ロンダ・ラウジー流美容術!

ロンダ・ラウジーが美容サイト、Yahoo! Beautyのインタビューに答えている。抜粋して紹介してみる。

<引用始め>
Q あなたの水着の写真を見て、とても強くて美しい身体だと思いました。ああ、これが新しい美しさなんだと感激し、あなたが誰なのかをまだ知らなかったのに、ぜひお話を伺わないといけないと思いました。

A ありがとう。強さは新しいセクシーさだと言うことをプッシュしようと思ってる。

Q 強さは新しいセクシーさ、強さは新しいスリムさですね。私も筋肉質で、かつてはモデルのように細くなりたかったのですが、今は自分の身体に自信を持ちました。あなたもかつては、筋肉質であることに悩んでいたのだそうですね。どのようにその悩みを解消したのですか。

A 話せば長い話なのだけど、要するに食生活もトレーニングも、理想的な身体を作るためなら、イヤなことでも頑張ってやる、という考えが間違いだったということに気がついた。過程をすっとばして、結果だけに集中していた。つまり、いまの自分はアンハッピーだけど、理想の身体を手に入れればハッピーになれると思っていた。でも、それはやり方が逆で、自分がハッピーに過ごしていれば、身体はそれに付いてくることに気がついたね。

Q 普通なら筋肉質だと男のようになってしまうと思いがちだけど、あなたの場合は筋肉質でありながら、同時にとても女性的ですね。何か秘訣が?重いウエイトを上げている?あるいはヨガか何か?それともそれがナチュラルシェイプなんですか。

A ウエイトトレーニングは全然やらない。私の筋肉は、実際に使うために鍛えていいるのであって、見せるためのトレーニングはしていない。まずやりたい動きがあって、そこで筋肉を特定した練習をする。だから結果は後付けでしかない。

Q トレーニングではどんなことをしているのですか。

A 私がウエイトが嫌いなのは、解くべき問題がないから。試合というのは問題を解くことと同じだから。練習はボクシング、レスリング、柔術、砂丘でのランニングなどで、毎日何かしら違うことをやっている。だから気持ち的にも興味を持ってやり続けられる。毎日、今日は何をやろうかと考えている感じで、ルーチンというものはない。筋肉をいじめて、自分の興味を切らせないためにも、意図的に毎日違うことをやっている。

Q そのきれいな身体を維持しながら、厳しい練習をやり抜くエネルギーを補給するには、どんな食事をしているのですか。

A わたしはもっぱらドルチェ・ダイエット。ちょっと説明しにくいのだけど、ダイエット法と言うよりはライフスタイルに近い。とにかく一日中食べてる。食事は3回、間食2回、その内容は必要に応じて変わる。

Q では、これを読んでいる女性で、格闘家ではない人にむけて、ベストシェイプになりたければどうしたらいいか、教えていただけませんか。

A 一日中水を飲みなさい。誰もが言っていることだけど、本当にやったほうがいい。トレーニングは自分で楽しめるものを探し出すといい。つらいトレーニングではダメ。食事についても同じことで、ジャンクフードはやめて、お気に入りのヘルシーフードを見つけてそれを続けること。私も昔はベン&ジェリーのアイスクリームを丸ごと食べてしまっていたけれど、いまではお腹にもたれるから食べられなくなった。

Q お酒は飲みますか。

A ほとんど飲まない。昔バーテンダーをしていたこともあるから、お酒についてはずいぶんと経験はあって、お気に入りはマルベックかピノ・ノワール。それと、食べ物ではチアシードにはまっている。チアシード、ヘンプシード、オーツを同量混ぜたオートミールはほとんど毎朝食べている。味付けはアーモンドバター、シナモン、ベリーかレーズンね。チアシードはお腹の中で膨張するから、すごく満腹感が味わえるね。

Q 練習用のウエアは何を?

A Lululemon。私は練習でいろんな粗っぽいことをするから、ウエアはしょっちゅう破れてしまう。でもLululemonのウエアときたら、本当に丈夫だから。パンツだけで80ドルもするけど、6年は使えるよ。

Q オフの時間はどんな風に過ごしているの?

A 犬とイチャイチャ。あとは友達とRedditをみたり、プロレスもずっと見てる。それと海に関係することは全部大好き。スキンボーディング、サーフィン、パドルボーディング。

Q これだけ有名になると、いろいろ誉められることもあるだろうけれど、中にはひどい批判などもあったりしませんか?

A これってたぶんエディ・マーフィの受け売りだと思うんだけど、「おだてられてもいい気分になるな。侮辱されたときに悪い気分になってしまうぞ」という言葉がある。だから、人が私をどう見るかと、私が自分をどう見るかとは分けて考えているし、他人のいうことは真に受けないようにもしています。


*****

米国では土曜日の夜に放送された「UFC178プレリム」(Fox Sports 1)の視聴者数が平均698,000人、最高774,000人であったことが明らかになった。「クルーズ vs 水垣」を配した豪華なプレリムカードだったが、視聴者数は今年の平均値を下回った。せっかくの水垣の試合、できれば100万人くらいにみてほしかったところだ。その前日の金曜夜に放送された「ベラトール126」(Spike TV)の視聴者数は656,000人、最高が942,000人だった。最高視聴者数は通常はメインイベントが進むにつれて増えていくが、UFCプレリムの「クルーズ vs 水垣」は61秒で決着、ベラトールのメインイベント、「ブランドン・ハルセー vs アレクサンダー・シェレメンコ」にいたっては実に35秒決着だったこともあり、視聴者数が伸びるまえに試合が終わってしまった格好だそうだ。

また現在アメリカで放送中のTUF(女子ストロー級トーナメント)先週分の視聴者数は433,000人と低迷。ただしおってビデオ録画で見た人の数が358,000人と、このチャンネルで放送している番組の中ではトップだったのだそうだ。そんな数字がどうやって集計されているのか不思議ではあるが・・・

*****

World Series of Fightingが、2015年中頃にPPV大会を実施することを発表した。あわせて、PPV収益の50%が、参加選手に支払われることも明らかとなった。レイ・セフォー社長は「選手が公正な取り分を受け取れないのだとしたら、選手が希望を持てなくなったり、MMAに幻滅してしまったりするだろう。今回の発表は、選手のやる気をかきたたせる大きな一歩である」と語っている。


**
スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update