EliteXC視聴率データ / WEC視聴率も倍増

『M-1グローバル』が緊急記者会見! ワジム氏がヒョードルvsクートゥアー戦の可能性などを激白!(Kamipro)

当ブログではアメリカ発信の情報をウォッチしているわけですが、そちら目線だと、Affliction 立ち上げが、実はM-1との共同プロジェクトであったというのは、ちょっとした盲点でした。ヒョードルが参加するんだから、当たり前といえば当たり前なんだけど、M-1の動きというのは特に報じられていなかったので。

ダナ・ホワイトにクレイジーロシアンと呼ばれ、モンテ・コックスもさじを投げたワジム・ヒョードル軍は、Afflictionとは首尾良くやっていると言うことなんですね。

この記者会見、DREAMの仕切りだったようですから、Affliction旗揚戦は、日本でもPPVで放送されるのかもしれないですね。

なお、Five Ounces of Pain によると、Affliction は6月5日にニューヨークで記者会見を行うと発表、ドナルド・トランプも出席し、Afflictionとトランプのパートナーシップについて発表するとしています。Affliction の資金源としても安定感が増すし、今後の行方が話題のティト・オーティス参戦も有力になりそうですね。

*****
Faber/Pulver Battle makes VERSUS most-watched among key male demos (WEC公式)

6月1日WEC34のレーティングは1.4、視聴者数は150万。

WECは昨年からケーブル局 Versus で放送されていますが、この視聴率はWEC中継としては過去最高、これまでのWEC 中継の平均と比べ、視聴率で180%高、視聴者数で216%高でした。ちなみに前回のユライア・フェイバーの試合(昨年12月)の視聴率は0.7%でした。

また、WEC34放映中、Versus は男性18-34歳の視聴者層などで全米ケーブル局の首位を取りました。

大会が開催されたサクラメント地区(フェイバーの地元)での視聴率は2.7%で、ケーブル局としてはこの地区ナンバーワンとなりました。

UFC Counter Programming Ratings & Reaction (Payout: The Business of MMA)

EliteXC/CBS の裏番組として、UFCの本拠地、ケーブル局Spikeが放送したチャック・リデルのドキュメンタリー番組は視聴率0.9%(視聴者数120万)、リデル vs シウバのケーブル初放送は1.2%(160万人)という結果でした。

Spike TV はCBSに敵意むき出しのプレスリリースを出しています。

「今年CBSのプライムタイムでは497本の番組が放送されましたが、平均視聴率で EliteXC は468位でした。男性18-34歳の視聴者については、Spikeが放送したUFC70、UFC75等を下回りました。CBSの視聴者の平均年齢は41歳でしたが、これはSpikeのUFC放送より10歳以上年上です」

「468位」というデータは、9時から11時までの数値に基づいています。EliteXC視聴率のピークは、さらに遅い時間に訪れています。

EliteXC SNF Final Rating - New Record Highs (Payout: The Business of MMA)

先週土曜日にCBSで放送されたEliteXC中継(放送時間21時~23時51分)の平均視聴率は3.0%、視聴者数は485万人でした。これまでにもっとも多くの人が見た大会となりました。

30分ごとの視聴者層別視聴率は次の通り。

時間帯視聴者数 M18-49 18-49M18-3418-34M25-5425-54
9:003.38m 1.9 1.42.11.51.91.4
9:303.66m 2.2 1.62.41.72.21.6
10:004.68m 2.6 2.13.02.13.02.2
10:305.53m 3.5 2.53.82.73.62.6
11:005.84m 3.6 2.63.82.73.82.8
11:306.51m 4.0 3.04.13.14.33.1
平均値 3.0 3.2

この数値はほぼ、バスケットボールNBA中継と同様だそうです。また、他の地上波局の裏番組は次の通り。この時間帯の首位はFOXで、CBSは2位でした。
  ・NBC (ホッケー中継)2.6%
  ・FOX (America's Most Wanted / Cops)  3.1%
(訳注 ABCのデータが記載されていませんが、ABCの放送した Stanley Cup Finals よりもEliteXCの方が高視聴率だという記述があります) 

2007-08年度、CBSが通常放映している土曜9-11時の枠の視聴率は4.1%ですから、通常よりは低い視聴率ということになります。ただ、次の視聴者層については視聴率が上昇しました。

25-54歳 +16%
18-49+57%
18-34+156%
M25-54+121%
M18-49 +173%
M18-34+357%

M は Male (男性)

CBS-ELITEXC, UFC, AND WEC SCORE WITH RATINGS (MMA Weekly)

【視聴者数の多かったMMA大会】
1. EliteXC in May 2008--- Average of 4.85 million viewers for the whole broadcast
2. UFC 75 in September 2007--- Average of 4.7 million viewers for the whole broadcast
3. UFC: The Final Chapter in October 2006--- Average of 4.2 million viewers for the whole broadcast
4. UFC 70 in April 2007--- Average of 2.8 million viewers for the whole broadcast
5. UFC's TUF 3 Finale in June 2006--- Average of 2.8 million viewers for the whole broadcast

