チェール・ソネン、メタモリスで復活!


MMAから引退したチェール・ソネンが、8月9日のメタモリス4・ロサンゼルス大会でアンドレ・ガルバオンとグラップリングマッチで対戦することがあきらかになった。この大会ではさらに「ジョシュ・バーネット vs. ディーン・リスター」が行われることが発表されている

*****

9月27日UFC178でアレクサンダー・グスタフソン戦が決まったジョン・ジョーンズの言い分

(当初は8月30日のUFC177での試合がアナウンスされたことについて)
あれはUFCのゴリ押し戦術だよ。ファンをたきつけたり、決まってもいない試合を発表したりしてさ。まだ僕が試合の契約をしていないと言うだけじゃなくて、日付すら初耳だったんだよ。プロのやり方じゃない。あんなの、イジメだ。(MMA Fighting


グスタフソンよりコーミエのほうがタフファイトだろ。でもファンはグスタフソン戦を見たいんだよな。別にグスタフソン戦でもいいんだよ。ただ、兄さんが7月に結婚するから、いずれにせよ試合は少し先の日程がいいんだ。こんなに早い時期には試合をしたくなかった。10月終わりか、11月頃が良かった。まあ、そうはいっても日程は決まった。自分で決めたんだ。結婚式にも出るし、トレーニングキャンプもチャンとやる。(レスリングオブザーバー)



*****

レスリングオブザーバーによると、7月19日のUFC Fight Night 46アイルランド大会はチケットが即日完売、欧州大会としては最大の盛り上がりを見せているという。盛り上がりの理由はご当地選手コナー・マクレガーの存在。トークショーなどのローカルのテレビ番組への出演も多く、「アイルランドではUFCはメジャーではないが、コナー・マクレガーはメジャーだ」といわれるほどの存在なのだという。

*****

ベラトール1.0がヒカルド・アローナにオファーをしたものの、アローナはこれを断ったとMMA Fightingが報じている。アローナは今年、ヒザの手術をしており、「戦うつもりはあるし、オファー内容も悪くなかったが、いつ復帰できるのか明言できなかったから断った」と説明している。他方でベラトール1.0関係者が、アローナにオファーなどしていないよと発言したという報道もある。

*****

レスリングオブザーバーが、「UFC174:ジョンソン vs. バガウチノフ」のPPVは歴史的に少ない販売件数でに終わるのではないかと予想している。UFCのPPVが行われると通常、大会後には20万件〜50万件のGoogle検索が行われると言うが、UFC174大会後の検索件数はわずか2万件だったという。

なお、終わってみればすばらしい内容だった「UFC173:バラオン vs. ディラショー」のPPV販売件数は20万〜21.5万件。UFCのPPVとしては低調ではあるが、最近のトレンドを踏まえれば予想通りとも言える結果だった

*****

過去8試合で6敗し、リリースもやむなしかとみられていたパウロ・チアゴがUFCと4試合契約を更新した。本職が警察官であるチアゴは、ワールドカップ期間中、ブラジリアで警備業務に当たっており、「スイス対エクアドル」「コロンビア対コートジボアール」を含む7試合の警備を担当するのだという。

とても静かで平和なものだよ。いろんな文化の人たちが一緒に楽しんでいる。今日はコロンビア人が5万人もきていたのだそうだ。暴動なんかは起きていないよ。
優勝はブラジルだよ。疑うまでもない。決勝はブラジル対アルゼンチンだろ。楽しみだな。



日本のサポーターの人でMMAファンの人がいたら、きょろきょろ見回してみて、ウィリアム・リーガルのような顔をした警官がいたら、それはパウロ・チアゴに違いない。

*****

UFC登録選手に関する統計。もっとも選手数が多いのはウエルター級。


***
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update