UFCがマリファナ陽性基準値を10倍に引き上げ!


レスリング・オブザーバ最新号が噂話として報じているところでは、UFCではこの秋、ダラスのカーボーイ・スタジアム(収容8万5千名)で、UFC史上最大のビッグマッチを開催する計画があるという。具体的には、テキサス州のステイトフェアにあわせた10月12日か19日と言う日程で、「アンデウソン・シウバ vs. ジョン・ジョーンズ」「ケイン・ベラスケス vs. ジュニオール・ドスサントス」が中核カードになるという。UFCではもともと、11月に創立20周年記念大会をマジソンスクエアガーデンで開催することをもくろんでいたが、ニューヨーク州でのMMA解禁見通しが明るくないため、次善の策が浮上してきたということらしい。

もちろん、アンデウソン・シウバがクリス・ワイドマンに勝つこと、ジョン・ジョーンズのつま先の怪我が治ること、そして両者が対戦に合意することなど、埋めるべきパズルのピースは多く、事態は流動的である。

*****

レスリングオブザーバ最新号が、今年のWWEレッスルマニアのPPV売上最終値が1,048,000件であったと報じている。北米で65万件、海外で39万8千件。昨年比でいうと、件数ベースでは北米で9.1%、海外で21%下落した。しかし今年はPPV価格が5ドル値上げされたこと(HD版は10ドル値上げ)、ゲート収入も高かったことをうけ、トータルでの売上は4,040万ドルとなり、昨年の3,620万ドルを上回り、過去最高に達した模様である。

プロレスのPPVで売上が100万件を超えたのは過去8度(すべてレッスルマニア)、今年のマニアは第5位の記録だった。

*****

ベンソン・ヘンダーソン、たとえ25回連続判定勝ちでもいいじゃないかと持論を語る。Fighters.com

試合をフィニッシュしないといけないとは考えていない。ただ、いいパフォーマンスをしないといけないとは思っている・・・ネイト・ディアス戦はとてもいいパフォーマンスが出来た。10点満点で9点だ。フランキー・エドガーとの1度目の試合は7点くらい、2度目の試合はエドガーに封じられて、いいパフォーマンスが出来なかった。向こうがとても上手かった。僕の自己採点は4点だ。ギルバート戦は5点か6点。ギルバートもなかなか思うようにはさせてくれなかった。次のTJグラント戦では、自分が8点か9点のパフォーマンスをすれば、結果はあとから付いてくると思ってる。KOでも一本でも何でも構わない。25回連続で判定決着でも気にしない。毎回、いいパフォーマンスをしたいだけなんだ。



*****

ファロン・フォックス、世間のトランスジェンダーへの理解が深まる事を切望。ESPNのインタビューより。

私の立ち位置はジャッキー・ロビンソンに似ていると思う。人が彼を支持しなかったのは、彼が史上初の黒人のメジャーリーガーだったから。彼は誤解されていた。ちょうど私が誤解されているように。

人は理解できないものごとを恐れるものだ。当時黒人は、白人コミュニティから理解されていなかった。最近、「42」という映画を見たのだけれど、特に印象に残ったシーンで、アナウンサーがロビンソンは骨の形が違うから公平ではありませんと言っていた。まさにいま私が言われていることとまったく同じだった。



*****

UFC160ではKJヌーンに快勝したドナルド・カーボーイ・セラーニ、1月にアンソニー・ペティスにKOされて以来、スポーツサイコロジストとメンタル強化をしていたと明かす。試合前のMMA Junkieのインタビュー抄訳。

練習でやらないことを本番でやるにはどうすればいいのかを理解しようとしていてる。練習では僕はラウンドを取られたりしないからね。ペティスがいま、ここにやってきたら、迷うことなく僕はケージに上がってハードに戦うよ。信号待ちで誰かにケンカをふっかけられたら、路上でそいつをぶちのめしてやるさ。でも、準備期間が6か月もあるんだぜ。彼女とベッドに入ってるときでも、僕は対戦相手のことを考えてる。頭がどうかしそうなんだ。

僕はこれまで、ブーイングを食らったことが一度もない。もしコーチから、「このラウンド、テイクダウンしてそのまま相手を塩漬けにしろ」と言われても、僕はこう答える。そんなことをしたら、試合後に新しい仕事を探さないと行けなくなるだろ。ガンガン出て行ってうち合うのが僕のやり方。それでカネをもらっているんだ。楽しめる試合をしなくちゃ。」退屈な試合を期待して、PPVカードに組んでくれてるわけがないだろ。

練習はやらされているんじゃない。やっているんだ。9時から5時の仕事をしたっていいんだ。でも僕は、そういう仕事はしないで、練習をするんだ。そうやって、自分を奮い立たせているんだ。

