カウボーイ、連続大会出場!【風邪のアルバレスの代打】


12月4日にネバダ州アスレティックコミッションがジョン・ジョーンズに対して行った抜き打ちの薬物検査で、ジョーンズの尿からコカインの代謝物が検出されたことが明らかになった。コカインはPED(パフォーマンス増強剤)ではないため、ジョーンズに対する出場停止処分や、コーミエ戦の結果の変更は行われない。

ジョーンズはこの件について弁護士を通じて声明を発表し、薬物依存更正施設に入所して、更正プログラムを受けることを明らかにした。

*****

1月3日に試合をしたばかりのドナルド・セラーニが、UFCの次回大会である1月18日の「UFC Fight Night 59: McGregor vs. Siver」大会に連続出場することが明らかになった。風邪で欠場のエディ・アルバレスに代わって、ベンソン・ヘンダーソンと対戦する。

カウボーイ・セラーニはかねて「年間6試合こなしたい」と語っていたが、今回のスクランブル発進により、2014年1月25日から2015年1月18日の1年間で本当に6試合をこなすこととなる(そしてその6試合に全勝している)。馬鹿馬鹿しいほどすごい。なおベンヘンとはWEC時代に2度戦い、2度ともカーボーイが負けている。

そのカウボーイの、こちらはマイルス・ジューリー戦後のインタビュー

Q 激怒していましたね。

だって客席からブーイングが聞こえたんだぜ。初めてだったから闘魂に火がついたよ。

Q ブーイングをもらったのははじめてだったのですか。

あたりまえだよ。

Q なぜブーイングが起きたんだと思いますか。

客はみんなファイトを見に来ているからだろ。自分らしくなかったよ。

Q 戦っていなかったのはジューリーの方ではないのですか。

こちらもジューリーのことを動かせなかったからな。二度とこういうことがおきないように、ビデオで見直して考えてみるよ。

Q 自分の試合を見返すタイプなんですね。

もちろんさ。ばあさんと一緒にみるんだ。一番厳しい評論家は俺のばあさんなんだよ。

Q 次は2月14日大会への出場を直訴しているとか。試合は決まりそうですか。

この場では言えないな。

Q ハビブ・ヌルマゴメドフがTwitterであなたのことを盛んに挑発しています。

戦おうじゃないか。かまわんよ。でもヤツは怪我をしていて、どうせ6月まで戦えないんだろ?

Q ほかに戦いたい相手はいますか。

それが思いつかないんだよなあ。若い選手がぶつかってきてくれるといいんだけど。

Q ジューリーに食らわせた最後のキックの名前は?

ファックユーキックだ。激怒していたからね。まあ、自分に対して怒っていたんだけどね。



Benson Henderson vs. Donald Cerrone WEC 43
すさまじいジェットコースターファイト。この頃は、ベンヘンは異常な軟体人間で、いかなるサブミッションも決まらないのではないかと疑っていましたよ(5R終盤を見よ)。ベンヘンが判定勝ちを拾っているけれど、ベンヘン勝利のアナウンスに会場にはブーイングが飛び交っているという種類の試合。
(閲覧にはFight Passのパスワードが必要)

*****

UFC182大会後、ダナ・ホワイトインタビュー

Q 「ジョーンズ vs コーミエ」が終わりました。試合の感想は?

5ラウンド戦だというのに、「様子見」のまったくない試合だった。ただ5R目はいたずらにクリンチ状態を続けさせたハーブ・ディーンがお粗末だったがな。

Q ジョーンズがコーミエからテイクダウンを奪ったことに驚きの声が上がっていました。

2人とも素晴らしいレスラーだし、これはレスリングの試合じゃないんで、驚くほどではないな。コーミエはジョーンズの打撃やリーチを気にしないといけないんだから仕方ない。それでも序盤のコーミエはインサイドゲームをうまくすすめてアッパーを打ち込んでいた。それにしてもジョーンズのことを疑っているファンは、この試合を良く見直した方がいい。コーミエのような頑丈な男を切り崩したんだ。ジョーンズは技も多彩すぎる。

Q もはやジョーンズをGOAT(Greatest of All Time)と呼んでもいいのでは?

気持ちはわかるがジョーンズはまだ若い。次に「グスタフソン vs ジョンソン」の勝者と戦うところを見てみよう。

Q セミファイナルではセローニがイライラしていました。

セローニは素晴らしかったじゃないか。ジューリーは予測不能な打撃が得意だけど、いきなり柔術につかまったことで混乱したんじゃないか。実に一方的な展開だった。

Q セローニが次は2月14日地元のコロラド大会で戦いたいと訴えています。

それでこそセラーニだ。なんでもありだぞ。まあ待ってろ。

Q 3月の「ペティス vs ドスアンジョス」が発表されました。ハビブ・ヌルマゴメドフは怒っています。

なぜ怒っているんだ?

Q 順番を飛ばされたと思っているようです。

ケガしたんだろ!戻ってきたらタイトル挑戦の権利はあるから心配するな。

Q ヘクター・ロンバードは、バークマンが逃げ回っていたと不満を漏らしています。

相手が逃げ回るなら、そうできないようにすればいいだろう。バークマンは実は風邪で体調が非常に悪かった。ケガもあって、試合前3週間、まったく身体を動かせなかったのだそうだ。私は今回のバークマンには感服しているんだよ。



*****

UFC182大会後、ダニエル・コーミエのインタビュー

Q 今の気持ちをお聞かせいただけますか。

落胆している。目標達成にむけてずいぶん努力してきたが、うまくいかなかった。

Q やるべきことはやれましたか。それともうまくできなかったことがありましたか。

コーチからも言われたが、もっと上手に戦うことは出来たと思う。ヤツがチャンピオンなのは偶然ではないということだ。

Q 試合の中で驚かされたことはありましたか。

特にない。準備は万端だった。ただ、クリンチゲームをしているとき、思ったより相手が大きかった。それと、4R目に少し休んでしまった。もっと出来たはずだった。そこは悔いが残る。

Q スタミナ面ではどうでしたか。

問題は無い。ただ、今回は序盤にたくさん動いたから、もちろん疲れはたまっている。それと今回初めて、試合の中でダメージを受けた。ダメージを受けると動きは鈍る。1Rにヒザをアバラにもらって、それが効いてしまった。その後はボディショットをもらうたびに、ダメージが積み重なっていった。




スポンサーサイト

毎週更新!

Ad

Ad

MMA Update