マーク・ハント、メタボ対決に意欲!


マーク・ハント (MMA Fighting)

(6月28日、UFCニュージーランド大会でブレンダン・ショーブ戦をオファーされたが、ハントの側から断ったことについて)

タイミングが良くなかった。(オファーが来たとき)子どもが産まれたばかりだったし、練習も全然していなかった。手のケガもまだ治っていなかったしね。自分に選択の余地はあまりないんだよ。もう負けたくないし、タイトルショットが欲しいんだ。無理をする理由はない。

ニュージーラーンドで試合をできないことは残念だ。でもまた次があるさ。UFCがニュージーラーンドに来てくれるのは素晴らしいことだよ。

結果的に試合を断って良かったと思ってる。ブレンダンをくさすつもりはないけど、自分はトップ10の選手としか戦いたくないんだ。ブレンダンと戦っても下がるだけだ。

(日本大会で実現が見込まれるロイ・ネルソン戦について)
ロイならブレンダンよりずっといい対戦相手だ。私は上位の選手と戦いたいんだ。日本で戦うのも好きだ。もう70回くらい戦っていて、第二の故郷だからね。

ロイがノゲイラをKOしたのはすごかった。あの拳は爆弾だね。ダン・ヘンダーソンみたいだ。ただ問題は、彼が私のパワーに耐えられるかどうかだ。正直ヘビー級では、何が起きるかわからないからね。一発入れば意識が飛ぶんだからさ。

これぞ「Battle of the Bulge」(贅肉の戦い、メタボ対決)だね。自分からはネルソン戦にイエスと答えているけど、うまく実現するといいね。





スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update