(グレッグ・ジャクソンの解説)ライターズ・ブロックという言葉があるけど、僕はセラーニはファイターズ・ブロックに苦しんでいると思っている。十分に勝てるのに、そのときが来ると十分に反応が出来ない・・・これは、過去の経験という荷物が多すぎるからなんだ・・・



*****

マリファナ陽性でボーナス13万ドルをフイにしてしまったパット・ヒーリー、ネットラジオのインタビューに答えて。MMA Fighting

時間をさかのぼって自分を張り倒したいよ。本当にアホなことをした。

試合の3週間半か4週間前だった。友達の誕生日パーティでやってしまった。たいしたことだと思わなかったんだ。

自分の愚行のせいで、キャラウェイとネイトには迷惑をかけた。ブライアンは悪い男ではないんだが、ときどき問題のあるコメントをする。自分で何を言っているのか、十分にわかっていないんじゃないかと思うこともある。でも、僕に対する悪意は感じない。

たくさん応援してもらえたことは有り難い。いいことをしたわけじゃないんだが、味方してくれる人がいるのは心強い。カネもそうだが、やっぱり勝ち星を失ったことがつらいよ。UFCでまだ勝ったことがないからね。自分に腹が立っている。



*****

世界アンチドーピング機構(WADA)が、薬物検査でマリファナを陽性にする基準を、これまでの15 ng/mlから、150 ng/mlに引き上げることを発表した。MMAの検査基準の多くはWADAを参考に決められており、現状ではMMAもボクシングも、15 ng/mlを越えるとアウトというルールになっている。

そこでUFCでは、海外大会など、自社で薬物検査を行う際のマリファナの基準を、今後WADAに合わせて150に変更することをアナウンスした。ボクシング協会でも、基準の見直しに着手している。

これまでマリファナで陽性になったMMAファイターの多くが、新しい基準値であれば陰性の判断になるのだという。たとえば、カルロス・コンジット戦のあと陽性反応が出て出場停止を食らったニック・ディアスは、新しい基準値であればセーフであった。前日に軽く吸っても大丈夫なくらいだというから、今度ブラジルで戦うデイブ・ハーマンは、直前まで安心してマリファナを楽しめそうだ。レスリングオブザーバおよびMMA Junkie

*****

昨年6月にTHQからUFCのビデオゲームの権利を買い取ったEA Sportsがこのほど、この先10ヶ月間のリリース予定を発表したが、新しいUFCゲームのリリースが予定されていないことが明らかになった。UFCゲームは昨年2月にTHQがリリースしていらい、新版が出ていない。UFCゲームは2009年に初めてリリースされ、350万本を売ったが、2010年番の売上は大きく低下、THQでは3本目をリリースしたあと権利を手放していた。レスリングオブザーバ。

*****

12月28日に予定されている荒野の決闘「ロンダ・ラウジー vs. ミーシャ・テイト」戦で、ロック歌手のジョーン・ジェットがライブパフォーマンスを行う計画があるとレスリングオブザーバが伝えている。ラウジーの入場曲はジョーン・ジェットの1981年の曲、「Bad Reputation」である。まるで鈴木みのるを送り出す中村あゆみのような光景が展開されるのではないかと想像される。最近ではこの曲をアブリル・ラヴィーンがリバイバルヒットさせていたような気がする。ちなみに80年代にはテッド・デビアスやビル・ダンディもこの曲を入場曲に使っていたそうだ。

*****

リンク先にニック・ディアス団体のPV。6月22日の旗揚げ戦はNickDiazPromotions.comで無料配信されるとのこと


本物のUFC契約書。エディ・アルバレスが裁判所に提出した資料。


力道山刺傷男「事件から50年目の“病死”に愛弟子が激怒」(アサ芸プラス)

*****

ロシアで行われた「アレクサンダー・エミリャーエンコ vs. ボブ・サップ」、みなさんは映像をご覧になったか。世界のあらゆる僻地で、プロレスとMMAの境界線上の試合を続けるサップのこと、どうやらMMAでは14連敗だか15連敗らしいのだが、もはや誰にも正しい統計はわからなくなっている有様だが、それよりも久しぶりに見たアレクサンダーの出で立ちにはあまりにもインパクトがあった。あの貫禄あふれすぎの肢体と、ジョニー・ヘンドリックスもびっくりのアゴヒゲ。ある意味非常に強そうだし、どこか怪奇派の香りすらしてくる。これがアレクサンダーだと言われなければ、どこの木こりのカールおじさんかと驚くような有様である。各自調査で一見の価値がある。

あと、戦極ファイター・トラビス・ビューがインディ団体でマイク・パイルかマイク・カイルかどちらかにKOされてぴくりとも動かなくなり、救急車で搬送されるという出来事があったそうだ。病院で手当を受けたビューは無事だったというが、5日前のショートノーティスでメインイベントに代役出場だったというから危険な話だ。ビューはこれで4連敗なのだという。

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update