【視聴者数の多かった試合】
1. EliteXC: Kimbo Slice vs. James Thompson--- 6.5 million viewers
2. UFC: Quinton Jackson vs. Dan Henderson from UFC 75--- 5.9 million viewers
3. UFC: Tito Ortiz vs. Ken Shamrock III from "Final Chapter" show--- 5.9 million viewers
4. EliteXC: Robbie Lawler vs. Scott Smith--- 5.5 million viewers
5. EliteXC: Gina Carano vs. Kaitlin Young--- 4.7 million viewers
6. EliteXC: Joey Villasenor vs. Phil Baroni--- 3.7 million viewers
7. UFC: Mirko Cro Cop vs. Gabriel Gonzaga from UFC 70--- 3.6 million viewers
8. UFC: Kendall Grove vs. Ed Herman from TUF 3 Finale--- 3.5 million viewers
9. EliteXC: Brett Rogers vs. Jon Murphy--- 3.4 million viewers

Bas Rutten says Kimbo Slice should have lost (Five Ounces of Pain)
キンボ・スライスのトレーナーを務めているバス・ルッテンが自らのサイトで、キンボは負けていたと発言しています。

試合は2Rの終わりにストップされるべきだったんじゃないかという意見があります。私もそう思います。それがルールだからです。キンボは自分の状況を改善するためのアクションが取れていませんでした。


*****
Game and MMA さん経由で前田吉朗 vs ミゲール・トレスを見ました。まるでカリート・カリビアン・クールのような呑気な入場テーマで登場の、KID言うところの「なんとかトレス」。メキシコ、ないし、米国内のメキシコ系も巨大な市場だからなあ。それにしても、顔はまだ子供じゃないか。しかし手足が長い。

で、このトレス、あくまで見た目の問題なんだけど、なにか攻撃を受けると、むかついて倍返ししているようにしか見えない(笑)。前田も結構これにつきあっている。まるで小学生の喧嘩のような意地っ張りなファイトだ。いや、もちろん奥深い戦術も戦略もあるんだろうけど、小学生に見えるというのはすこぶる分かり易い。こんな若造、もっと老かいにいなしてやればいいんじゃないかと思うが、そうしないのは非常に好ましい。もっとも若造とはいっても前田より生涯試合数は多いんだが。

で、アメリカ人のライターが絶賛の2Rは、ようするに、攻守がコロコロと入れ替わる展開なんですね。スタンドでトレスが追い込み、前田が逆襲する。前田の足関は、ミゲルも取り返して、二人で同時に掛け合ってる(このシーンで解説者はヒーヒー言って喜んでました)。ミゲルのトライアングルは前田がスッポンと外す。確かに面白い。でも史上最高かどうかはよく分からない。できれば予見無く、見たかったな。

勝利者ボーナスを含むWEC34の公表ファイトマネーは、フェイバー44,000ドル、パルバー33,000ドル、トレス28,000ドル、前田6,000ドル。ただしこの人たちはベストファイト賞を別途獲得したという報道もあったと思います。

*****

崔洪万、今月にも脳腫瘍除去手術(日刊スポーツ)
 韓国陸軍から帰宅措置を受けていたK-1ファイターの崔洪万(27)が、脳腫瘍(しゅよう)の除去手術を受けることになった。韓国の兵務庁は2日、崔の兵役免除を正式に発表した。以前から指摘されていた脳腫瘍が主な理由と見られる。崔は4月下旬に「兵役免除となれば手術を受ける」と明かしており、早ければ今月中にも腫瘍の除去手術を受ける。

 218センチの巨漢と愛くるしい笑顔で人気の崔が、脳腫瘍の除去手術に踏み切る。4月21日に韓国・原州にある陸軍第36歩兵師団訓練所に入所。4週間の訓練後、25カ月間の兵役を務める予定だったが、先月28日に行われた再検査の結果を受けた韓国の兵務庁はこの日、「崔の兵役を免除する」と正式発表した。崔は4月下旬に行われた韓国メディアのインタビューに「兵役が免除となれば(脳腫瘍除去の)手術を受ける」と話していた。

 K-1を主催するFEGの谷川貞治イベントプロデューサー(EP)も「いずれは手術を受けさせるつもり」と発言していた。K-1では9月27日に崔の出場する「K-1 WORLD GP 開幕戦」を韓国で控えていることもあり、脳腫瘍の除去手術は早ければ今月中にも施術されることになりそうだ。

 もっとも崔が手術後にリングに復帰できるかは微妙な状況だ。男性の義務でもある兵役をまっとうできなかった人間の格闘技界復帰を、韓国の世論が「よし」としない可能性が高い。すでにインターネットなどでは「兵役には就けず、格闘技はできるとはどういうことだ」という非難の声も相次いでいる。また仮に世論に受け入れられても、「脳の手術を受けた人間が頭を殴られる」ことへの健康面からの反発も予想される。

 K-1人気は韓国でも絶大で、崔は最大のヒーローでもある。それだけに今回の兵役免除と脳腫瘍除去手術は、格闘技界を超えた大きな波紋を起こしそうだ。【山田大介】


脳腫瘍は以前から指摘されていて、それでもファイトして大丈夫ということだったのではなかったでしょうか。症状の悪化があるんでしょうか。それとも、文化的な理由が大きいのでしょうか。

ザ・ロック、離婚が成立 (Yahoo! シネマトゥデイ)

デスマッチでシェイクスピアを上演!! なぜ大日本プロレスは『リア王』にチャレンジするのか!? 登坂栄児氏に直撃インタビュー!!(Kamipro)
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update