウォーターソンのアームバーがカチッとはまり、ペンネが突然のタップ。リング上でウォーターソン、熊男のようなパッとしない旦那に抱きついて号泣。掛け率的にはアップセットでカラテホッティが第2代のインビクタ・アトム級女王に輝いた。

毎回誰か日本人選手も参戦していたインビクタ、今回はジュエルズファイターの参加はなかったが、アトム級なら体重的には日本人選手も無理なく参戦できるだろう。是非ベルトを狙いに行くところを見てみたい。


青木、上田、サイボーグの試合も見た。それぞれ特徴を出し切っての盤石の勝利だった。とくにサイボーグのまるで大虐殺のような試合ぶりを見ていると、やはりラウジーとの荒野の決闘は是非とも見てみたいと、想像力を刺激された。今回はサイボーグも145への減量にはちゃんと成功したみたいだ。イベント自体も、前回のようなネットPPVのシステムダウンなどもなく、滞りなく行われたようである。

*****

UFCスウェーデン大会のアレクサンダー・グスタフソンの欠場についてMMA Fightingは、負傷してしまったことは仕方ないとしても、この大会にほかのライトヘビー級戦が組まれていなかったこと、ビザの関係でショートノーティスの代替選手は欧州内から探すしかなかったことなどを指摘、これらはUFC側で事前に備えが出来たはずではなかったかと指摘している。

また、グスタフソン欠場を受けてUFCがチケット払い戻しを行わなかったことが、グスタフソンの欠場自体よりも、スウェーデン地元メディアで評判が良くないと報じている。UFC欧州担当のバイスプレシデント、ゲイリー・クック氏は、「アレクサンダーを見たかったというご意見は理解できる。しかし、ほかにもスウェーデン選手は7人も出場する。4人は今回がUFCデビュー戦だ。来場してくれるファンは、あくまでUFCファンなのだと理解している。アレクサンダーだけがすべてということではなく、UFCブランドを見に来てくれているものと思っている」などとコメントしている。

*****

ファロン・フォックスが、次期TUFトライアウトを受けない意向を明らかにした。TUFトライアウトの受験資格は35歳未満となっており、今年38歳になるフォックスは該当しないため。しかしフォックスのマネージャは、本人がUFC入りの希望を諦めたわけではないとコメントしている。MMA Fighting

フォックスは無事フロリダ州アスレティックコミッションから選手ライセンスを受給し、5月24日にChampionship Fighting Alliance大会の女子フェザー級トーナメント準決勝に出場する。

ちなみにこのファロン・フォックス、男性として生まれ育ち、のちに性転換したことを明らかにした初の女子格ファイターとして、近頃話題である。ファロンって誰?というむきには、詳しくはDropkickのMMA Unleashedに書きました。

*****

CagePotatoがUFC各階級のストライカーを分析。縦軸は打撃の正確性、横軸は打撃のペースをプロット。これをみると、マーク・ハントとステファン・ストルーブを比べれば、正確性・ペーストもハントが上であることがよくわかる。ではハントとドスサントスを比べると・・・


日本の介護を救うのはプロレスだ!斉藤 正行・日本介護福祉グループ副社長に聞く(日経ビジネスONLINE)
インタビュアーが専門的すぎて、日経ビジネスの一般読者のことが心配になってしまう妙な味付け。


この命がけの張りぼて感、いいなあ。



キャンペーン | 国際オリンピック委員会(IOC): オリンピックにおけるレスリング競技の存続を求めます | Change.org

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update