コリアンゾンビ、兵役の内容は市役所勤め!


2年間の兵役が決まったコリアン・ゾンビことジョン・チャンソンのインタビューがFightlandに。抄訳。

Q 2年間、UFCから離れることになりました。

ゾンビ オクタゴンに入場するときの気分、勝利の気分、観客の歓声・・・何もかもが恋しいよ。必ず戻ってくる。

Q この先2年でフェザー級戦線はどうなると思いますか。

僕はマクレガーにはアルドを倒せないと思っている。アルドが全局面で上回っているよ。でもマクレガーとは戦ってみたいね。アルドともマクレガーとも戦えないのは残念だ。

Q 兵役の具体的な内容は?

10月20日に韓国軍の研修基地に入隊する。そこで1か月過ごした後は、ソウルの市役所に派遣される。毎日夜6時までの政府の仕事が任務だ。

Q 兵役中にもMMAの練習はできるのですか?

これまでのように100%の練習は無理だけど、今の状態を維持する練習はできる。国に奉仕し、練習をし、ケガもしっかり治せるので、その点は救われるよ。

Q あなたが経営する「コリアンゾンビMMA」ジムはどうなりますか。

市役所での仕事のあと、夜は自由だから、自分のジムの運営や練習にも参加するよ。ただこれから2年間は、肩のケガを完璧に治すことと、ジムの10人の選手を指導することに集中するよ。

Q 2年後に復帰してから、チャンピオンになることができるでしょうか。

正直なところ、わからない。いまはとにかく、アルドとメンデスのどちらが勝つのかを知りたいよ。個人的にはアルドに勝ってほしい。アルドを倒すのは僕だからね。

Q 兵役終了後はすぐに試合ができますか。

兵役が終わったら、すぐに準備をするよ。3か月もあれば戦える。2年間も間が空くことを心配していたけど、最近やっと前向きに考えられるようになってきたよ。僕はすでにトップファイターだ。2回目の挑戦はもっと簡単なはずだ。



******

来月のケイン・ベラスケス戦を前に、メキシコでキャンプを張っているファブリシオ・ヴェウドゥムが、一酸化炭素中毒で死にかけたとMMA Fightingが伝えている。総勢12人のチームでメキシコ中部、山間部のネバド・デ・トルーカで合宿を張ったヴェウドゥム一行であったが、宿舎に電気が通っていなかったため、ガソリンの発電機を設置。ところが本来屋外に設置すべき発電機を間違って室内に設置してしまい、つけっぱなしで就寝したため、チーム全員が就寝中に頭痛や吐き気といった一酸化炭素中毒の症状に見舞われ、全員で病院に行ったのだという。医者は、あと2時間気づかなければ全員死んでいたと告げたという。

*****

USA Today紙が、UFCの違法PPV視聴撲滅対策についての記事を載せているが、その中で、18才から34才までの米国人1,115名のうち、有料コンテンツを違法ストリーミングで視聴したことがあると答えた比率は50%を超えていたという調査結果が紹介されている。またUFCでは年内に、あらたにウォーターマーク(電子透かし)技術を導入予定で、これにより誰が違法に再配信をしたのかがすぐにわかるようになるという。

*****

DEEP大晦日大会が話題になっているが、地球の裏側ブラジルでは、Shooto Brazilが12月5日に43,000名収容のサッカースタジアムで「Shooto Brazil 52」大会を開催する予定であるとMMA Fightingが報じている。全12試合で、タイトルマッチ5試合を組むのだという。もっとも、普段Shooto Brazilのことをウォッチしているわけではないので、これがどれくらいのバクチなのかはわからないのだが、UFCに先立ってのスタジアム開催はなかなかの快挙ではないかと思われる。

*****

メイウェザーが「かわいがり」か、アマチュア選手に訴えられる(Yahoo!ニュース)

このニュースの詳しい前提条件は下記にまとめた。この訴訟でメイウエザーがもし負けたら、コミッションの判断っていったい何・・・と言うことになっていろいろやばい。

喜怒哀楽の人間ドラマ! アスレティックコミッション定例会議の内側■MMA Unleashed 2014-10-10




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update