現役生活をちゃんと終わらせたかったんだと思う【BJペンが自己総括】

UFC175、勝利したロンダ・ラウジーにジョー・ローガンが、8月2日大会に出場しないかと尋ねた件について。

欠場するジョセ・アルドと対戦予定だったチャド・メンデスTwitterで。

待てよ。つまり、僕とラウジーが8月2日に戦うと言うことか?
ロンダに投げられまくられるのも悪くないよなあ・・・



ダナ・ホワイトは激怒 MMA Junkie

ジョー・ローガンに怒ってるんじゃないぞ。製作車のクルーがジョーにあんなことを言わせたことに怒っているんだ。ロンダが来月試合をするという事実はない。舞台裏が勝手にでっち上げたことだ。製作チーム始まって以来、最悪の愚策だった。



>トラックで作業中の製作チームが悪いと。そんなことありえるのだろうか(笑)まあ、誰のせいであれ、裏で話ができあがっていないのであれば、ロンダが損をするばかりなので、あんなことはオクタゴンの上でけして言うべきではないとは思うが。

*****

試合後に控室で右手の拳の縫合をうけていたというロンダ・ラウジー MMA Junkie

過去2回のキャンプで、右の拳のケガが何度も開いていた。感染症だけにはならないように注意していたのだけれど、水ぶくれができてしまった。本当ならマクマン戦の後に病院に行くべきだったけど、ずっとやり過ごしてきた。

今回こそ病院に行って完治させる。ヒザの手術の予定もあるけど、これはちょっとしたメンテナンスみたいなもので、2週間もあれば完治する。

右手は使えないけど、私は左利きだから大丈夫(8月大会出場に含みを持たせている?)。





>それにしても、ロンダが無理なら、8月2日のPPV大会のメインはいったい誰になりますかね。PPVには普通タイトル戦が必要だけど、予定が決まっていない王者はジョニヘンくらい?でも負傷欠場中のはず。マイティマウスは試合をやったばかりだし・・・

エディ・アルバレスがなぜかアジアでのセミナーの予定をドタキャンしたという噂もあったけれど、あと1か月での電撃UFC入りはないよなあ。それ以外でノンタイトル戦でPPVをキャリーできる人材と言えば、セミリタイア中のGSPかニック・ディアスか?インビクタのクリスチャン・サイボーグはどうだ?大会キャンセルの可能性もありうるとの報道もあります。はやくも「ソネンがいれば・・・」という気もしてくる。

*****

ステファン・ストルーブ、MMA Fightingの取材に対して。

UFC175でのマット・ミトリオン戦の直前、ウォームアップの最中に、私は不快感と不安感に襲われました。しかし、心臓病やら、父の死やらがあって、長い間欠場していたので、不快感や不安感を、単に緊張しているだけだとおもって無視しました。あいにく、ウォームアップを続けていくうちに、私はロッカールームで失神してしまいました。UFCとドクターと相談した結果、念のため戦わせることはできないという決定が下されました。



*****

クリス・ワイドマン、大会後記者会見より。Yahoo! Sports

正直、今回のキャンプは最悪だった。ヒザの靭帯に問題があって、2週間、僕はパッド打ちもできず、何度も病院に行って靭帯が切れていないか、確かめる必要があった。

ヒザが悪いのに、キャンプを早く始めすぎたのかもしれない。明らかにヒザが本来あるべき位置になかったんだ。この試合で勝てない言い訳を探すのはやめておこうと自分を追い込んではいたけど、正直、キャンプはひどいものだった。



*****

ダナ・ホワイトの大会後インタビュー、Fox Sports

Q ストルーブのコンディションについて

病院から家路についたようだ。昔、ホリフィールドも同じような症状を起こしていたのを思い出した。控室でウォームアップ中に半失神状態に陥った。医師によれば過呼吸
医者によるとストルーブは過呼吸になっていたそうだ。彼は重い症状を患っていたし、心拍は上がり血圧は下がっていた。リスクを取らせるわけにはいかない。

