WECもチケット売れてます!


Faber v. Pulver is a Hot Ticket (Payout: The Business of MMA )

WECといえばこれまで、ラスベガスの Hard Rock Hotel and Casino 内の The Joint という会場を本拠地にしていました。会場キャパは1500名。あのハード・ロック・カフェ系列のホテル内会場で、ロックコンサートでも有名なのだそうです。

ところが6月1日のWEC34(フェイバー vs パルバー)は、16,000名収容のサクラメントARCOアリーナに舞台を移します。WECでは当初、アリーナとスタンド1階の計8千枚のチケットのみを発売しましたが、ソルドアウトになったため、スタンド2階席のチケットを追加した、ということです。

昨年7月のUFC73が同じ会場で行われましたが、このときの有料入場者数は 8,622 名だったのだそうです。WEC驚きの大躍進といえるのではないでしょうか。(UFC73は、アンデウソン・シウバとネーサン・マーコートがメイン。ノゲイラとヒーリングの試合もありました)

MMA PLANET も同様の放送をしていました。

*****
STRIKEFORCE ON NBC A HIT WITH THE 18-34 MALE (MMA Weekly)
Strikeforce on NBC 5/11 Rating (Payout: The Business of MMA)

米NBC深夜枠30分番組で放送中の Strikeforce が、18-34歳男性層の視聴率で、ライバルのABC、CBSを上回っているそうです。これまで5回放送しましたが、もっとも最近の放送がABCと同率であった以外は、すべて上回っています。これまでの平均視聴率は0.5%、視聴者数に直すと約95万人。直前の番組の3倍の人が見ていることもをあるそうです。

直近5月11日放送分の視聴率は0.6%で、これは今週地上波で放送されたスポーツ番組で16番目に高い視聴率なのだそうです。

古い試合をよせ集めて流しているだけなんですけどねえ。

*****

と、ここでUFCに目を転じると、KamiproHand その他で、先日のUFC83 (GSP vs マット・セラ)のPPV件数が52万とか53万とかで、UFC歴代7位だか8位だかという成績だったと報じられています。わりにポジティブな報道が多いように思うけど、これまでUFCの情報を眺めてきた感覚で言うと、そんなに良くない数字に思えてならない。PPVを売りまくったシルビア、オーティス、クートゥアといったレジェンド軍が去った今、次の稼ぎ頭はやっぱりGSPだと思うんですね。会場の盛り上がり、試合内容の充実ぶりを考えると、70~80万件くらい行くのかと思っていました。GSPがレジェンド軍の数字を抜けないなら、誰が抜けるんでしょう?

次回UFCはBJペン対ショーン・シャーク。好試合が期待できますが、バカ売れするカードとは思えず、30~40万件くらいで御の字じゃないかな。その次はロンドン大会で、時差もあるので大きな数字にはなりにくい。8月のレスナー vs コールマンなんかはよくわからん。もし凄い数字を取るようだと、UFCもじっと手を見て、自らの方向性を考え直すかもしれませんねえ(笑)。

*****
“煽りV論” の感想 (先カンブリアンの補遣)

煽りVについて議論のやりとりがありました。関心のある方はどうぞ。

「三丁目の夕日」・・・。そうか、コンセプトの前に、まずは世界定めが必要なわけですね。なるほど、それなら「侠」とか「弱さ」なんていうコンセプトは、たしかにプラスアルファに過ぎないわ。しかし、こうなると煽りVも、ちょっとした物語論が必要になってきますね・・・

まったく関心のない方もおられるんだろうな。煽りVなんていらないんじゃないか、という。それもまたいいんじゃないでしょうか。説得する気もないけどね。もはや格闘技だけの話しをしてるんじゃないんでね。

*****
Marketing as Matchmaker (Payout: The Business of MMA )

フランク・トリッグが語る

選手なら誰でも気をつけていることは、自分のブランド価値と言うことだ。試合以外の世界でも稼げるようにしないといけない。僕はTNAのプロレスのコメンテーターをしているが、これは助かっている。いつもとは違う層の人たちに触れることになるし、人脈も増やしてくれる。そういうことに気を遣ってくれない団体では、いくらいい扱いでも、どうにもならない。

DREAMは待ってたようだし混乱もしただろうが、僕はDREAMのトーナメントがアメリカでも放送さるのかどうか、見極めようとしていた。結局大会の三日前くらいに放映が決まったようだけど、僕に言わせれば、とっくの昔にやっておくべきこと、馬鹿馬鹿しい動きだ。そんな風に運営しているなら、自分のブランドを賭ける場としては、良い場所と言うことは出来ないんだ。


個人的には、プロである以上、こんなことは当たり前のことだと思うし、ファンや業界の書き手の中にはこういうビジネス的な側面をまるで無視したようなナイーブな意見が多くて、いかがなものかと思うことも多いんだけど、このトリッグの発言、ここまであからさまに言われると、こっちだってそこまでアンタのビジネスを面倒見る気はないんだよと言うドライな気持ちになってくる。ホントにブランド価値を気にしている人は、もうちょっとものの言い方を考えるのではないだろうかと思う。まあ、勝手に稼いでくれ。買うかどうかはこっちの問題だ。

*****
武蔵とK-1に温度差露呈(内外タイムス)

「僕の名前がないと盛り上がらないということで出ることにしました」
「極真世界チャンピオンも出るということなので出ることにしました」
「っていうか僕的にはジャパンは4回も優勝して卒業したものだと思ってました。ファンの方からしても武蔵は何回優勝したら気が済むんだって話ですよ!」


武蔵って、なんだかジャパンGPに関しては、いつも過敏にかみついているような気がするな。普段あんまり過敏にかみつく人ではないから、かえって気になるわ。
言ってることは正論ですが、なーんかどこかおかしい気がする(笑)。

*****
事件が起きて2ちゃんが大荒れになった時の必死チェッカーは抜群に面白い (SOCCER UNDERGROUND BLOG)
はっハー、こんな分析方法もあるのか。
個人的には2chというのは苦手なんだけど、格闘技分野でも誰か取り組んでくれんかな。



スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update