UFC Fight Passがパワーアップ!(更新)

UFC Fight Passが価格体系を変更し、長期契約者への優遇を始めている。1か月9ドル99はこれまで通りであるが、6か月契約の場合、総額53ドル94(一月当たり8ドル99)、12か月契約の場合には95ドル88(一月あたり7ドル99)となる。この件は特にプレスリリースなどもないまま、Fight Passの申し込みページの片隅にひっそりと書かれている。レスリングオブザーバ。

また、UFCとインビクタが提携し、インビクタ大会生中継をFight Passで行うことも発表された。過去大会動画も提供される。インヴィクタは昨年12月から大会が開催されていないが、夏の終わり頃から、Fight Passをホームグラウンドに、定期開催を再開していく予定。再開第一弾のメインカードには、クリスチャン・サイボーグ・ジャスティノが、インビクタフェザー級王者、エディアン・ゴメスに挑戦する一戦が期待されている。

*****

ベラトールが5月17日に行ったPPV大会の売上が驚異の10万件超えを達成したことをうけてなのかどうか、UFCでは9月5日にコネチカット大会の開催を発表した。この大会は、既発表だったベラトールのコネチカット大会と車で10分の場所での開催となる。もちろんテレビ生放送も裏番組として真っ向衝突することになる。この大会はUFCにとっては初の金曜夜の開催、同時間帯にはWWEのスマックダウン中継もある。

他方で、WSOFが米三大地上波NBCで放送されることとなった。第1回放送は7月5日の「WSOF 11: Gaehtje vs. Newell」となる。この日はUFCのビッグイベント、UFC175が開催されるため、裏番組として直接競合することを避けるため、WSOF大会は昼間に行われ、NBC中継は東海岸で午後4時から6時の放送となる。WSOF地上波放送の第2回は12月27日の予定だ。レスリングオブザーバー。

*****

ワシントンポストに「北朝鮮のブラックマーケット世代の希望」という記事があった。脱北者の女性ジャーナリストの切れの良い文章が楽しいのだが、その中で次のようなプロレス関連の記述があった。

・・・ブラックマーケット世代の第二の特徴としては、外部のメディアに幅広くアクセスしているということがあります。広がりを見せるプライベートマーケットで獲得できるのは、食料や衣料だけではありません。テレビも、韓国の映画DVDの海賊版も、K-Popのビデオも、USBもDVDも出回っているのです。北朝鮮にいた頃、私はすでに「タイタニック」も「シンデレラ」も「プリティウーマン」も見ていますし、WWEのプロレスももちろん知っています・・・



*****

フジテレビがPRIDE中継打ち切りを発表したのは8年前の昨日、2006年6月5日だったそうだが、Josh Gross記者が次のようなTweetをしている。

PRIDE/DSEのボス、ノブユキ・サカキバラが大晦日までにMMAに再参入することを検討しているらしい。ズッファと結んだ7年間の競業避止契約は5月に終わっている。





スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update