Q ストルーブは将来戦えるでしょうか。

私にはわからない。彼自身、しっかり見つめ直す必要があるだろう。彼が戦い続けたいという気持ちは尊重するが、だからといって健康をリスクに晒してはいけない。今回も彼は医者の許可を得て、コミッションの許可も得ていたが、問題が起きた。用心しないとな。

Q どこかご機嫌ですね。

インターナショナル・ファイトウィークはビジネス的にも大成功だったよ。それにロンダ・ラウジーだ。P4Pナンバーワンなんじゃないのか。毎回強くなっている。

Q ラウジーの次の対戦相手は誰がいいですか。

トップ10の選手なら全員が候補だ。

Q クリス・ワイドマンが強さを証明しました。マチダも後半、盛り返しましたね。

クリス・ワイドマンは今回、リアルディールであることを証明した。アンデウソンを2度破っても、まだ彼のことを信じようとしない向きもあったが、マチダに勝ったこと、5Rを戦い抜いたこと、4Rのマチダの猛攻を受け止めたことなど、ワイドマンはすばらしかった。マチダは最初から後半の猛攻をやるべきだったんだ。



*****

BJペン、大会後記者会見。MMA Fighting

これでおわりだ。ローリー・マクドナルドにあんなにやられたというのに、どうして今回、オクタゴンに戻ってきてしまったのかなと考えていた。きっとはっきりさせたかったんだと思う。もし今回試合をしなかったら、自分はこれからずっと、復帰すべきだったんじゃないかと繰り返し後悔したことだろう。ちゃんと終わらせたかったんだと思う。

今夜リングにあがったことは最大の後悔になった。もう一度必死でやれば、もう一度戦えば、とずっと思っていたが、今回答えが見えたよ。

ファンの応援はいつもすばらしかった。奇妙なのは、負けたときほどファンが増えるんだ。負けるたびに有名になっていく。きっと自分がごく普通の人だからだと思う。試合のないときにはいつも太りすぎているし、それでもみんなと同じように、ベストを尽くしてきた。



*****

テレ東で「格闘セレブ」と称されていたミーシャ・テイトが、アリアニーやブリトニーら、オクタゴンガールと一緒にビキニパーティに参加しているという痴れビデオが下記。ビキニパーティに欠かせないものは?という質問にミーシャは「ホットガールズよ!」などと答えているからあきれた話だ。一部の米MMA記者が中井りんの動画を揶揄するけど、こんなものに比べれば中井動画の湿り気のほうがはるかにレベルが高い。アメリカンはかくもドライで大味だから困る。もっともこのビキニパーティに参加してもいいと言われたら、僕も頭を三角にして飛んでいきますが・・・



*****

山本"KID"徳郁 vs. ユライア・フェイバー、本当にやるんですかね。ダナ・ホワイトは確かに「フェイバーがカセレスに勝ったらKID戦に駒を進める」と口にしたのだけれど、トップランカーのユライアが勝ったあとに、3連敗中のノンランカーである山本KIDと戦うというのは、あきらかにUFCマッチメーキングのセオリーにはない考え方。ユライアがカセレスに負けたら山本と戦う、というのならまだわかるのだけれども・・・テレ東特番では、この試合を正式決定とは伝えず、8割方確定のような言い方でとどめていたように思ったけれど、本当に戦ったら秒殺されてしまってもおかしくないような気はしますね・・・。ただ、KIDにとっては、安心して負けられる相手ではあるのかも。もっとも、「ミーシャ vs 中井」もセオリーにない、どちらかといえばPRIDE的な試合。そもそもこんな豪華なFight Pass大会、世界のどこでも見たことがない。いまのUFCは日本市場を甘やかしてくれていますね。もしかして、ベラトール総帥スコット・コーカーの日本での動向も横目で睨みながら、先手を打っていたりするのかもしれないですね〜。


**
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

Author:高橋テツヤ
プロフィール

Ad

MMA Update