「アルド vs. ゾンビ」負傷祭り!


UFC163で対決したジョセ・アルドとコリアン・ゾンビが、試合後にも、あたかもどれだけひどいケガを負ったかで競い合っているかのような様相を呈している。

まずアルドが、試合後のX線検査の結果、1R2分過ぎに放ったこの試合1発目のローキックをカットされた際に右足を骨折していたことを明かした。年内復帰は困難である見通し。

他方でゾンビの脱臼した肩は手術の必要がないことがわかり、これではまるで、重傷のアルドが、軽傷のゾンビに余裕の勝利を飾ったかのような印象を与えた。試合後記者会見でのゾンビ「脱臼したときはすごく痛かったけど、医務室でもとに戻してもらった。もう大丈夫だ。」


【腫れた足でゾンビの肩をはずすアルド】

さらにBloodyElbowがUFC専属医の話を伝えたところによると、試合後に検査を受けたアルドが、腎臓結石を患っていたことが明らかになった。深刻なものではなく、すでに体外に排出されているとのことだが、相当な痛みがあったはずである。この報道は、アルド勝ってなお強しという印象を高めた。

ところがこんどは、ゾンビのマネージャが、ゾンビが試合中に眼窩底を骨折していたことを明らかにした。詳しくは韓国に戻ってから検査するという。

別に意地を張り合っているわけではないのだろうが、一瞬、さすがに気の強いコリアンファイターならではと思ってしまった。

*****

7月31日のベラトール97で強敵アンドレイ・コレショフ相手に、文字通り半笑いで馬乗りになってのお尻ペンペン攻撃で相手の心を折って完勝、戦績を12勝0敗としたUndisputed ウエルター級王者ベン・アスクレンが、その試合を持ってベラトールとの契約を満了、いったんフリーエージェントの身となった。当面はベラトールとの独占交渉期間にあるが。その後他団体からのオファーを受けることもできる。しかしその場合でも、ベラトールがマッチングライツを持つ。Fighters.com。

アスクレン自身はかねてからGSPへの挑戦を希望していることを口にしているが、Ben Folwkes記者はポッドキャスト番組の中で、UFCのウエルター級は上が詰まっている状況であり、ジョン・フィッチ以上に粘着質なファイトスタイルと、ロイ・ネルソン以上にイヤミが冴え渡る自由発言人のアスクレンに対してUFCが興味を持つとは思えないと分析しており、そうだとすればアスクレンは引き続きベラトールにとどまることが濃厚であると思われる。




*****

チェール・ソネン、お好みのプロレスラーについて語る。デモリッションというのは、東京ドームで馬場・アンドレ組相手に仕事をしていた人たちのことかなあ。

好きなプロレスラーはハルク・ホーガン、ストーンコールド、CMパンクはもちろんだけど、JYD(ジャンクヤード・ドッグ)が好きだったな。はじめてチェーンを巻いて入場してきた男で、ランページがコピーしてる。マッチョマンも大好きだ。

タッグチームで一番好きなのは、ザ・デモリッション(アックス&スマッシュ)だ。自分もハロウィーンではヤツらの仮装をしたものだよ。ロードウォリアーズも大好きだけど、史上最高のタッグチームはザ・デモリッションだね。



*****

Ariel Helwani記者のこの辺のTweetによると、ストライクフォースのCEOだったスコット・コーカーがベラトールかWSOF入りか?という噂があるものの、これまでにコーカーがそれらの団体と接触した形跡はないということである。実際コーカーは、ズッファを退職後、来年の3~4月ごろまでは競業避止契約が有効になっているのだそうだ。

*****

きのうのWSOF 4大会で行われた「Nick Newell vs Keon Caldwell」戦の映像。片腕ファイターのNewellがチョークで勝つのだが、どんな風に勝つのかは各自視聴で。

*****

ミルウォーキー・ブルワーズの青木宣親が、打席入りするときのテーマ曲に、WWEプロレスラーのファンダンゴのテーマ曲を採用しているとレスリングオブザーバが伝えている。別に青木がプロレスファンだということではなく、ブルワーズのメディア担当の人がファンダンゴのファンで、7月25日のサンディエゴ・パドレス戦で青木にこの曲を使うように説得したのだという。その試合で青木はホームランを放つなど好調で、それならと今後ともこの曲を使うことに同意したのだという。WWEは青木にファンダンゴTシャツを贈ったのだそうだ。

この曲は今年のレッスルマニアでお披露目され、イギリスのiTunesチャートで急上昇するなど、なかなか評判の曲であるが、なぜこの東洋人外野手にラテンの曲を合わせたかったのかは不明である。

Fandango "ChaChaLaLa" Entrance Video (YouTube)

*****

無言で自転車の女性回し蹴り、同一犯?男逃走(読売新聞)

自転車で向かってくる人をウエスタンラリアートでなぎ倒したい衝動にかられたことならあったが。





スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update