マチダは、ベウフォートよりもアンデウソンよりも強敵だ【ワイドマン警戒】

ロンダ・ラウジー、FOXインタビューより(リンク先、ジオブロックは各自解除)

Q ダナ・ホワイトによると、今大会出場はあなた自身の希望だとのことですが。

A UFCから言われた次の試合は正月だったのだけれど、経験上、そこまで間を開けると試合勘が戻らないし、MMAではボクシングみたいにチューンアップファイトをやれるようにもなっていないから、いま試合をしておけば正月の試合に万全で臨めると思った。

Q あなたがUFCに入団してきた頃、最大の難敵は柔術黒帯のアレクシス・デイビスではないかとの説がありました。

A もちろん、彼女は無敗だし、柔術黒帯と試合をするのも初めてなので、試練の試合になると思っている。

Q 掛け率では大きな差がついています。

A 彼女がいい選手ではないからではなくて、アピールをしないタイプだからではないかと思う。彼女のInstagramはいまだにプライベートモードに設定されているらしいしね。掛け率はあてにならないと思う。

Q デイビスのコーチは、ロンダは今、映画やら何やらで忙しくて、練習が不十分なはずなので、倒すなら今だと言っています。

A それを言うなら前回や前々回の方がひどい状況だった。前回なんか、映画撮影から直接試合に来たようなものだったしね。でも最近は結構家にいて退屈もしていたし、これまでにないくらい、集中して練習もできている。7月の試合なら集中できるスケジュールだとわかっていたからね。だから、彼女がそんなことを期待しているのなら間違っている。

Q 今現在、自分のことをMMA最大のスターだと思っていますか。

A さあね。今回もメインイベントでもないし、そんなに大きなことは考えてなくて、毎日目の前のできることをこなしているだけなので、いまなデイビス戦のことで精一杯だから。

Q デイビスから一本取ることにこだわりますか

A さあね。彼女はグラウンドがうまいから、打撃戦に持ち込む方が簡単なのかもしれないし、どうなるのかね。



*****

アレクシス・デイビスのインタビューより。Yahoo! Sports

MMA、柔術、キックボクシングに出会うまでは、私には正直、スポーツへの興味が無かった。高校時代にも何のチームにも入っていなかったし、スポーツに対してはまったく注意を払っていなかった。アスリートとして生計を立てていくなどということは、最もあり得ないことだった。スポーツからは何の刺激も受けなかった。

私が好きで、良くやっていたのはハイキングとか。友達と一緒にリラックスしたりとか。

キックやムエタイのことは、恋に落ちるように好きになった。でも、たまたま今回、とても有名なチャンピオンがもつタイトルに挑戦するからと言って、私はこのスポーツを好きでやっているんだと言うことは忘れないようにしたい。最近はどうか知らないけれど、私が知っている限り、このスポーツでリッチになろうとか、有名になろうと思っている人なんかいないと思う。

私は楽しいからやってる。あくまで趣味。色々学んで、自分が進歩していくのが楽しい。だから仮に負けても、私は楽しくジムに通い続ける。たくさんお金をもらえるのはナイスだけど、これで億万長者になれるわけでもないし、私はあくまで、達成感を味わいたくてやっている。

私はロンダとは違うタイプの人間だけど、これまで練習に費やしてきた時間を考えてみれば、結構すごいことになっていると思う。私は準備ができていると思っている。



*****

ユライア・フェイバー、FOXインタビューより(リンク先、ジオブロックは各自解除)

Q ユライア、多くのファンが、あなたの試合がメインカードではなくプレリムに配されていることに怒っています。

A ファンのみんながそんなことで怒ってくれているなんてうれしいよ。でも、お金がかかるPPVカードより、前座のFox Sportsで試合をした方が、多くの人に見てもらえるだろ。だから、プレリムのメインイベントのポジションをこちらから頼んだんだ。

Q なかなかそこまで、ビジネス的に先を読んでいるファイターはいませんよね。

A だって、僕にたくさんのファンがいるのは、僕の試合がWEC時代にVersusチャンネルで無料で放送されていたからだろ。今回の試合も多くの人に楽しんでほしいね。



>レスリングオブザーバーは、最近UFCが「前座のメインイベント」というフレーズを使い始めたことについて、やはりFox側から、Fox Sports中継カードには目玉が欲しいという要望があったと報じている。フェイバーがメインを飾るUFC175のプレリム中継には、PVまで用意されている。フェイバー自身が望んだというのはちょっと信じがたいなあ。

UFC 175: Prelims on FOX Sports 1


*****

クリス・ワイドマン、FOXインタビューより(リンク先、ジオブロックは各自解除)

Q あなたのコーチのレイ・ロンゴによると、あなたは両膝を治療したので、今回のキャンプは随分スロースタートだったそうですね。その点は不安ではないですか。

A とくにスロースタートだった訳ではないと思うよ。医者の指示に従っていただけでね。キャンプ自体は特に問題はなかったと思うけどね。

Q あなたはいつも、万全なトレーニングキャンプを張れれば、試合では必ずフィニッシュすると言っています。今回のキャンプは万全でしたか。

A 万全だった。だから試合はフィニッシュさせるよ。

Q もともとヴィトー・ベウフォートと対戦予定でしたが、マチダに変わりました。どちらの方が難敵ですか。

A 僕にはマチダの方が難敵だね。ある意味、アンデウソンより強敵だ。アンデウソンは打撃が正確で、精神面で優位に立つタイプ。リョートはもっとオールラウンドで、アンデウソンより身体も強いし、退屈な判定決着になってしまうことを怖がらず、距離を取ってばかりいる。僕のようなフィニッシュしたくて堪らない男にとっては厄介だね。僕としては、辛抱強く戦いながら、アグレッシブさも忘れないようにするよ。

Q 概してレスラーはマチダに分が悪いようです。ライアン・ベイダーのように、イライラして飛び込んだところにカウンターを食らってしまう。どうやって距離を詰めますか。

A いろいろ混ぜるしかないよね。テイクダウンも狙うし、打撃も散らす。でもこういうチェスゲームには、僕は強いよ。

Q レイ・ロンゴは、マチダのアゴは弱くなっていると言っています。

A そうなのかね。まあ、そんなことは期待しないで戦うよ。だって打撃を当てているのにマチダが倒れなかったら、がっかりしてしまうだろ。

Q 何ラウンドでフィニッシュしますか。

A それはわからないなあ。でもフィニッシュはする。


*****

【WSOF11】NBC中継カードは世界戦以外、計量ミスの異常事態(MMA Planet)

メインカード出場選手8人中4名が体重オーバー。セミファイナルの「ジョン・フィッチ vs. デニス・ホールマン」のウエルター級戦にいたっては、両者体重オーバーにより知らん顔でミドル級戦に変更されたらしい。米国ではNBC地上波で放送されるという、WSOF的には重要なはずの大会にもかかわらず、この選手のやる気の無さときたらどうだ。そもそも発表カードの変更も異常に多いし、日本大会はどういうわけか中止だし(なんでUFCの日本大会にかぶせてくるのか、そもそも意味不明だったけれど)、WSOFのグダグダぶりはエンドレスだ。グダグダすることだけは首尾一貫している。おそらくは何かはっきりした理由があるのだろう。


****
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update