MMAもeラーニングの時代!


「クリス・ワイドマン vs. アンデウソン・シウバ」のリマッチについて、シウバがブラジル版GQ誌の取材に答えて、12月28日で決まったようだとコメントした。ダナ・ホワイトはMMA Fightingに対して、4つの案を検討中で、12月28日のラスベガス大会はそのうちの1つにすぎないと語った。それ以外に2月1日のニュージャージー大会PPV、カーボーイスタジアム、ブラジルが検討されているという。MMA Fighting

そのGQ誌インタビューでシウバは、「再戦ではもっと集中力を高める。復讐はするが戦術は変えない。自分のゲームができたと思っているからだ。今回はうまくいかなかったが、ゲームというのはうまくいくときもあればいかないときもある。」「敗戦は愉快なものではない。いまでも頭にくる。生涯初めてKOされたんだ。気に入らない。今回は、私が勝ち続けるところをみんなが見たいのだと言うことがわかったのは収穫だった。ただ、私とて無敵ではない。そんな人間はいない。だれしもバッドデイはあるんだ。」等と語っている。Sherdog

*****

アンデウソン・シウバの長女、Kaoryさん(17歳)がTwitterでUFCに噛みつく!

お父さんはこれからもずっとチャンピオン。その気になれば、誰にも勝てないことは世界中が知っている。

お父さんがファイターだなんてイヤだったのだけれど、お父さんが疲れているとわかったいま、私は全面的に応援する。

世界は変わってしまった。昔のようにマーシャルアーツに敬意を払わなくなった。

私の人生を変えてくれたのはお父さん。私たちの人生が変わったのはお父さんの才能のおかげ。私の人生が変わったのはお父さんの対戦相手のおかげ。UFCのおかげではない。

私が恵まれているのは、みんながお父さんの仕事を尊重してくれるからであって、UFCのおかげではない。



*****

Sports Illustrated、ロレッタ・ハント記者の「アンデウソン」分析。

皮肉なことに、シウバがこんな風に戦うのは、自分へのチャレンジであると同時に、ファンを楽しませるためでもある。生けるアートを鑑賞できる経験を創り出そうとしているのである。しかしそれが崩れ去ったとき、ファンには満たされない気持ちばかりが残る。なぜならファンは、シウバが持てる力を発揮し尽くしたわけではないことを知っている。そして、結局どちらの選手が強いのかという疑問への答えが出なかったからである。

どうしてシウバは今回、彼の「アート」を極端なまでに持ち出してきたのだろう。試合後のシウバのコメントはいっそう不透明なものだった。シウバは、もう疲れた、といったのだ。そして再戦はしたくない、タイトルにも挑戦したくないと言った。こういういろんなコメントをあわせて考えると、シウバが格闘技にギブアップしたのではないかと思う人も出てくる。しかしこれが、スーパーファイトを回避しようとする彼のやり方なのであろうか。こんな風に回転木馬から飛び降りて出口に走り出すのが賢明なことなのだろうか。トップレベルのファイターがこんな風に考えたとは信じがたい。実際、誰だって負けたくはない。ことにKOなんでまっぴらだ。愉快なことではないし、記憶はなくすし、病院に行ってばかげた量の検査を受けなければならない。

シウバはワイドマンが若くてハングリーで有能な対戦相手であることを知っていた。その上でいつものように綱渡りをすることを自ら選び、今回はそこから落ちてしまった。試合後のスピーチを聞いていると、シウバ自身もいつかは綱から落ちることは覚悟していたように見えた。誰だっていつかは負ける。だからといって、戦うのを辞めたり、「アート」を体現するのを辞めたりはしない。結局、そういうことがすべてなのだと思う。



*****

8月31日のUFC164でベンソン・ヘンダーソンに挑戦する予定だったTJグラントが負傷欠場、代役にアンソニー・ペティスが起用されることが明らかになった。両者は最後のWEC大会(2010年12月)のメインイベントで対決、ペティスがショータイムキックをを決め、ヘンダーソンに判定勝ちをおさめている。

ペティスはかねてから、TJグラントのかわりにベンヘンとやらせろと無理筋な主張を繰り返し、グラントから失礼な野郎だと言い換えされるなど、舌戦になっていたという経緯もあったため、本当に代打出場がかなってしまうという、気まずいくらいに不思議な展開となった。もっと大河ドラマとしては、ペティスは最後のWECライト級王者として、WEC-UFC統合後にUFCライト級王者との統一戦が約束されていたのに、それが流れ流れて、ジョセ・アルド戦も流れて、ここにきてベンヘンとのリマッチに流れ着いたというのはこれまた不思議な話である。

@Showtimepettis
Is this real life????


@TJ_Grant
陰謀論者のみなさんには悪いが、UFCからカネをもらって身を引いたのではないですよ



****

「引退」し、自分の団体を立ち上げたはずのニック・ディアズがダナ・ホワイトに連絡、彼女と別れたので試合をさせてくれと申し出ているのだそうだ。こちらにニックと元彼女の写真がある。ニックはさらに、UFC162を見に行きたいが、ラスベガスのホテルがどこも満杯なので行けない、と言うので、ホワイトはニックに部屋を取ってやったのだそうだが、結局ニックは例によって姿を現さなかったという。

なお、税金を払ったことがないことで有名なニックは、WAR MMAのゲート収入から支払うべき収税をまだ支払っていないという。ニック、絶好調である。レスリングオブザーバ最新号より。

*****

TUFの撮影が終わったミーシャ・テイト、ロンダへの雪辱を誓う

トレーニングを開始するのに早すぎると言うことはけしてないし、ゲームプランは何度も何度も脳みそにたたき込もうと思っている。神に誓ってもいい。私はロンダにアームバーを取らせない。もしまたアームバーでやられることになったら、その場で頭をぶち抜いて自殺してやる。それくらいあり得ない。そういう練習を今から12月28日までやる。アンチ柔道のキャンプになる。



*****

日武会は遠くになりにけり、いまやMMAもeラーニングの時代!MMA ManiaがオンラインMMA教室をまとめて紹介してくれている。

●世界のシンヤ・アオキがバナナスプリットを教えてくれる Evolve University。月謝は1ヶ月19ドル95。

●へナー・グレイシー、ヒーロン・グレイシー主宰、4時間分の無料視聴が可能な Gracie University

●BJJワールドチャンピオンのギリェルミ・メンデス、ハファエル・メンデスが指導するMendes Brothers Online Training Program

●マルセロ・ガッシアのチュートリアル、MG in Action

スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update